• TOP
  • お役立ちコラム
  • カーリースの利用は簡単にできる?気になる手続きの方法をカーコンカーリースもろコミを例に解説!

カーリースの利用は簡単にできる?気になる手続きの方法をカーコンカーリースもろコミを例に解説!

2019年05月12日

カーリースを利用したいけれど「手続きが面倒そう」「複雑な手続きは避けたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?実は、仕組みさえ分かってしまえば、手続きは難しくありません。この記事では、カーコンカーリースもろコミを例に、カーリースの手続きについて分かりやすく解説していきます。

カーリースとはどういうもの?カーローンでの購入よりもお得?

カーローンが「車を買うためにローン会社からお金を借りる」ことなのに対し、カーリースは「自分が希望する車をカーリース会社から借りる」ことです。

ローンの金利のようにリース料率がかかりますが、原則として頭金が不要なため、初期費用を抑えて新車に乗れる、あるいは浮いた分でワンランク上の新車に乗れるといったメリットがあります。

また、カーローンで購入した場合は「車検」「各種税金」「保険」などは自分で管理し、その都度、まとまった費用を用意して支払うことになりますが、カーリースではリース期間中のそれらの維持費をまとめて、毎月均等に支払っていくことになります。

そのため、ある特定の月にまとまった費用を用意しなければならないといったこともなく、家計が安定するというメリットがあります。

車検やメンテナンス、税金などの管理もカーリース会社が行ってくれるため、カーローンで購入した時のような手続き、管理などの煩わしさや負担が解消されるのも大きなメリットです。

 

カーリース利用時に必要な手続きとは?

カーリースを利用する際の一般的な手続きと流れについて解説していきます。

車種を決定

まずは、自分が乗りたい車種を決定しましょう。カーリースの多くは、国産全メーカーに対応していますが、中には特定のメーカーのみ、中古車のみ、輸入車のみなど特化しているカーリースもありますので、確認しておきましょう。

プランを決定

次に、プランを決定します。カーリース会社によってリース期間やリース料金、オプションなどが違うほか、同じカーリース会社でもさまざまなプランが用意されています。自分の予算や車の乗り方などに合ったプランを選択しましょう。

申込み

車種とプランが決まったら申込みます。ほとんどのカーリースはWEBで申込みができます。入力した内容をもとに所定の審査を行い、カーリースが利用できるといった場合は正式に契約するという流れになります。

ここからは、書類などを通した手続きへと移行します。契約内容に相違点や疑問点がないかを確認して、納得したうえで契約を締結させましょう。

新車登録などの手続きをしている間、車庫証明を申請しておくとスムーズです。契約の際、担当者に「手続き中にしておいた方が良いこと」を確認しておいてください。

カーリース会社によって多少の違いはあるものの、一般的な手続きの流れは概ねこのようになります。

 

カーリース利用時の注意点と、手続きの際に確認すべきポイントについて

カーリースの手続きは難しいものではありません。しかし、手続きの際に確認しておきたいポイントや、実際にカーリースを利用している間、気をつけたいポイントがありますので覚えておきましょう。

カーリースの手続きの際に確認しておきたいポイント

契約手続きが完了する前の段階で確認しておきたいのは「リース料金の内訳」「月間走行距離設定」「解約」といったポイントです。

一般的なカーリースのリース料金には、車両代金のほかに車検や各種税金、保険などが含まれていますが、その中でなにが含まれており、なにが実費となるかを確認しておきましょう。

また、カーリースのほとんどは、月間または年間、あるいはリース期間中にトータルで走行できる距離が制限されています。オーバーすると超過料金の精算が必要になることもあるため、走行可能な距離も確認しておきましょう。

その他、万が一、途中で解約しなければならなくなった場合はどうなるのか、解約金や違約金などは発生するのかも、併せて確認しておきましょう。

リース期間中に気をつけたいポイント

カーリースを利用した場合、車の所有者はカーリース会社です。そのため、契約満了後は車を返却するのが一般的です。自由にカスタマイズしたり、装備品を入れ替えたりといったことはできないことが多いです。

もし行った場合、返却時に原状回復させる費用がかかったり、違約金が発生したりすることがありますので、注意しましょう。

また、何らかの事情でリース期間中に解約しなければならなくなった場合、残金の一括精算や、解約金・違約金などが生じることがありますので、こちらも覚えておきましょう。

そのほか、残価設定がある一般的なカーリースの場合、走行可能距離を超過してしまった、事故や故障などで傷つけたり修理したりした、車内を著しく汚損してしまったといった場合、査定額が下がって差額分を精算しなければなりませんので、こちらも注意したいところです。

 

カーコンカーリースもろコミなら、WEBでも店頭でも手続き簡単!

カーコンカーリースもろコミは、WEBと店頭で簡単にお申込み手続きが行えます。

WEB申込限定のメリットがあるほか、WEBから事前審査を申込んでおくことで商談がスムーズに進むことなどから、WEB申込みをおすすめしております。

WEBからのお申込みの流れは次の通りです。

まず、カーコンカーリースもろコミのサイトからお車を選んでお申込みしていただきます。

カーコンカーリースもろコミのサイトにご希望の車種が掲載されていない場合でも、「その他おクルマから申し込み」からご契約までの流れをご確認いただき、「お申込み手続き」から表示される申込みページにて、ご希望のメーカー、車種、グレード、お支払いプランなどをご入力していただくことでお申込みいただけます。

お申込みいただいた内容をもとに審査を行い、カーコンカーリースもろコミをご利用いただけるお客様には、お近くのもろコミ販売店をご案内させていただきますので、ご来店のうえ、商談を進めていただきます。

※審査の結果は、お申込みいただいたご本人様のみにご案内いたします。

 

WEBからお申込み手続きをするなら「もろコミ特選車」がおすすめ!

「カーコンカーリースもろコミでは、WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」
もろコミ特選車の詳細はこちら

※本コラムに掲載の内容は、5月12日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。