• TOP
  • お役立ちコラム
  • 車の乗り換えでコンパクトカーを選ぶなら?選び方や人気車種をご紹介

車の乗り換えでコンパクトカーを選ぶなら?選び方や人気車種をご紹介

2019年12月31日

車の乗り換えでコンパクトカーを検討している方も多いのではないでしょうか?コンパクトカーとはどういった車を指すのか、選び方のポイントや人気のコンパクトカーは何かを解説します。人気コンパクトカーを豊富にラインナップしているカーコンカーリースもろコミのご紹介と併せて、ぜひ参考にしてください。

 

国産全車種対応!人気のコンパクトカーを定額購入

カーコンカーリースもろコミなら頭金なし、まとまったお金を用意することなく手軽に新車に乗換え可能!目当ての車が見つかったら今すぐカーコンカーリースもろコミへ。

コンパクトカーとはどんな車?

いま一度、コンパクトカーの特徴についておさらいしておきましょう。

車種にもよりますが、基本的には軽自動車よりも大きく、普通自動車よりも小さいのがコンパクトカーです。

明確な定義はありませんが、日本では、次のカテゴリーに分類されている自動車を一般的にコンパクトカーと呼んでいます。

寸法:全長4,200mm程度まで/全幅1,700mm程度まで

排気量:1,000cc〜1,500cc程度

ナンバー:5ナンバー(小型乗用車)

上記に該当する、ハッチバックやトールワゴンといった2BOXタイプの車種はほとんどコンパクトカーです。トヨタ・ヴィッツ、ホンダ・フィット、日産・ノートなど車名を聞けば分かる方も多いでしょう。

ただ、中にはトヨタ・シエンタや日産・ティーダ、ホンダ・フリードといった車種もコンパクトカーに含まれることがあります。

コンパクトカーのメリットは、ほどよいサイズ感にあります。軽自動車では手狭、といって普通自動車は大きすぎるという方に最適です。日本のサイズ感に合っているのかもしれません。

小回りがきき、取り回しやすいため運転に不慣れな方でも運転しやすい点、燃費が良い車種が多い点、車両本体価格が普通自動車よりも安く経済性が高い点などもメリットです。

しかも、意外と室内や荷室が広いコンパクトカーが増えています。

一方デメリットとしては、普通自動車と比べると狭かったりパワーが劣ったりする点、軽ハイトワゴンと比較すると天井が低い点などが挙げられます。

グレードにもよりますが、インテリアが質素な車種もあります。「これなら軽自動車の良いグレードにすればよかったかも」ということのないように、じっくり検討しましょう。

 

車の乗り換えを検討する方必見!コンパクトカーの選び方とは

車の乗り換えでコンパクトカーを検討する場合、どんなポイントに着目して選んでいけば良いのでしょうか?

もちろん、好みのコンパクトカーであることが必須ですが、それ以外にも乗り換えるなら次のような点に着目してみましょう。

・価格

価格は重要です。予算の上限を決め、家計を圧迫しないよう無理のない範囲のコンパクトカーに乗り換えましょう。できるだけ抑えたい方はトヨタ・パッソなどがおすすめです。最もグレードが低い「X」でも28km/L走って115万円前後です(燃費はJC08モード値)。

・安全性能

今や、軽自動車ですら各社の安全性能が搭載される時代です。コンパクトカーにも多くの安全技術が組み込まれています。ただ、普通自動車と比べると性能が限定的であるケースが少なくありません。ほしい安全性能が搭載されているか、チェックしておきましょう。

・燃費

コンパクトカーは全体的に燃費が良い車種が多いです。その中でも特に燃費を重視するなら、ハイブリッドカーへの乗り換えがおすすめです。トヨタ・アクア「L」は38.0km/Lとコンパクトカーではトップクラスです。ホンダ・フィットも37.2km/Lを誇ります(いずれもJC08モード値)。

・デザイン

子供がいる、荷物を積み込むことが多い、狭い場所で乗り降りすることが多いといった場合、スライドドアが搭載されているコンパクトカーへの乗り換えを検討しましょう。乗り降りがしやすいだけでなく、車内空間を広く設計している車種が多いです。

 

車の乗り換えで人気のコンパクトカーをご紹介!

コンパクトカーは、カーリースの乗り換えでも人気のカテゴリーです。

トヨタ・ヴィッツ1.3F

日産・ノートX

ダイハツ・ブーンX

といった車種は特に、コンパクトカーに乗り換えする方の中でも人気です。

カーリースのリース料金には車両本体価格のほか、車検基本料や自動車税、自賠責保険料、自動車重量税が含まれており、それらを毎月一定額ずつ支払っていくスタイルです。

乗り換えにかかる頭金は不要なので、初期費用を抑えることもできますし、車検や納税のタイミングで大きな出費に悩まされることもありません。

そのうえ、リース料金は毎月均一で3万円前後という車種が多いので、経済性にも優れていると言えます。

 

コンパクトカーが豊富に選べるカーコンカーリースもろコミ!

カーコンビニ倶楽部株式会社のカーコンカーリースもろコミでも、もちろんコンパクトカーへの乗り換えは人気です。豊富にラインナップしている中から、おすすめの車種をご紹介します。

なお、下記は毎月均等払いの例です。ボーナス併用払いをお選びいただけますと、毎月の料金はさらにリーズナブルになります。

トヨタ・ヴィッツF SMART STOPパッケージ

もろコミ9:月々税込24,310円

もろコミ7:月々税込28,160円

日産・ノートX

もろコミ9:月々税込26,290円

もろコミ7:月々税込30,360円

スズキ・イグニス HYBRID MG

もろコミ9:月々税込24,310円

もろコミ7:月々税込27,940円

カーコンカーリースもろコミは「頭金0円」はもちろん、「登録時諸費用」や乗っている間の「車検基本料」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」がすべてコミコミでリース料金に含まれています。

お支払いも、均等払いやお客様が選べる「自由設計」まで、幅広くご用意いたしております。

そんなカーコンカーリースもろコミのプランやお得なご成約特典をご紹介します。

カーコンカーリースもろコミは、「車がもらえる」と「車を返却する」の2つのタイプからお選びいただけます。

「車がもらえる」マイカーリース

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。

※走行距離制限を超えた場合、また返却時の損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ご了承ください。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミをご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミご成約特典

・期間:2019年10月1日(火)~12月31日(火)

・条件:2019年10月1日(火)~12月31日(火)の間にWEBからカーコンカーリースもろコミをお申し込みいただき、ご契約をされた方

・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック 除菌抗菌スプレーをプレゼント。

カーコンカーリースもろコミご成約特典の詳細はこちら

「車を返す」マイカーリース

■もろコミ+(プラス)

WEB申込限定で、5年リースの「もろコミ+5」、3年リースの「もろコミ+3」の2つのプランからお客様のライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

子供の成長に合わせてボディタイプを選びたい、ピカピカの最新型の車に乗りたいという方におすすめのプランです。

カーコンカーリースもろコミ+(プラス)の2つのプランの詳細はこちら

カーコンカーリースもろコミなら、新車の一括購入は必要ありません。ローンを組むよりも初期費用が抑えられ、月々の出費も安定します。

同じ車を持つ手段でも、このような違いがあります。少しでもお得なカーライフを送りたい方はぜひ、豪華なご成約特典も付いてくるカーコンカーリースもろコミをご利用ください。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

※2019年9月時点の情報です。

※本コラムに掲載の内容は、2019年9月1日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。