車の維持費は高い?維持費を抑える方法について知っておこう

2019年08月21日

「車を持ちたいけど維持費が心配」という方は多いのではないでしょうか。この記事では、車を維持するには何が必要なのか、維持費はどれくらいなのか、などの基礎知識を解説するとともに、維持費を抑える方法もご紹介します。維持費が気になって車を持つことを躊躇している方はぜひ、参考にしてください!

車の維持費が高い理由とは

車の維持費が高い理由は、税金をはじめさまざまな費用が必要になるからです。具体的に、どんな維持費がかかるのか見ていきましょう。

維持費の中で基本となるのが、税金です。

毎年かかる「自動車税」は「1000cc以下で29,500円」「1000cc超〜1500cc以下で34,500円」など、総排気量によって細かく分類されています。

次に、新車登録および車検ごとに必要になる税金が「自動車重量税」です。こちらは重量や初度登録からの年数、エコカー減税の対象かどうかなどによって分けられています。

例えば「初度登録から13年未満、自家用車、車検有効期間2年、車両重量1.5トン、エコカー減税非対象」であれば自動車重量税は24,600円、これが初度登録から13年を超えると34,200円などと税額が上がります。

同じく、車検時にかかるのが「自賠責保険料」です。2年25,830円(軽自動車は25,070円)、3年35,950(同34,820円)などとなります。

このほか、車検代やメンテナンス代、日々のガソリン代や駐車場代、消耗品の交換代など、さまざまな維持費が必要になります。

 

車の高い維持費をなるべく安く抑えるための方法とは

維持費の中でも税金や自賠責保険料などは、決められているものなので抑えることはできません。

その中で維持費を抑える方法があるとすれば、エコカー減税対象車を購入して税金をなるべく抑える、燃費の良い車種を選んでガソリン代を節約する、などが考えられます。

あるいは、維持費そのものは節約できなくても、ポイントやマイルなどが貯まる支払い方法にする、という手もあります。

逆に、維持費を抑えたいからとメンテナンス代を出し渋るのは避けましょう。メンテナンスを先延ばしにしたことで車が故障するなどした場合、修理費用にもっと大きな費用がかかってしまう可能性があります。そもそも、安全に運転するためにもメンテナンスは重要です。

こうなると「やはり車の維持費は安くできないのか…」と諦めてしまいたくなりますよね。しかし、実は維持費が心配な方にこそ、最適な車の持ち方があるのです。それが、今、利用者が急増しているカーリースです。

 

カーリースは車の維持費が料金にコミコミなので高い値段にならず安心

なぜ、車の維持費が心配という方こそカーリースがピッタリなのか?その理由を解説します。

そもそもカーリースは「カーリース会社から自分が希望する車を借りる」サービスです。よくカーローンと比較されますが、ローンは「お金を借りる」ことですので根本的な仕組みが違います。

一般的なカーリースは、毎月支払うリース料金の中に「車両価格」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」などの維持費が含まれています。リース期間中に必要になるこれらの維持費をトータルし、毎月均等に支払っていくのが基本です。

ローンで購入した場合、「税金の支払いがあるからお金を用意しなきゃ…」「もうすぐ車検だ!いくらだっけ?」など、その都度まとまった費用を準備しなければならず、タイミングによっては家計を圧迫してしまうこともあります。

一方、カーリースは維持費を毎月均等に支払うことができますので、月々の出費を抑え、家計を安定させることができるのです。リース期間中にかかる維持費も明確になりますので、将来を見据えた家計の予算も組みやすくなりますね。

しかも、カーリースは原則として頭金が不要で、維持費のみならず、初期費用まで抑えることができてしまうのです。

頭金が浮いた分、ワンランク上の新車を選んだり、オプションをつけたり、あるいはリース契約した車が納車されたら家族でちょっとした旅行に出かけたりするといった楽しみ方もできます。

このように、車の初期費用を抑えられ、維持費が毎月一定額で済むことで家計も安定し、精神的にも経済的にもメリットが大きいのが、カーリースなのです。

 

カーリースを利用するなら「カーコンカーリースもろコミ」がおすすめ

税金をはじめとする車の維持費とともに、維持費が心配な方こそカーリースが向いているという理由を解説してきました。

おかげさまでお客様満足度95%を達成することができた「カーコンカーリースもろコミ」は、これからも皆さまに快適で楽しく、安全で安心なカーライフをお送りいただけるよう、さまざまなサービスをご提供してまいります。

最後に、そんな「カーコンカーリースもろコミ」の「車がもらえる」基本プランをご紹介します。

「車がもらえる」マイカーリース

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。

※走行距離制限を超えた場合、また返却時の損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ご了承ください。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

さらに、もろコミ9・もろコミ7をご成約いただいたお客様にはうれしいご成約特典もご用意しております。

もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)ご成約特典

・期間:2019年7月1日(月)~9月30日(月)
・条件:もろコミ7またはもろコミ9を2019年7月1日(月)~9月30日(月)の間にWEBからお申し込みをいただき、ご契約された方
・内容:ガラスコーティング剤「スパシャン」、車載用防災セット「Refill Box 24」、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)をプレゼント

もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)ご成約特典の詳細はこちら

さらに、先ほど「メンテナンス代は出し渋らないようにしましょう」とお伝えしましたが、「カーコンカーリースもろコミ」には、そのメンテナンス費用を抑えることができるオプションも用意されているのです。

それが、メンテナンスパックです。

車の維持に必要なタイヤ4本セット、バッテリー交換、エンジンオイルにオイルエレメント交換、オートマチックオイル交換、ブレーキオイル交換、ワイパーゴム交換といった基本的な消耗品の交換はもちろん含まれています。

「カーコンカーリースもろコミ」のメンテナンスパックは、それ以外にも、つい忘れてしまいがちなブレーキパッド交換、Vベルト交換、LLC交換、点火プラグ交換まですべて含まれています。

これらすべてがセットになってなんと、「月々税込2,700円〜」ご利用いただくことができます。

※メンテナンスパックは軽自動車のみ適用となります(ただし、特選車を除く)

もちろん、「カーコンカーリースもろコミ」は基本プランだけではありません。

リース料金そのものに上記の「メンテナンスパック」が含まれている「もろコミ特選車」や、3年・5年など短期間かつ「車を返却する」プランなどもご用意いたしております。

 

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、もろコミ特選車をご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

もろコミ7の「特選車」ご成約特典

・期間:2019年7月1日(月)~9月30日(月)
・条件:2019年7月1日(月)~9月30日(月)の間にWEBからもろコミ「特選車」のお申し込みいただき、ご契約をされた方
・内容:車載用防災セット「Refill Box 24」、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)をプレゼント。

もろコミ7の「特選車」ご成約特典の詳細はこちら

 

「車を返す」マイカーリース

■もろコミ+(プラス)

WEB申込限定で、5年リースの「もろコミ+5」、3年リースの「もろコミ+3」の2つのプランからお客様のライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

子供の成長に合わせてボディタイプを選びたい、ピカピカの最新型の車に乗りたいという方におすすめのプランです。

カーコンカーリースもろコミ+(プラス)の2つのプランの詳細はこちら

「カーコンカーリースもろコミ」は、初期費用や維持費を抑えることができるだけでなく、このようにあらゆるお客様のニーズに対応できるプランをご用意いたしております。カーリースのご利用を検討されている方、車の維持費がご不安な方はぜひ、「カーコンカーリースもろコミ」をご利用ください!

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2019年8月時点の情報です。
※本コラムに掲載の内容は、2019年8月21日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。