個人向けカーリースでは代車を無償で提供してもらえる?

 作成日:2021年09月02日

車を利用していると、車検、メンテナンス、故障の修理などの時に代車が必要になることがあります。個人向けのカーリースでは、必要な時に代車のサービスを受けられるのでしょうか?

個人向けカーリースにはどんなサービスが含まれているか?

カーリースにはどんなサービスが含まれるのかを見てみましょう。カーリースの月々の料金には、車両代の他にも様々な費用が組み込まれています。一般的には、下記のものが含まれています。

・自動車取得税

・新車登録諸費用

・自動車税

・自動車重量税

・自賠責保険料

・車検代

また、カーリース会社や契約プランによって、下記のメンテナンスのサービスも含まれているか、オプションとして月々のリース料金に合算することができます。

・定期点検(半年に1回など)

・法定点検(年に1回)

・エンジンオイルの交換(半年に1回など)

・消耗部品の交換(タイヤ交換、バッテリー交換、ブレーキパッド交換など)

含まれるサービスが充実していればいるほど、月々のリース料金は高くなりますが、メンテナンスをカーリース会社にお任せできるため、非常に楽な気持ちでカーライフを楽しむことができます。

 

個人向けカーリースに代車サービスは付いているか?

では、カーリースのサービスに代車提供のサービスは含まれているのでしょうか?

カーコンカーリースもろコミの契約プランでは、代車はユーザー負担(有償)となりますが、もろコミ販売店の独自サービスとして、車検時の代車を無償提供している場合もあります。

その他の方法として、任意保険の加入時に代車特約を付保することで代車を提供してもらうことも可能です。事故などでリース車が故障してしまった場合、ユーザーは自己負担、または加入している保険を利用して修理することになります。保険を利用する際、保険に「代車特約」を付けていれば、一定の条件の下で代車を保険会社に手配してもらえます。

ただし、代車特約を付けると保険料が高くなります(5,000円~6,000円など)ので、週末ドライバーなどにとっては、検討の価値があまりないかもしれません。

※カーリースした車を修理する場合、修理工場を指定されている場合があります。修理の際には契約内容をよく確認するようにしましょう。

 

短期のカーリースを代車として利用する

代車というのは車検やメンテナンス時にだけ必要になる訳ではありません。車の買い替えの際に、代車が必要になるケースがあります。

事故や大きな故障などで車を買い替えることになった場合、新車が納車されるまでの2〜3カ月間は車がない状態になります。そのような時にも代車が必要になりますね。

しかし、レンタカーを2〜3カ月も利用すると高くついてしまいます。そこで、代車を用意するために利用できるのが、短期のカーリースサービスです。

短期のカーリースでは新車ではなく中古車をリースすることになりますが、1カ月単位で契約できるところも多いため、新しい車が来るまでの代車として利用するには非常に便利なサービスと言えます。