• TOP
  • お役立ちコラム
  • 新車買うなら保険加入は絶対条件!カーコンカーリースもろコミなら専用保険もご用意!

新車買うなら保険加入は絶対条件!カーコンカーリースもろコミなら専用保険もご用意!

2020年04月01日

新車買うならぜひ、任意保険に加入しましょう。なぜ任意保険が重要なのか?未加入のリスクを交えてその理由を解説するとともに、カーコンカーリースもろコミが提供するカーリース専用の車両保険を紹介していきます。

新車買うなら加入すべき任意保険とは?

「新車買うなら任意保険に加入すべき」と言われています。自賠責保険は半ば強制的に入ることになる保険ですが、任意保険とはどういった保険なのか?まずは基礎知識を身につけましょう。

保険は大きく2つある

保険には大きく「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。自賠責保険は、すべての自動車(含むバイク)は自賠責保険に加入することが法律で義務づけられている強制保険です(自賠責保険に加入していないと、法律等により処罰されます)。そのため、自賠責保険に加入しなければ車検証も交付してもらえません。

ところが、自賠責保険だけでは、万一事故を起こした場合の補償の範囲が対人事故の賠償損害のみで、十分ではありません。「新車買うなら任意保険に加入すべき」の理由とあわせて、具体的に解説します。

自賠責保険だけでは不十分

自賠責保険は、人身事故のみが補償の対象です。

事故の相手の方の車などに損害を与えた場合や、運転者ご自身がケガをした場合、ご自分の車が壊れた場合などは補償されません。また、人身事故でも、自賠責保険の支払限度額を数千万円も超える場合もあります。そのような場合に備えて、自動車保険(任意保険)加入を強くおすすめします。

「足りない」をカバーするのが任意保険

任意保険にはさまざまな商品があります。相手方の身体はもちろん、自分自身や自分の車、同乗者のケガ、相手方の車の損傷など、自賠責保険だけでは補いきれない幅広い部分をカバーしてくれるものなどです。これが「新車買うなら任意保険に加入すべき」とされる理由です。

 

保険未加入のリスクは大きい

「新車買うなら任意保険に加入すべき」の理由をもう少し具体的に説明していきます。

自動車保険の中でも、自分自身の車(契約している車)に適用される「車両保険」に加入していない状態で、相手の車と接触事故を起こしてしまった場合を想定しましょう。

相手方の身体に対しては自賠責保険でまかなえないことが多く、自分自身の車も自己負担で直さなければならず、自己破産するケースも少なくありません。ただでさえ新車の維持費用がかかるうえ、修理費用まで全額自己負担となれば、一気に家計が圧迫されてしまうことも考えられます。

ただ、新車をローン購入した場合、まとまった頭金を用意する必要があります。加えて、月々の返済や維持に必要な各種税金、自賠責保険、車検費用などはすべて、自己負担することになります。そこへ自動車保険の支払いが加わるとなると、慎重になってしまうかもしれませんね。

確かに、新車の維持費用において自動車保険が占める割合は決して少なくありません。ですが、未加入で事故を起こした場合の自己負担も非常に大きいのです。こうしたことからも「新車買うなら任意保険に加入すべき」と言えるでしょう。

 

カーコンカーリースもろコミならカーリース専用保険もご用意!

「車の新しい乗り方」としてカーリースが広く普及しはじめ、利用者も急増しています。カーリースで新車を購入した場合、任意保険はどうなるのでしょうか?

一般的なカーリースの、月々のリース料金に含まれるのは「車両本体価格」のほか「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」「車検基本料」といった維持費です。任意保険は含まれていませんので、カーリースで新車買うなら自分自身で加入しなければなりません。

カーコンカーリースもろコミにはカーリース専用の保険がある!

ところが、カーコンカーリースもろコミにはカーリース専用の保険をご用意しております。

たとえば、カーリースした車に一般的な車両保険を付けたとします。リース期間中に全損事故などで中途解約となった場合、解約費用が必要になるわけですが、車両保険による保険金(補償限度額)を超過した分は、ご自身で負担しなければなりません。

逆に、中途解約費用が保険金(補償限度額)を下回った場合も、余計に保険料を支払っていた(損をしていた)ことになってしまいます。

カーコンカーリースもろコミのカーリース専用保険では、中途解約費用の額を上限に車両保険金をお支払いいたします。その車両保険金額は中途解約費用に見合うように設定させていただきますので、万が一全損事故を起こした場合でも「自己負担」は必要なく、かつ、「余分に保険料を支払う」こともありません。

まさに、カーリースのための保険なのです。

 

新車買うなら専用保険も同時加入できるカーコンカーリースもろコミにおまかせ!

ご自身で新車を購入された場合、まとまった頭金を用意しなければなりませんし、各種税金、保険、車検など諸々の維持費が「その都度」必要になります。支払いのタイミングによってはまとまった費用を準備するのが大変なときもありますよね。

ところが、業界トップクラスのトータルサービスをご提供するカーコンカーリースもろコミは「頭金0円」のため、まとまった初期費用をご用意いただく必要がありません。

加えて「車両本体価格」「登録時の諸費用」、お乗りいただいている間の「車検基本料」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」すべてがもろもろコミコミで、毎月のお支払いに含まれています。

そのお支払いも、「毎月一定額」で済みますので、ご自身で新車購入されたときのように、その都度費用を準備しなければならないといった負担がありません。

そんなカーコンカーリースもろコミには9年リースの「もろコミ9」と7年リースの「もろコミ7」という基本プランがあり、いずれも「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」をお選びいただくことができます。

カーコンカーリースもろコミのプランについて、詳しくご紹介します。

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。

※返却の場合には、走行距離制限を超えていたり、おクルマの損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ただし、ご契約満了の場合はクルマがもらえるので、どのような状態でも清算金は発生しません。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミをご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミご成約特典

・期間:2020年4月1日(水)~6月30日(火)

・条件:2020年4月1日(水)~6月30日(火)の間にWEBからカーコンカーリースもろコミをお申し込みいただき、ご契約をされた方

・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック 除菌抗菌スプレーをプレゼント。

カーコンカーリースもろコミご成約特典の詳細はこちら

なお、カーコンカーリースもろコミでは、ご契約後、最短14日でお客様の元へ車両をお届けできる「即納車」もご用意しております!

「納車されるまで何ヶ月も待てない」「急ぎで車が欲しい」などお急ぎの方はぜひご検討ください。

即納できるおクルマについてはこちらからご確認いただけます。

※即納車は地域によってご対応できない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

※即納車は台数に限りがございます。ご商談・ご契約のタイミングによっては在庫状況が変動する場合がございますので、予めご了承願います。

「新車買うなら任意保険に加入すべき」と言われる理由や、カーコンカーリースもろコミの車両保険についてご紹介してきました。カーリースで新車買うならぜひ「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」が付けられるカーコンカーリースもろコミをご利用ください!

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

※2020年4月時点の情報です。

※本コラムに掲載の内容は、2020年4月1日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。