• TOP
  • お役立ちコラム
  • カーリースを利用するなら保険に注意!自賠責保険と任意保険で気をつけるべきポイントとは

カーリースを利用するなら保険に注意!自賠責保険と任意保険で気をつけるべきポイントとは

2019年03月14日

カーリースの利用を検討している方は、保険についての基礎知識を蓄えておくことが大切です。保険は自賠責保険と任意保険に大別できますが、両者はどのように違うのでしょうか。「自賠責保険は加入しなければならないの?」「自賠責保険だけでも大丈夫?」といった疑問にも分かりやすく解説しています。カーリースを考えている方はぜひ参考にしてください。

カーリースに限らない!自賠責保険と任意保険の仕組みと違いについて

カーリース、カーローンでの購入など車を持つ手段を問わず、同じように必要になってくるのが保険です。自賠責保険や任意保険という言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。まずは両者の違いを押さえておきましょう。

自賠責保険は、強制保険と言われることもあるように、自動車損害賠償保障法において加入が義務づけられている保険です。正式には自動車損害賠償責任保険といいます。

自賠責保険が補償してくれるのは、交通事故で相手に傷害を負わせたり死亡させたりしてしまった場合、つまり「相手方の身体」です。相手方の車、自分自身の身体や車などは補償範囲に含まれていません。

一方の任意保険は、自賠責保険ではまかない切れない部分をカバーしてくれる保険です。「対人・対物賠償保険」「車両保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」「人身障害補償保険」「自損事故保険」など、各保険会社からさまざまな商品が販売されています。

例えば万が一、交通事故を起こして相手方に大ケガを負わせてしまった場合、自賠責保険だけでは払い切れない損害賠償を請求されることも少なくありません。そんなとき「対人賠償保険」に加入していれば、自賠責保険でまかない切れない部分をカバーできるという訳です。

自賠責保険への加入を怠ると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に加えて、免許停止といった罰則が与えられます。任意保険は「任意」なので、加入は強制ではありませんが、カーリースを利用するほとんどの方が加入しています。

 

カーリースの基本的な仕組みとは?料金に自賠責は含まれる?

一般的なカーリースと自賠責保険について見ていきましょう。

カーリースは、「希望する車を、毎月一定額を支払ってカーリース会社から借りる」というサービスです。借りるといってもレンタカーのように短期間ではなく、5年、7年、9年などの長期間です。

毎月支払うリース料金には「車両代金」のほか、リース期間中の「自賠責保険料」「自動車重量税」「自動車税」などが含まれています。つまり、カーリースを利用している方は、毎月リース料金を支払うことで、リース期間中の自賠責保険料も支払っていることになります。

カーローンで購入した場合、自分で管理し支払わなければならないことを考えると「うっかり払い忘れてしまった」といったリスクもありません。実は、こうした「手軽さ」「安心感」も、カーリースが人気の理由のひとつになっています。

 

カーリースを利用する場合、自賠責保険だけでは不十分?

前述したように、自賠責保険がカバーしてくれるのは「相手方の身体」だけです。それも、傷害による損害には120万円、後遺症による損害には最大4,000万円、死亡による損害には最大3,000万円と、決して「十分な補償」とは言えません。

そのため、カーリースを利用される方のほとんどは、何らかの「任意保険」に加入されています。

相手方の車に対する補償が欲しいなら「対物賠償保険」、自分の車に対する補償も欲しい場合は「車両保険」、同乗者に対する補償をつけたければ「搭乗者損害賠償保険」などがあります。

自分が被害者となり、相手方が自賠責保険に加入していなかった場合、何の補償も受けられなくなってしまいます。そんなときにあると役立つのが「無保険車傷害保険」です。

事故はいつ、どこで発生するか分かりません。被害者になるかもしれませんし、加害者になる可能性も否定はできませんので、何らかの任意保険に加入しておくことは大切でしょう。

 

自賠責保険もコミコミ!カーコンカーリースもろコミのお得な特徴とは?

カーコンカーリースもろコミは業界トップクラスのトータルサポートで安心をご提供する、カーコンビニ倶楽部株式会社のカーリースです。

毎月のリース料金には「車両代金」のほか「登録時諸費用」や乗っている間の「車検基本料」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」がすべて、もろもろコミコミで含まれていますので、安心です。

※任意保険は「任意」のためお客様ご自身でお選びいただき、ご加入いただくことになります。どういった保険があるのかなど、お気軽にご相談ください。

一般的なカーリースとは異なり「残価設定」がありませんので、返却時におクルマの損耗・損傷による精算や、走行距離超過による精算などの心配もありません。契約満了までのご利用でそのおクルマを差し上げていますので、最初からご自身で購入されたときと同じような感覚でお乗りいただけます。

また、一般的なカーリースは原則として途中解約ができませんが、9年リースの「もろコミ9」では7年経過後から、7年リースの「もろコミ7」では5年経過後から返却や乗り換えをお選びいただけるなど、急なライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるカーリースです。

 

カーコンカーリースもろコミで大人気の「もろコミ特選車」をご紹介!

「カーコンカーリースもろコミでは、WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」
もろコミ特選車の詳細はこちら

※7年リースの「もろコミ特選車」は、リース期間中の返却や乗り換えがお選びいただけません。

自賠責保険はもちろん、それ以外にもさまざまな「安心」がついてくるカーコンカーリースもろコミ、カーリースを検討されている方はぜひ、カーコンカーリースもろコミをご利用ください。

※本コラムに掲載の内容は、3月14日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。