カーリースの専用保険とは?全損リスクに備えて保険に加入しよう

2019年11月28日

カーリース専用の保険をご存知でしょうか?カーリースはその特殊な契約形態から、一般的な自動車保険(任意保険)では賄えない部分があります。それを補うのが、カーリース専用保険です。全損・中途解約におけるリスクを軽減し、安心のカーライフを送るためにも、ぜひともカーリース専用保険をおすすめします。

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険は強制保険とも言われるように、加入が義務づけられている保険です。事故を起こした場合「相手の身体」に対して補償される保険となっています。

一方、自賠責保険で賄えない「相手の車」「自分や同乗者の身体」「自分の車」「その他財産」などをカバーしてくれるのが、自動車保険です。一般的には任意保険と言います。

対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者、車両、無保険者傷害など、各保険会社がさまざまな商品を用意しており、加入者は任意で選んで加入します。

このうち、自賠責保険はカーリースを利用した場合でも、自動的に加入することになります。万が一、自賠責保険に未加入で走行した場合、懲役または罰金が科せられるほか、一発で免停になるなど、厳しい処分が下されます。

 

カーリースでも任意保険の加入は不可欠

前述のように、カーリースを利用した場合、自賠責保険には加入しています。しかし、任意保険には加入していませんので、自分や同乗者、相手の車などは一切補償されません。もちろん、修理にかかる費用なども自己負担になってしまいます。

また、自賠責保険は「相手の身体」に対して補償してくれるとお伝えしましたが、全額補償されるとは限りません。相手方を死亡させたり、後遺症が残ったりした場合でも、支払われるのは最大で3,000万円です。

それ以上の損害については、自分が負担しなければなりません。裁判などになり、大きな負担を強いられるかもしれません。

こうしたことから、カーリースを利用した場合でも、ローンなどで購入したときと同じように、任意保険に加入することが大切です。それがリスクへの備えであり、安心のカーライフへとつながるのです。「義務」ではありませんが「必要」と言っていいでしょう。

 

カーリースを利用するなら専用保険に加入しよう

もう一つ、カーリースを利用するなら気をつけなければならないポイントがあります。それは、リース期間中に全損事故を起こしてしまった場合です。

全損事故を起こしてしまえば、その車に乗り続けることはほぼ不可能です。そのため、一般的には強制的に「中途解約」となります。

ただ単に「中途解約」するだけではありません。手続きにともない、残りのリース料金をカーリース会社に支払わなければならないのです。

全損事故を起こした場合、リース料金は一括精算となり、解約金(手数料)は任意保険では賄えません。「車もなくなって自分も家族もケガを負っているのにそれどころじゃない!」と言いたくなるかもしれませんが、現実として、そうしたリスクがあるのです。

全損・中途解約の場合、車両代金は車両保険で賄える可能性がありますが、「解約金(手数料など)」については、一般的な任意保険だけでは賄いきれない可能性が高いです。

一方で、保険料を支払いすぎて損をするケースも少なくありません。車両保険はなくてはならない保険ですが、カーリースに最適かと言われると、ベストとは言えない保険でしょう。

そこで、カーリース専用保険の出番です。カーリース専用保険は、契約者が損害を被ることなく、解約金(手数料)までしっかりカバーしてくれる保険です。

 

カーコンカーリースもろコミならカーリース専用保険もご用意

カーコンカーリースもろコミでは、ご契約されたお客様だけがご利用になれる「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミは、業界トップクラスのトータルサービスで、皆さまの快適で楽しい、安全で安心なカーライフをサポートする、カーコンビニ倶楽部株式会社が提供するカーリースです。

「頭金0円」はもちろん、「登録時諸費用」や乗っている間の「車検基本料」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」すべてがコミコミでお支払いに含まれています。そのお支払いも「月々税込8,000円〜」などの定額に加え、お客様にお選びいただく「自由設計」まで幅広くご用意しております。

そのカーコンカーリースもろコミがご用意する「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」は、現在すでにご加入中の任意保険があっても、等級および等級による保険料割引をそのまま引き継ぐことができます。

また、中途解約費用はご利用期間が長くなるほど安くなっていきますが、カーコンカーリースもろコミの「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」はその中途解約費用に合うように、車両保険金額を設定いたします。

それにより、全損事故を起こしてしまった場合でもお客様の「自己負担」がなくなり、かつ保険料を支払いすぎることもありません。まさに、カーリースのための専用保険なのです。

カーリース・ローン購入に関わらず、車を運転する以上は事故のリスクが常にともないます。全損や中途解約といったリスクに備えるために、安心を買う意味でも、カーコンカーリースもろコミをご利用のお客様は、カーリース専用保険である「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」にご加入されることをおすすめします。

 

カーコンカーリースもろコミのプランや特徴をご紹介!

最後に、ご利用のお客様よりご好評いただいております、カーコンカーリースもろコミの各種プランや豪華なご成約特典をご紹介します。

カーコンカーリースもろコミは、「車がもらえる」と「車を返却する」の2つのタイプからお選びいただけます。

「車がもらえる」マイカーリース

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。

※走行距離制限を超えた場合、また返却時の損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ご了承ください。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

さらに、もろコミ9・もろコミ7をご成約いただいたお客様にはうれしいご成約特典もご用意しております。

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミには様々なご成約特典もご用意しております。

■カーコンカーリースもろコミのご成約特典

・期間:2019年9月1日~12月31日

・条件:期間中にWEBからもろコミ「特選車」のお申し込みいただき、ご契約をされた方

・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック「除菌抗菌スプレー」をプレゼント。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2019年11月時点の情報です。

カーコンカーリースもろコミのご成約特典の詳細はこちら

これらの基本プランに加えて、「もう少し短い利用期間がいい!」「ライフスタイルの変化に合わせてより柔軟なプランがいい!」という方に最適な「もろコミ+(プラス)」もございます。

「車を返す」マイカーリース

■もろコミ+(プラス)

WEB申込限定で、5年リースの「もろコミ+5」、3年リースの「もろコミ+3」の2つのプランからお客様のライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

子供の成長に合わせてボディタイプを選びたい、ピカピカの最新型の車に乗りたいという方におすすめのプランです。

カーコンカーリースもろコミ+(プラス)の2つのプランの詳細はこちら

カーリースは「新しい車の乗り方」として注目され、利用者が急増しているサービスです。その中でもカーコンカーリースもろコミは、業界トップクラスの安心をお届けするため、ご要望の多かった「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」のご提供を開始しました。

カーリースを検討されている方はもちろん、全損や中途解約のリスクに備えられる安心のカーリースをお探しの方もぜひ、この機会にカーコンカーリースもろコミをご利用ください!

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2019年11月(公開月)時点の情報です。
※本コラムに掲載の内容は、2019年11月28日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。
※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。