• TOP
  • お役立ちコラム
  • カーリースはカーローンよりもお得?かしこい使いかたを徹底解説!

カーリースはカーローンよりもお得?かしこい使いかたを徹底解説!

2019年03月13日

せっかくカーリースを利用するなら、お得に利用したいものですよね。カーローンと比べてどちらがお得なのかといったことを交えながら、カーリースのメリットを活かすかしこい使いかた、デメリットを避けるためのかしこい使いかたを解説していきます。カーリースの利用を検討されている方はぜひ、参考にしてください。

カーリースの基本的な仕組みと、カーローンとの相違点

そもそも、カーリースとカーローンはどう違うのか?その基本的な仕組みと違いから説明していきます。

カーローンはローン会社からお金を借りて車を買うのに対し、カーリース会社に毎月一定額を支払うことで自分が希望する車の使用権を持つことができる(借りることができる)サービスがカーリースです。

カーローンの場合、その車の所有者や使用者は本人(ローンが終わるまでは所有者はローン会社)ですが、カーリースでは所有者がカーリース会社、使用者が契約者本人となります。

カーローンであれば、ローンの支払いが済めばその車が自分のものとなり、乗り続ける、手放すといったことも自由に選択できるようになります。

一方の一般的なカーリースでは、リース期間が満了すれば、その車をカーリース会社に返却する、または買い取るといった方法を選ぶことができます。

カーリースとカーローンには、このような違いがあります。

それ以外の、付与されるナンバー、自動車税や車検、自賠責保険料、自動車重量税といった維持費などは、カーリースでもカーローンでも変わりません。

 

カーリースのメリットを活かす「かしこい使いかた」とは?

カーリースが持つさまざまなメリットが広く知られるようになったことで、利用する方が急増していますが、そのメリットを活かすかしこい使いかたをするには、カーリースのメリットや、どんな人に向いているのかといったポイントを知っておくことが大切です。

一般的に、カーリースのメリットとして「頭金が不要」「維持費などの管理が不要」「毎月の支払いが安定する」といったことが挙げられます。

カーローンのように、まとまった頭金が不要なため、初期費用を押さえて新車に乗ることができます。

また、前述のように所有者はカーリース会社ですので、各種税金、車検、自賠責保険などの維持費の管理を一任することができます。うっかり支払い忘れてしまったといったことも防げます。

さらに、リース期間中のそうした維持費をひとまとめにし、リース月数で割って毎月の支払いを均等にすることで、カーローンで購入した時のような“車検月の多額の出費”“納税月の一時的な出費”などで家計を不安定にさせることもなくなります。つまり、家計のやり繰りにも良い影響を与えてくれるという訳です。

もちろん、カーリース会社は車を“貸しっぱなし”にする訳ではありません。メンテナンスや車検のお知らせなどもしてくれますので、安心してカーライフを送ることができるのです。

こうしたメリットを知ることで、浮いた頭金の分を別の用途に使う、あるいはその分だけグレードをアップするといったかしこい使いかたもできるようになります。

支払いを明確にしたい、面倒なことは任せたい、安心や安全とともに長く車に乗り続けたいという方にとって、便利な使いかたができるのがカーリースです。

 

カーリースのデメリットを避ける「かしこい使いかた」とは?

一般的に、カーリースにはいくつかのデメリットもあります。これらを知ることで、今度はデメリットを避けた、かしこい使いかたができるようになります。

まず、カーリースの一般的なデメリットとして言われていることは、解約ができないという点です。厳密には絶対解約できないという訳ではありませんが、何らかの事情で解約しなければならない場合、残りのリース料金を一括で支払う、解約金や違約金が発生するといったリスクがあります。

これは、契約したリース月数をもとに毎月のリース料金を算定しているため、途中で解約されるとカーリース会社が大ダメージを受けてしまうためです。

ただし、本当に好きな車を長く乗りたいという人にとっては、特別デメリットになるようなものではありません。最初に車を選ぶ際に、慎重にシミュレーションしておきましょう。

もう一つ、デメリットと言われているのが走行距離に制限があるという点です。あらかじめ月間や年間などに走行できる距離を設定するのが、一般的なカーリースです。この距離を超過してしまうと、その分だけ車の価値が下がることになるため、返却時に精算を求められることがあります。

走行距離設定は、カーリース会社やプランごとに異なるため、契約する前に自分がどんな使いかたをして、どれくらいの距離を乗るかといったことを、やはりシミュレーションしてある程度考えておくことで解消できるでしょう。

 

カーリースの使いかたに迷ったら、カーコンカーリースもろコミに相談!

カーリースとカーローンの違い、メリットやデメリットを踏まえたかしこい使いかたのコツなどを解説してきました。

それでもまだ「自分に合った使いかたが分からない」「かしこい使いかたをもっと知りたい」という方もいるかもしれません。そんな時はぜひ、カーコンカーリースもろコミにご相談ください。カーリースのプロである私たちが、お客様お一人お一人に最適なプランを一緒に考え、ご提案させていただきます。

カーコンカーリースもろコミには、9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」という2つのプランがあります。
カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

他のカーリースと大きく異なる点として「解約金なしで返却や乗り換えができる」「クルマがもらえる」といった点が挙げられます。

▼リース期間中でも返却や乗り換えがOK

「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。

リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

▼クルマがもらえる

カーコンカーリースもろコミは残価設定がありません。そのため返却時のクルマの損傷、損耗、走行距離設定超過などによる精算金が発生しません。

面倒な手続きや、精算トラブルの心配がないうえ、リース期間満了までのご利用でクルマを差し上げていますので、最初から自分で購入されたときと同じように乗ることができます。

リース期間が長期のため毎月の費用を抑えられるにも関わらず、リース期間中でも原則解約金なしで返却や乗り換えができるカーコンカーリースもろコミは、お客様のさまざまなライフスタイル、ライフプランに柔軟に対応できるカーリースです。

カーリースを検討されている方はぜひ、カーコンカーリースもろコミをご利用ください。
カーコンカーリースもろコミのお車選びはこちら

※本コラムに掲載の内容は、2019年3月13日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。