リースとローンの違いを知ってお得に新車に乗ろう!

2018年02月08日

新車に乗る手段として、近年人気が急上昇しているカーリースですが、ローンで新車を購入した場合と比べて、何がどのように違うのでしょうか?

今回はリースとローンの違いをさまざまな角度から解説するとともに、よりお得にリースできる「もろコミ」についてご紹介します。

リースとローンの違いをさまざまな角度から解説

まずはリースとローンの違いを、さまざまな角度から見ていきましょう。

所有者の違い

リースはリース会社が購入した新車を一定期間借り受けることができるサービスです。

リース期間中は実質的に自分のクルマのように乗ることができますが、車検証上の「所有者」はリース会社となり、それは契約満了後も変わらないのが一般的です。

なお、後述する「もろコミ」では、契約期間満了後におクルマを差し上げています。

一方、ローンで購入した場合は、支払いが完了するまでは信販会社やディーラーが「所有者」となることが多いです。支払いが完了すると本人の名義に変更することができますので、完全に自分が保有者となります。

頭金の違い

リースは基本的に頭金不要で乗り始めることができますが、ローンの場合はある程度まとまった頭金が必要になることがほとんどです。

なお、リースにおいても頭金を入れることでさらに月々のリース料金やボーナス月加算額を減額できることもありますので、頭金を希望する場合は担当者に相談してみましょう。

維持費用の支払い方の違い

クルマを維持していくには、月々の車両本体価格の支払いのほか、毎年の「自動車税」、車検ごとに必要になる「車検基本料」「自賠責保険料」「自動車重量税」などの費用が発生します。

リースでは、期間中のこれらの費用をトータルし、車両本体価格と合わせてリース月数で割ることで毎月の支払いをほぼ均等にすることができます。

ローンで購入した場合は、これらの費用をその都度支払うことになりますので、毎月の支払いが安定せず、まとまった費用が必要になる月が複数出てきます。

手続きなどの違い

リースの場合、所有者がリース会社となりますので、各種税金の支払い、車検時の手続き、事故や故障の際の手続きなどわずらわしい作業を一任することができます。

ローンの場合は、これらすべて使用者自身が行わなければなりません。信販会社やディーラーが所有者になっている場合でも、これは単に「所有権保留」による登録ですので、代わりに行ってくれるということはありません。

クルマの使い方の違い

リースもローンもクルマの使い方に大きな違いはありません。

しかしながら、リースの場合は契約満了後に返却することが前提となっているケースが多く、その場合はカスタマイズできない、あるいはできても返却時に戻さなければならない契約になっていることがほとんどです。

また、リース期間中の「走行可能距離」が設定されているのもリースの特徴です。距離をオーバーすると返却時に精算金が必要になるため、契約時によく確認しておくことをおすすめします。

一方、ローンでは、支払いが完了すれば完全に自己保有できますので、カスタマイズなども自由に行うことができますし、走行距離を気にせずに乗ることができます。

ランニングコストの違い

オイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換、ラジエーター交換など、税金や保険以外にもクルマを維持するためにはさまざまなランニングコストが必要になります。

ローンの場合はこうしたメンテナンスが必要になったときにその都度支払うことになりますが、リースはメンテナンスが含まれるメンテナンスパックなどを用意していることが多いため、急な出費を防ぐことができます。

このように、リースとローンにはいくつもの違いがあります。

 

リースとローン「乗り換える時」の違いやリースの方が損をしてしまうケース

続いて、車を乗り換えたくなった場合について考えてみましょう。

リースは3年、5年、7年、9年など、あらかじめ期間が決められています。

この期間が満了すると、

・クルマを返却して解約する
・クルマを返却して次の新車をリース契約する
・クルマを再リース契約して乗り続ける
・クルマを買い取る

などの方法から選ぶことができます。

「もろコミ」のように一定期間経過すれば乗り換えや返却が自由に選べるというリースもあります。

ローンで購入した場合、乗り換えは自由ですが、支払いが完了しないうちに乗り換えるとなると残債が上乗せされることになります。そのため、支払いが終わるまで乗り換えないのが一般的です。

こうしたさまざまな違いがあり、メリットと感じる方、デメリットと感じる方それぞれだと思いますが、場合によってはリースの方が高くついてしまうケースがあります。

それは、

・大きな事故を起こした場合
・中途解約をする場合

です。

大きな事故を起こしてしまい、それ以降使用することができなくなってしまった場合、強制解約となり残金を支払わなければなりません。

また、リース会社はあらかじめ契約したリース期間を元に月々のリース料金を設定していますので、途中で解約すると損害が発生してしまいます。

そのため、多くのリース会社は原則として中途解約を認めていない、あるいは解約金などが必要になるというケースがほとんどです。

これらの場合、リースの方が高くついてしまう可能性がありますので覚えておきましょう。

 

リースとローンの違いを知って「もろコミ」でお得にリースしよう!

今回はリースとローンの違いをさまざまな角度から解説してきました。

リース、ローンそれぞれに特徴がありますが、特に、

・新車に手軽に乗り始めたい
・初期費用をできるだけ抑えたい
・月々の支払いを安定させたい
・メンテナンスをプロに任せたい
・面倒な手続きなどを任せたい
・新車に乗り継いで行きたい

という方にはリースの方が向いていると言えます。

リースにもさまざまな形がありますが、リースのメリットを存分に感じていただくことができるのが、当社のカーコンカーリース「もろコミ」です。

商用車を除く国産乗用車全メーカー・全車種の中から、お客様が希望するおクルマをお選びいただけるカーリースで、

・頭金0円
・登録時諸費用
・車検基本料
・自動車税
・自賠責保険料
・自動車重量税

などがすべて込みで「月々税込8,000円から」や「お客様が選べる自由設計」などお支払いプランも分かりやすく、またいろいろなライフスタイルに柔軟に対応できるようになっています。

「もろコミ」には、9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」があります。

「もろコミ9」では7年経過後に、「もろコミ7」では5年経過後にそれぞれ次の新車へのお乗り換えや、原則解約金なしでご返却いただくことができますので、リース期間中の急なライフスタイルの変化にも対応できます。

また、一般的なカーリースとは違い、いずれのプランも残価設定がなく、契約満了時の面倒な手続きや、損耗・損傷、走行距離超過による精算も生じません。

安心してお乗りいただけるだけでなく、契約満了後にはおクルマを差し上げていますので、リース期間中もご自分のおクルマのようにお乗りいただくことができます。

「もろコミ」は複雑なお支払いはなく、毎月一定額の支払いになりますので家計にもやさしく、予算も立てやすくなります(ボーナス併用払いではボーナス月加算額があります)。

このように、今までになかった「新しいクルマの乗り方」を提案するのが「もろコミ」です。

カーリースを検討している方はぜひ、ご利用ください。