車選びは何から始める?後悔しない車の選び方とは

2019年11月15日

車は高い買い物ですから、後悔しないためにも選び方が重要になってきます。見た目だけではなく、燃費やボディタイプ、最大人数など、さまざまな角度から検討し絞り込みましょう。この記事では、後悔しない車の選び方を、ポイントを絞って解説します。国産全メーカーから選べる「カーコンカーリースもろコミ」のご紹介と併せて、参考にしてください!

車の選び方で大切なのは「目的」を考えること

車は長く乗るわけですから、自分が気に入った「ルックス」であることは大切です。しかし、それだけで選んでしまうと、実用性に欠けたり、経済性がなかったりして後悔することもあります。

車の選び方の基本は、「目的」をはっきりさせることです。

・平日は通勤、週末は家族でドライブしたい場合
走行距離も多くなりますから乗り心地が良く、燃費性能も高い車種がおすすめです。

・子供はおらず、アウトドアが趣味のカップルの場合
アウトドア用品を積んだり仲間と大人数で移動したりできる、ミニバンやワンボックスがおすすめです。

・近所への買い物など街乗りが基本の場合
軽自動車あるいはコンパクトカーといった、小回りが利いて取り回しが楽な車種がおすすめです。

このように、誰がメインで使う車か、どんな用途で使うことが多いかを選び方の基本にすれば、おのずと最適なボディタイプが見えてきます。

 

予算から考える車の選び方をご紹介

予算から考える選び方もあります。なお、この選び方をする場合は車両価格以外にも費用がかかることを忘れないようにしましょう。

たとえば、環境性能割、自動車重量税、自賠責保険料、自動車税、消費税といった税金は必須です。このほか、車庫証明取申請代行費用、諸経費や登録代行手数料、任意保険料などが挙げられます。

こうした諸費用はボディタイプなどの車種によって変わってきます。

例を挙げると1,500ccの普通車なら自動車税は36,000円、自動車重量税は1〜1.5tで36,900円(3年)、自賠責保険料は25,830円などです。

若干余裕をもって、車両価格の2割は見ておきましょう。300万円の予算があるとしたら、車両価格は240万円程度を目安にするという具合です。

 

目的と予算に合わせた車の選び方をしよう

目的や予算がはっきりしたら、ボディタイプを絞り込んでいきましょう。

軽自動車やコンパクトカーは小回りが利き、燃費も良いため、街乗りや通勤に最適です。セダンは安定感があり、乗り心地も良く、通勤・ドライブ・街乗りなど、さまざまな使用目的に適しています。

ミニバンやワンボックスは積載性に優れ、乗り心地も良いため、スポーツやレジャー、長距離のドライブ、旅行などに適しています。子供がいる家庭でも人気があります。

SUVはアウトドアに最適なボディタイプです。4WDなどパワフルな車種が多いので、夏はキャンプ、冬はスノーボードなど、スポーツを楽しみたい方に向いています。もちろん、街乗りしやすい車種も登場しています。

このほか、ステーションワゴンやスポーツカーなどもあります。ステーションワゴンはセダンよりも積載性が高く、スポーティーです。セダンより大きく、ミニバンより小さめがいいという方に向いています。

とにかく走りを楽しみたい、毎週末のようにドライブに出かけたいという方はスポーツカーを検討しましょう。

 

グレード、デザイン、メーカーを比較した車の選び方とは

目的・予算・ボディタイプが決まりました。次はいよいよ、最終的な選び方です。

トヨタ・日産・ホンダ・三菱・マツダ・スズキなど、さまざまなメーカーがあります。

それぞれに特徴があり、たとえば安心感を重視するならトヨタ、走りを楽しむならマツダ、車好きなら玄人受けするスバル、軽自動車なら評価が高いスズキやダイハツなど、メーカーから絞り込んでいく方法があります。

メーカーにこだわりはないという場合は、色やグレード、見た目から絞り込んでいくと良いでしょう。

目的や予算から外れなければ、見た目を重視するのはアリです。飽きのこないデザインは長く乗るためにも重要です。

また、同じ車種でもグレードによって搭載されている装備が違ったり、インテリアの仕様が違ったりします。メーカーのサイトでじっくり見比べて、検討することをおすすめします。

 

カーコンカーリースもろコミなら予算と用途に合わせて車を選べる!

ここまで、車の選び方についてポイントを絞ってお伝えしてきました。しかしながら、実際に選ぶとなると、車種が多すぎて本当に迷ってしまうものです。

そんなときはぜひ、カーコンビニ倶楽部株式会社の「カーコンカーリースもろコミ」をご利用ください。

「カーコンカーリースもろコミ」は、国産乗用車全車種対応のカーリースです。目的や予算に合わせて車種を絞り込んでいくことができます。

※ただし、PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両除きます。

まずはWEBでご希望の車種をお選びください。万が一、ご希望の車種が掲載されていない場合でも、「その他のおクルマから申し込み」をクリックしてご契約までの流れなどをご確認いただき、「お申込手続きへ」から表示される申込みページで、車種やグレードといった詳細をご入力いただけます。

もちろん、おすすめの理由は車の選び方が自由なだけではありません。「カーコンカーリースもろコミ」がお客様からご好評いただいているのは、一人ひとりのライフスタイルに柔軟に対応できる豊富なプランがあるからです。

最後に「カーコンカーリースもろコミ」の各プランとご成約特典をご紹介します!

まず基本的なプランですが、「車がもらえる」と「車を返却する」の2つのタイプからお選びいただけます。

「車がもらえる」マイカーリース

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。
※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。
※走行距離制限を超えた場合、また返却時の損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ご了承ください。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

次に、契約満了2年前からの返却・乗り換えはお選びいただけませんが、「カーコンカーリースもろコミ」が厳選した人気車種に、同じく人気のオプションを付帯させたプランです。

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミには様々なご成約特典もご用意しております。

■カーコンカーリースもろコミのご成約特典

・期間:2019年9月1日~12月31日

・条件:期間中にWEBからもろコミ「特選車」のお申し込みいただき、ご契約をされた方

・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック「除菌抗菌スプレー」をプレゼント。
※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2019年11月時点の情報です。

カーコンカーリースもろコミのご成約特典の詳細はこちら

最後は「利用期間を短くしたい」「カーリースが初めてなので試してみたい」「新車が発売になるたびに乗り換えたい」「ライフスタイルの変化に対応できるプランがいい」そんなお客様に人気のプランです。

「車を返す」マイカーリース

■もろコミ+(プラス)

WEB申込限定で、5年リースの「もろコミ+5」、3年リースの「もろコミ+3」の2つのプランからお客様のライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

子供の成長に合わせてボディタイプを選びたい、ピカピカの最新型の車に乗りたいという方におすすめのプランです。

カーコンカーリースもろコミ+(プラス)の2つのプランの詳細はこちら

豊富な車種とプランの中から、お客様それぞれのニーズに合わせた選び方ができる「カーコンカーリースもろコミ」は、これからも、より一層、お客様のライフスタイルに寄り添い、安全で快適な、安心のカーライフをサポートさせていただきます。

気軽に利用できるカーリースをお探しの方、車の選び方に迷われていた方も、ぜひ「カーコンカーリースもろコミ」をご利用ください。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2019年11月時点の情報です。
※本コラムに掲載の内容は、2019年11月15日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。
※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。