• もろコミマガジンTOP
  • カーリース利用時、登録名義は誰の名前になる?意外と重要な“名義”についてカーリースのメリット・デメリットとあわせてご紹介

カーリース利用時、登録名義は誰の名前になる?意外と重要な“名義”についてカーリースのメリット・デメリットとあわせてご紹介

 作成日:2021年12月01日

カーリースの車の登録名義は誰の名前になるのでしょうか?今回は、意外と重要な意味を持つ車の登録名義について、カーリースのメリットとデメリットとあわせてご説明します。

カーリースでリースした車の登録名義はどうなるの?

カーリースは、月々のリース料を支払うことでカーリース会社から定められた期間車を貸してもらうサービスです。契約者が希望する車をカーリース会社がディーラーから購入して貸し出します。

数時間や数日の利用を前提とするレンタカーとは違って、カーリースの契約期間は年単位などの長期に及びますから、まるでマイカーのような感覚で車を運転できます。

ただし、車を購入するのはカーリース会社ですので、車の「所有者」はあくまでもカーリース会社です。

つまり、カーリースの車の登録名義はカーリース会社の名前となります。契約者(ユーザー)は車の「使用者」という扱いになり、車検証にもそのように記載されます。

カーリースの車のナンバーは、レンタカーのように「わ」ナンバーではありません。車の登録名義はカーリース会社ですが、自家用車と同じ通常のナンバーとなります。希望ナンバーを取得することもできます。ですから、ナンバーでカーリースの車だと周囲の人に気づかれることはありません。

月々のリース料には車両代、新車登録諸費用、自動車取得税に加えて、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検料が含まれていることが多いです。メンテナンスサービスをオプションで付けられる場合もあります。

個人向けの一般的なカーリースでは、「残価設定」があることが多いです。残価設定とは、契約満了時点での車の残存価値(残価)を予想し、その金額をあらかじめ車両代から差し引いてリース料を設定します。

残価がマイナスされる分、月々のリース料の支払いを安く抑えることができます。ただし、契約満了時点で返却車両の査定が行われ、査定額が残価を下回った場合には差額を請求される場合もありますので、注意が必要です。

残価設定のある一般的なカーリースでは契約満了時には、車をどうするかについて下記の4つの選択肢があるのが一般的です。

1 車を返却して契約を終了する

2 新しい車に乗り換える

3 契約を延長する(再リース)

4 残価で車を買い取る

2番目の選択肢にある通り、契約が満了するごとに新しい車に乗り換えることができます。カーリースは定期的に気軽に新車に乗り換えたいという人にもピッタリのサービスと言えます。

また「リースしていた車を気に入って手放したくない」という場合には、再リースしたり買い取ったりする選択肢もありますので、柔軟な対応が可能です。

※契約の種類によっては、再リースや車の買い取りはできません。

ただし、残価設定のある一般的なカーリース商品は、いずれの選択肢にも「残価精算」「一括支払い」「リース料を払い続ける」や「契約期間中の車の使用方法に制限がある」といったリスクやデメリットがあります。

このような残価設定のリスクやデメリットを解消したプランに残価設定なしのカーリース商品があります。残価設定がないため、契約満了で車は利用者に無償譲渡されます。カーローンのように最終的に車の登録名義はユーザー自身となるので、契約期間中の車の使用方法にも制限がなくなり、自分の車のように気兼ねなく車を使用できます。

残価を差し引かない分、リース料が高くなることを抑えるために契約期間を長めに設定して手軽に利用できるようにプラン設計されています。

 

登録名義の所有者は“カーリース会社”、でもドライバーにはこんなメリットも!

前述の通り、カーリースした車の契約期間中の登録名義はカーリース会社の名前となりますが、そのおかけで享受できるメリットもあります。

例えば、毎年の自動車税の支払い、車検時の点検整備や自動車重量税と自賠責保険の支払いは、登録名義の所有者であるカーリース会社がすべて行ってくれます。

また、これらの料金は別途自分で支払うわけではなく、すべてリース料に含まれているため、予想外の出費に慌てることがありません。車に関わる出費が安定しますので、車をローンで購入した場合と比べて、家計の管理がしやすいと言えるでしょう。

 

カーリース契約満了後、車が自分のものになったら登録名義はどうなる?

契約満了後に車を買い取ったり車をもらったりした場合に、車の登録名義はどうなるのでしょうか?

残価設定がなく、契約満了でそのまま車がもらえるカーコンカーリースもろコミでは、車をユーザーに無償譲渡する場合の登録名義について、契約終了後の車両譲渡時は、継続車検と名義変更が必要になります。車両本体価格は無償ですが、継続車検の費用、。その他、法定費用(重量税、自動車税、自賠責保険料、リサイクル料金)は、お客様のご負担となります。

つまり、契約満了時に車を自分のものにする場合には、登録名義を自分の名前に変更することになります。

残価設定のあるカーリースの場合には、車両を返却する、再リースするなど、登録名義の変更が不要なケースもありますので、契約時にあらかじめよく確認することをお勧めします。

 

カーリースの利用前にメリット・デメリットをよく理解しておこう!

最後にカーリースのメリットとデメリットについて見てみましょう。

カーリースのメリット

前述の通り、車に関係する毎月の出費がフラットになりますので、家計のやり繰りがしやすいです。また、車の維持管理のための面倒な手続きをカーリース会社にお任せできます。

さらに、カーリースでは基本的に頭金が不要ですので、まとまった出費を出すことなく、利用をスタートできます。契約が満了するごとに車を乗り換える機会が生まれますので、定期的に車の乗り換えをしたい人にもおすすめのサービスです。

カーリースのデメリットと注意点

今回見てきたように、カーリースの車の登録名義の所有者はカーリース会社です。特に残価設定のあるカーリース商品では、車の利用には一定の制限があります。例えば、車を好き勝手に改造したり、カスタマイズしたりすることはできません。走行距離に制限が設定されます。

こうした制限を無視して車を使用したり乱暴に扱ったりすると、車の価値が残価を下回り、契約満了時に思わぬ高額な請求が発生することになりかねません。登録名義の所有者がカーリース会社であることを忘れずに、車は大切に扱いましょう。

カーリースを利用する際には、車を最終的に自分のものにしたいのか、そうでないのかを前もって考えてみてください。契約によっては、車の買い取りができないからです。

車を自分のものにしたいのであれば、契約満了時に車を買い取れるプランか、車をもらえるプランを用意しているカーリース会社を利用する必要があります。また、自分のものする際の登録名義変更のための手数料は、誰が負担するのかも事前に確認するとよいでしょう。

カーリースには、残価設定の有無により、以上のメリットのほかにデメリットや注意点があります。これらのカーリース商品特性をしっかり理解した上で利用するようにしましょう。

お申込み前にご確認ください

お手元に免許証をご用意のうえ、
必ず申込になるご本人様がお申し込みください。 (受付時間:10:00〜18:00(年末年始除く))

  • ご入力内容をもとに所定の審査をさせていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込いただいた車両が自動車メーカーの在庫状況やモデルチェンジ等によりお引受けできない場合、審査前に当社または当社提携先のリース会社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • お申込者の年齢条件は、申込時原則20歳以上、75歳以下の方となります。
  • 審査可決後、オプション変更等でリース料が変更になった際は、再度審査させていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もあります。
弊社提携リース会社「個⼈情報の取り扱いに関する同意事項」に同意する
電話をかける

こちらのQRコードを読み取り、お申し込みをお願いします。