話題の軽自動車、月額1万円以下で利用できるカーリース会社をご紹介!

 作成日:2021年12月02日

車の利用方法の選択肢として、広まりつつあるのが「カーリース」です。上手に活用すると、手軽に好きな車に乗ることができます。費用の節約として軽自動車の人気が高いですが、カーリースと組み合わせると、さらにコストを軽減できることがあるのです。 カーリースプランを賢く選べば、月額1万円以下で利用することも可能です。それでは、カーリースが安くなるのは、いったいどういった仕組みなのでしょうか。月額1万円以下でカーリースを利用する選び方を見てみましょう。

カーリースの月額料金はどのように計算される?

カーリースの仕組みは、最初は複雑に思えるかもしれませんが、理解すると実に合理的な仕組みです。まず一般的なカーリース商品では、契約が終わった時点での中古車としての予想価値を「予定残存価格」として算出します。そして、車の価格と諸費用から予定残存価格を引いた金額がリース総額として設定されます。

つまり、クルマを購入する場合は、車の価格すべてを払うのに対し、カーリースは自分が確実に利用するリース期間分だけを支払う仕組みなのです。

計算式はこのようになります。

「車の価格+諸費用-予定残存価格=リース総額」

このリース総額を契約月数で割ったものが毎月のリース料として請求されます。

例えば、乗りたい車の価格が120万円だとします。5年のリース契約の場合、5年後にこの車を中古で売ると80万円になると予想したとします。

諸費用は20万円かかるとすると、

120万(車の価格)+20万(諸費用)-80万(予定残存価格)=60万(リース総額)

となり、これを60ヶ月で割ると月額1万円と計算されます。

ただし、残価設定ありのカーリース商品は、契約満了時に車を返却して残価精算する際に車を査定しますが、査定額が残価に満たない場合には不足分を一括して支払うリスクや、リース期間中の車の使用方法の制限などのデメリットもあります。

残価設定ありのカーリース商品のリスクやデメリットを解消したプランとして「残価設定なし」のプランがあります。残価設定がないので、カーローンのように契約満了でそのまま車をもらえるプランとなっています。車がユーザーの所有物となるので、リース期間中も自分の車のように気兼ねなく使用できます。

残価設定なしのカーリースプランでは残価を差し引かない分、契約期間を長めにすることで、月々の支払い額をリーズナブルに抑えています。

 

また、諸費用には保険や税金、メンテナンス代が含まれます。一般的に含まれるものは以下のようなものが挙げられます。

・登録費用

・環境性能割

・自動車税

・自動車重量税

・自賠責保険料

・任意保険料

・点検、整備費用

・修理費用

・車検費用

プランによって多少異なりますが、基本的に車の購入と維持に必要な料金が組み込まれています。そのため、契約期間中に追加でかかる費用が少なく、契約時に車を維持するのに必要な費用が明確なのが特徴です。

先に述べた例のようであれば、月額1万円で車を所持することが可能なのです。

 

軽自動車は税金および保険が安い!

軽自動車はコストが安いため、少しかっこ悪い、または仕方なく乗っているというイメージがあるかもしれません。しかし、最近では、そのイメージは薄くなってきています。今や軽自動車を選ぶことは賢い選択と考えられており、その人気は高まってきています。

メリットはなんといっても、税金や保険料が安いことです。例えば、自動車税は普通車だと排気量1,000cc以下で29,500円かかりますが、軽自動車だと10,800円です。

また、自動車重量税は車の重さによって異なるので、軽自動車だと安くなり一年辺り3,300円です。保険料も自賠責保険、任意保険も月々1,000円から4,000円ほど安いので、年間で数万円の節約になります。

さらに、税金、保険料が安いということはカーリースの際にかかる諸費用も安くなります。そのため、軽自動車だとより多くのプランで月額1万円以下といった低価格でのカーリースが利用できるのです。

 

月額1万円以下で軽自動車に乗れるカーリースとは?

カーコンカーリースもろコミは、頭金0円、月額1万円以下で新車の軽自動車に乗れるカーリースプランをご提供しています。

契約プランは、9年リース「もろコミ9」と7年リース「もろコミ7」の2種類のプランから車の使用スタイルに合わせて選ぶことができます。

一般的なカーリースにある残価設定がないため、契約満了後は面倒な手続きなく、車を手に入れることができます。契約終了の2年前から乗り換えや返却ができ、ライフスタイルに合わせた調整が可能です。

プラン例

「アルトL」スズキ

・もろコミ9(9年リース契約) ボーナス併用払い

月額:税込8,000円 年2回ボーナス月加算額:税込44,330円

・もろコミ7(7年リース契約) ボーナス併用払い 

月額:税込8,000円 年2回ボーナス月加算額:税込59,180円

「ミライースL」ダイハツ

・もろコミ9(9年リース契約) ボーナス併用払い 

月額:税込8,000円 年2回ボーナス月加算額:税込43,230円

・もろコミ7(7年リース契約) ボーナス併用払い 

月額:税込8,000円 年2回ボーナス月加算額:税込59,180円

登録諸費用、自動車税、重量税、自賠責保険料を含みます。

オプションとして消耗品の交換がセットになったメンテナンスパックを月額税込2,700円で申し込むことが可能です。メンテナンスパックには、タイヤ4本セット、バッテリー、エンジンオイル、オイルエレメント、オートマチックオイル、ブレーキオイル、ブレーキパッド、Vベルト、LLC、点火プラグ、ワイパーゴムが含まれます。

※メンテナンスパックは軽自動車のみ適用となります(ただし、特選車を除く)。

 

月額1万円台で軽自動車に乗れるお得なカーリースプランとは?

月額1万円以下で乗ることのできる軽自動車は多数ありまが、もう少し予算をあげて1万円台とすると、次のような使い勝手の良いことで人気のスーパーハイトワゴンにも乗ることができます。

プラン例

「タント X」ダイハツ

・もろコミ9(9年リース契約) ボーナス併用払い 

月額:税込11,990円 年2回ボーナス月加算額:税込66,000円

・もろコミ7(7年リース契約) ボーナス併用払い 

月額:税込14,410円 年2回ボーナス月加算額:税込77,000円

「N-BOX G」ホンダ

・もろコミ9(9年リース契約) ボーナス併用払い 

月額:税込11,220円 年2回ボーナス月加算額:税込66,000円

・もろコミ7(7年リース契約) ボーナス併用払い 

月額:税込13,420円 年2回ボーナス月加算額:税込77,000円

ここで掲載した車の他にも、カーコンカーリースもろコミのWEBサイトでは、用途や自分の好みに合わせて、国産メーカー各社の新車からグレードやボディカラー、支払いプランやオプションを選んで概算見積もりをシミュレーションいただけます。

月額1万円ほどで、新車をお探しの方は是非チェックしてみてください。

カーコンカーリースもろコミの新車一覧はこちら

お申込み前にご確認ください

お手元に免許証をご用意のうえ、
必ず申込になるご本人様がお申し込みください。 (受付時間:10:00〜18:00(年末年始除く))

  • ご入力内容をもとに所定の審査をさせていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込いただいた車両が自動車メーカーの在庫状況やモデルチェンジ等によりお引受けできない場合、審査前に当社または当社提携先のリース会社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • お申込者の年齢条件は、申込時原則20歳以上、75歳以下の方となります。
  • 審査可決後、オプション変更等でリース料が変更になった際は、再度審査させていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もあります。
弊社提携リース会社「個⼈情報の取り扱いに関する同意事項」に同意する
電話をかける

こちらのQRコードを読み取り、お申し込みをお願いします。