カーリースの任意保険はどうすべき?万一に備えよう

2020年07月13日

カーリースで車に乗る場合、任意保険はどうしたらいいのでしょうか?今回は、任意保険の必要性やカーリース専用の保険についてご紹介します。

車の運転に任意保険は必須

車を持つ場合には自賠責保険に加入することが義務付けられています。自賠責保険は料金が安いですが、あくまでも最低限の対人賠償を確保するためのものです。

このため、保険金が下りるのは交通事故で相手を死亡させた時と怪我をさせた時だけに限られ、被害者1人あたりの支払限度額は、傷害による損害で120万円、後遺障害による損害で4,000万円、死亡による損害で3,000万円と、万一に備えるには不十分な金額となっています。

このことから、自賠責保険で補償されない部分をカバーするために、ほとんどの人が任意保険にも加入します。カーリースで車を運転する場合も同様です。

任意保険には大きく分けて賠償責任保険、傷害保険、車両保険の3種類があります。

賠償責任保険は、交通事故で相手の人や物に対して損害を与えてしまった場合の賠償金を補償してもらうためのものです。

損害保険には、人身傷害保険(事故で運転者自身が死傷した場合に保険金が下りる)や搭乗者傷害保険(事故で同乗者が死傷した場合に保険金が下りる)、自損事故保険(単独事故で運転者や同乗者が死傷してしまった場合に保険金が下りる)、無保険車傷害保険(交通事故の相手方が保険に加入していなかったために補償を十分に受けられない場合に保険金が下りる)があります。

車両保険は、自分の車が損害を受けた場合の保険です。交通事故だけではなく、自損事故、自然災害、当て逃げ、イタズラなどで自分の車が損傷した場合に、修理費用などが支払われます。

任意保険を扱う会社は、これらの保険を組み合わせて販売しています。特約を付けることで補償内容を強化したり、保険料を抑えるために補償範囲を狭めたりすることもできます。

 

カーリースにも任意保険は必要

自家用車を持つ場合と同じように、カーリースで車を利用する場合にも任意保険は必須だと言えます。以下で、カーリースでも任意保険への加入が重要だと言える理由をご説明します。

事故の可能性は誰にでもある

これは自家用車を運転する場合にも当てはまることですが、どんな優良ドライバーでも事故を完全に防ぐことはできません。「巻き込み事故に遭う」「急な飛び出しに遭遇する」などはどんなに注意しても起こり得ることですので、カーリースでも万一に備えて任意保険に加入するのは大切です。

カーリースの車の修理費用はユーザーが負担しなければならない

カーリースの車は借りものですが、故障や損傷が生じた場合に修理する義務を負うのはユーザーで、そのままの状態でカーリース会社に車を返却することは基本的にできません。もちろん費用もユーザーが負担しなければなりません。このため、任意保険の車両保険に加入して車の修理費用を補償してもらえるようにしておくのは重要です。

全損事故のリスクに備える

万一、カーリースの契約期間中に車が全損して継続使用が不可能になった場合、強制的に契約が解除となります。その際に、ユーザーはカーリース会社に対して違約金を一括で払わなくてはいけません。

違約金は、残りのリース期間分の料金全額から契約解除までに発生しなかった税金や車検料などを差し引いた金額などになるのが一般的で、それなりに高額になります。でも、任意保険の車両保険に加入しておけば車両の損害について補償してもらえるので、それを解約に際して発生する費用の支払いに充てることができます。

 

カーリース専用の任意保険もある

先ほど、全損事故でカーリースの契約が解除になるリスクに備えて任意保険の車両保険に加入するのが大切である点に触れました。でも、一般的な任意保険では契約解除に伴って発生する費用のすべてをカバーすることはできません。また、補償内容がカーリースに最適化されていないため、保険料を払いすぎて損するということもあります。

そこで出番となるのが、カーリース専用の任意保険です。カーリース専用の任意保険は、上記のような問題が起こらないような補償内容や保険料の計算方法になっていますので、非常におすすめと言えます。

 

カーコンカーリースもろコミは専用の任意保険をご案内!

カーコンカーリースもろコミでは、カーリース専用の任意保険として「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」をご用意しております。

「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」では、全損事故によるカーリース解約時に、中途解約費用が全額補償されます。また、中途解約費用はカーリースのご利用期間が長くなるほど安くなっていきますが、それに合わせて車両保険金額が設定されます。

これにより、全損事故による解約の際にお客様が自己負担しなければならない部分が発生することはありませんし、保険料を支払い過ぎて損をするということもありません。

「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」の詳細はこちらからご覧ください。

このように、カーコンカーリースもろコミなら専用の任意保険にご加入いただけますので、安心してカーライフを楽しんでいただけます。サービス内容自体にも「頭金0円」「月額料金にもろもろコミコミ」「契約満了で車がもらえる」「車もプランも自由設計」など、たくさんの魅力がありますので、ぜひ利用をご検討ください。

 

カーコンカーリースもろコミの全プランをご紹介!

最後に、カーコンカーリースもろコミのプランの詳細をご紹介します。

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。
※返却の場合には、走行距離制限を超えていたり、おクルマの損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ただし、ご契約満了の場合はクルマがもらえるので、どのような状態でも清算金は発生しません。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミをご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミご成約特典

・期間:2020年7月1日(水)~9月30日(水)
・条件:2020年7月1日(水)~9月30日(水)の間にWEBからカーコンカーリースもろコミをお申し込みいただき、ご契約をされた方
・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック 除菌抗菌スプレーをプレゼント。

カーコンカーリースもろコミご成約特典の詳細はこちら

なお、カーコンカーリースもろコミでは、ご契約後、最短14日でお客様の元へ車両をお届けできる「即納車」もご用意しております!

「納車されるまで何ヶ月も待てない」「急ぎで車が欲しい」などお急ぎの方はぜひご検討ください。

即納できるおクルマについてはこちらからご確認いただけます。

※即納車は地域によってご対応できない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。
※即納車は台数に限りがございます。ご商談・ご契約のタイミングによっては在庫状況が変動する場合がございますので、予めご了承願います。

お得にかつ安心して車に乗れるカーリースサービスをお探しの方は、ぜひ専用の任意保険とセットでカーコンカーリースもろコミをご利用ください。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2020年7月時点の情報です。
※本コラムに掲載の内容は、2020年7月13日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。