カーリース契約満了時に車はどうなる?4つの選択肢について解説

 作成日:2021年11月20日

カーリースを利用して長年乗った愛車が契約満了を迎えると、いったいどうなるのでしょうか?「カーリースの仕組みがよくわからない」「契約満了後の手続きが複雑そう」などと考え、カーリースの利用を躊躇している人もいるかもしれませんね。今回は、契約満了時に選べる4つの選択肢について解説します。

カーリースした車は誰の所有物?

カーリースは毎月決められたリース料を支払ってカーリース会社から車を借りるサービスです。自分が乗りたいと思った車をカーリース会社が購入して、一定期間貸してくれるのがカーリースの仕組みとなっており、車の所有者はカーリース会社ですが、契約期間中は車の使用者として自分の車のように乗ることができます。

現金またはローンを組んで車を購入する場合は、自分が車の所有者になりますが、頭金、自動車税、車検基本料、自賠責保険料、自動車重量税など、車の維持費としてまとまったお金を用意しなければなりません。

その点、カーリースは所有者であるカーリース会社が車の維持費と車両本体価格を合計して、月々のリース料を算出します。

契約満了まで車の維持管理に必要な、税金の支払いや車検などの手続きをカーリース会社が行ってくれ、さらには、オイル交換、消耗部品交換などのメンテナンスを任せることもできます。カーリースを利用すると車の維持や、まとまった出費がないため、家計の管理がしやすいメリットがあります。

基本的に頭金が不要で、月々の支払いも固定されているので、ワンランク上のお気に入りの車種に気軽に乗ることができます。一般的なカーリースの契約期間は年単位など、契約内容によって異なりますが、長期契約をすることによって月々のリース料金がリーズナブルな金額になります。

 

カーリース契約満了時に特別な手続きは必要?

カーリースはリース期間を決めて契約するわけですが、契約満了時に何か特別な手続きをする必要があるのでしょうか?

具体的な手続きに関しては、一般的には契約満了前にカーリース会社から連絡が来るので、カーリースした車をどうするかを回答するだけです。※各カーリース商品によって内容が異なるため、契約時に確認しておく必要があります。

一般的なカーリースは、カーリース会社から車を借りている状態なので、契約満了時に所有者に返却するということになりますが、返却する以外にも選択肢が用意されています。

契約から納車まで面倒な手続きをせず、スムーズに行われるのがメリットのカーリースですが、契約満了時も特別な手続きをすることなく次のステップに進むことができます。

 

一般的なカーリース契約満了時の4つの選択肢とは?

契約満了で車を返却する前提の一般的なカーリース商品では、契約満了時には基本的に4つの選択肢が用意されています。それでは、4つの選択肢を詳しく見ていきましょう。

契約期間を延長する

リース契約期間を延長(再リース)して、同じ車を引き続き使用することができます。長年乗った愛車が気に入っている場合は、できるだけ長く乗り続けたいと思うことでしょう。契約満了後に再びリース期間を設定して、再度契約を結びます。気に入った愛車にもう少し乗り続けたいという人におすすめの選択肢です。

新車に乗り換える

別の新車に乗り換える選択肢もあります。カーリースした車は、契約満了時にカーリース会社に返却し、新たに好きな車種とグレードを選んでカーリース契約を結ぶという方法です。契約満了ごとに新車に乗り換えることができるので、いろいろな車に乗ってみたい人におすすめの選択肢です。

カーリースした車を買い取る

カーリースはカーリース会社から車を借りるサービスなので、契約満了とともに車を返却することが前提になっています。しかし、契約満了後に車を買い取ることができる選択肢もあります。気に入った車なので、自分のものにしたいという人におすすめの選択肢です。車が自分のものになれば、その後のカスタマイズなどは自由に行うことができます。

車を返却して契約を終わらせる

車を返却して契約を終わらせるという選択肢もあります。車はもう必要ないという場合に選ぶことができる選択肢だと言えるでしょう。ここで気を付けなければならないのが、カーリースした車の状態です。車の状態があまりにも悪い場合は、修理費用が発生することがあり、契約時に設定されていた走行距離をオーバーしている場合も、清算が必要になることがあります。

 

カーリース契約満了時に車を貰えるサービスもある!

前項では、一般的なカーリース商品の4つの選択肢についてご紹介しましたが、何の選択肢も契約満了で車を返却する前提であるため、次のようなデメリットやリスクがあります。

・再リースや乗り換えを選択すると、ずっとリース料を支払い続けなくてはならない。
・買い取りを選択すると、まとまった費用を用意しなければならない。
・返却を選択すると、車の損耗状態によっては追加費用が必要となるリスクがある。
 また、リース期間中も車に損耗が発生しないように使用方法に制限がある。

以上のような一般的なカーリース商品のリスクやデメリットを解消したのが、契約満了時に愛用してきた車をもらえるプランの残価設定なしのカーリースです。

カーローンのように契約満了で、自分が所有者になるのであればリース期間中でもカスタマイズは自由に行えます。また、状態のいい人気車種の場合は、自身で買い取り査定を利用することで、高値で売却することも可能です。

カーコンカーリースもろコミは「残価設定なし、だから契約満了で車がもらえるカーリース」です。「頭金0円」や「諸費用がコミコミ」で、契約プランは、7年リースの「もろコミ7」と、9年リースの「もろコミ9」が基本プランになっています。それぞれ、契約満了2年前から違約金ナシで乗り換えまたは返却することができるのが特徴です。

どちらのプランも契約満了時に車を貰うことができます。車両の消耗や損傷による清算はないので安心です。車を貰う場合は、自動車税、重量税、自賠責保険料、リサイクル料が自己負担になります。

リース料金も「月々税込8,000円~」というリーズナブルな価格で新車に乗ることができますし、国産乗用車全車種から支払いプランを自由設計することもできます。ライフスタイルに合わせてワンランク上のカーライフを楽しみたい人におすすめのカーリースサービスです。

気に入った車であればできるだけ長く乗り続けたいものです。契約満了後に車が貰えるのはとても魅力的なカーリース契約であるため、契約満了時の手続きもスムーズにできるカーリースは今後利用者を増やしていくことでしょう。

これからカーリースを利用しようと考えている方は、契約満了の選択肢にも注目して検討してみてください。

お申込み前にご確認ください

お手元に免許証をご用意のうえ、
必ず申込になるご本人様がお申し込みください。 (受付時間:10:00〜18:00(年末年始除く))

  • ご入力内容をもとに所定の審査をさせていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込いただいた車両が自動車メーカーの在庫状況やモデルチェンジ等によりお引受けできない場合、審査前に当社または当社提携先のリース会社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • お申込者の年齢条件は、申込時原則20歳以上、75歳以下の方となります。
  • 審査可決後、オプション変更等でリース料が変更になった際は、再度審査させていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もあります。
弊社提携リース会社「個⼈情報の取り扱いに関する同意事項」に同意する
電話をかける

こちらのQRコードを読み取り、お申し込みをお願いします。