• TOP
  • お役立ちコラム
  • 車を長持ちさせるためには欠かせない!必要な車のメンテナンスとは

車を長持ちさせるためには欠かせない!必要な車のメンテナンスとは

2019年11月16日

車に長く安全に乗り続けるためには、メンテナンスが必須です。タイヤ、バッテリー、オイル、ブレーキパッドなど、さまざまな消耗品がありますが、具体的にどんなメンテナンスが必要なのか、初心者の方にも分かりやすくお伝えしていきます。

初心者でも分かる!車のメンテナンスの基本

車はすべて消耗品でできています。長く、そして安全に車に乗り続けるためには定期的なメンテナンスが欠かせません。

初心者の方は特に「何を」メンテナンスする必要があるのか、分からないことも多いと思います。そこで、まずは「何を」メンテナンスするのか、基本を押さえておきましょう。

エンジンオイル

エンジンオイルは車の血液とも言われています。古くなればドロドロになり、燃費が悪くなるだけでなく、空っぽになってしまえば最終的にはエンジンが焼き付いてしまいます。

オイルエレメント

エンジンオイルに混ざっている、あるいは燃焼によって発生した不純物をフィルタリングしてくれる部分です。交換を怠るとエンジンオイルを変えても十分に性能を発揮できなくなります。

タイヤ

空気圧が過不足すると不安定になり、燃費が悪化したり、バーストしたりします。また、タイヤ側面「▲」マークの延長上の溝にある凸(スリップサイン)が見えていたら、交換のサインです。目視するだけなので、ぜひとも習慣にしましょう。

このほか、バッテリー、ウインドウォッシャー液、ブレーキオイル、オートマオイル、ラジエーターなど、さまざまな消耗品がエンジンルームに格納されています。

車種により位置が異なるため、まずはエンジンルームを開けて、何がどこにあるか、説明書を見ながら確認しておきましょう。

 

車のメンテナンスに欠かせない消耗品の交換頻度

上記でお伝えした以外にも、さまざまな消耗品があります。

例えばブレーキパッド、ヘッドライトやウインカー、ワイパーブレード、エアークリーナーなどが挙げられます。続いて、これらの交換頻度や交換の目安をお伝えします。

エンジンオイル/オイルエレメント

エンジンオイルは5000km走行ごと、または半年に1回が基本です。オイルエレメントは、オイル交換2回につき1回が目安です。

タイヤ

スリップサインが出たらすぐに交換しましょう。一部だけすり減っている場合も、トラブルになる前に交換をおすすめします。

バッテリー

2〜3年に1回が目安です。バッテリー液は、レベルをチェックして規定の量より減っていたら随時、補充しましょう。

ウインドウォッシャー液/ラジエーター/ブレーキオイル

タンクを確認して、規定ラインより減っていたら補充のタイミングです。

オートマオイル

20,000〜50,000km走行ごとに交換するのが一般的です。

ヘッドライト/ウインカー

切れたタイミングで交換します。

ブレーキパッド

制動距離が延びたように感じたらチェックしましょう。ブレーキが鳴くようになったら、早めの交換をおすすめします。

ワイパーブレード

ゴムが硬くなり始めたり、窓がキューと鳴くようになったりしたら交換しましょう。

エアークリーナー

1年に1回は変えても良いでしょう。エアコンからイヤなニオイがしたら、カビが発生している可能性があるので、交換したほうが良いです。

 

車のメンテナンスにはどれくらいの費用がかかる?

・エンジンオイル       4,000〜5,000円

・オイルエレメント     2,000〜4,000円

・タイヤ              40,000〜60,000円

・バッテリー           10,000〜20,000円

・ウインドウォッシャー液300〜500円

・ラジエーター         1,000〜2,000円(補充ではなく交換の場合は5,000円程度)

・ブレーキオイル       4,000〜5,000円

・オートマオイル       5,000〜20,000円

・ヘッドライト         3,000〜20,000円

・ウインカー           500〜1,000円

・ブレーキパッド       15,000〜20,000円

・ワイパーブレード     2,000〜4,000円

・エアークリーナー     3,000〜5,000円

部品の種類(ブランド等)やサイズ、量、グレードなどによって費用は変わってきます。また、上記に作業工賃が加わりますので、実際はもう少し高くなります。

 

車のメンテナンスならカーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックがおすすめ!

今回ご紹介した以外にも、さらに多くの消耗品があります。頻度はそれほど多くなくとも、安全運転のためには実にさまざまなメンテナンスが必要です。

もちろん、自分でメンテナンスすることも可能ですが、オイル交換など車体の下に潜り込み、ジャッキアップしなければならない作業もあります。

しかしながら、ジャッキが外れて車体が落ちたり、まだ熱いオイルパンに触れて大火傷を負ってしまったり、締め付けが甘く、走行中にトラブルになってしまう可能性もあります。

そうしたことを考えると、やはりメンテナンスはプロに任せた方が安心です。特に、次のような人はカーリースを利用した場合、メンテナンスパックに加入しておくことをおすすめします。

・車やメンテナンスに関する知識に自信がない

・ある程度は知っているがそれだけでは不安

・補充など簡単なものはできるが工具を使ったメンテナンスは苦手

・忙しくてメンテナンスにかけられる時間がない

もちろん、カーコンカーリースもろコミでも、メンテナンスパックをご用意いたしております。

カーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックは、安全走行に欠かせないタイヤ4本セットやバッテリー、メンテナンスの基本であるオイルやオイルエレメント、オートマチックオイル、ブレーキオイル、ワイパーゴムなどは当然含まれています。

そのほか、ブレーキパッドやVベルト、LLC、点火プラグといった、つい忘れてしまいがちな消耗品もしっかり含まれて月々税込2,700円〜ご利用いただけます。
※メンテナンスパックは軽自動車のみ適用となります(ただし、特選車を除く)
※9年リースと7年リースではメンテナンス回数が異なります。

 

カーコンカーリースもろコミのプランやご成約特典を詳しくご紹介!

カーコンカーリースもろコミは、「車がもらえる」と「車を返却する」の2つのタイプからお選びいただけます。 

「車がもらえる」マイカーリース

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。
※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。
※走行距離制限を超えた場合、また返却時の損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ご了承ください。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミには様々なご成約特典もご用意しております。

■カーコンカーリースもろコミのご成約特典

・期間:2019年9月1日~12月31日

・条件:期間中にWEBからもろコミ「特選車」のお申し込みいただき、ご契約をされた方

・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック「除菌抗菌スプレー」をプレゼント。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

※2019年11月時点の情報です。

カーコンカーリースもろコミのご成約特典の詳細はこちら

「車を返す」マイカーリース

■もろコミ+(プラス)

WEB申込限定で、5年リースの「もろコミ+5」、3年リースの「もろコミ+3」の2つのプランからお客様のライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

子供の成長に合わせてボディタイプを選びたい、ピカピカの最新型の車に乗りたいという方におすすめのプランです。

カーコンカーリースもろコミ+(プラス)の2つのプランの詳細はこちら

リーズナブルに利用でき、車のプロにメンテナンスを任せて安心のカーライフを存分に楽しむことができるカーリースをお探しの方はぜひ、カーコンカーリースもろコミをご利用ください!
※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2019年11月時点の情報です。
※本コラムに掲載の内容は、2019年11月14日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。
※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。