新車乗り出し価格って何?価格を抑える方法もご紹介

2020年05月29日

「新車乗り出し価格」とは、具体的に何が含まれた価格のことを指すのでしょうか?分かるようで意外と分かりにくい新車の乗り出し価格について、抑える方法も含めて詳しく解説をしていきます。

新車乗り出し価格とは?

新車乗り出し価格とは何か、まずは基本的なところから見ていきましょう。

新車乗り出し価格とは

新車乗り出し価格とは「車両価格」と「諸経費」を合わせた価格を指すのが一般的です。新車に乗り始めるには、車両価格だけでなくオプションなども含めてさまざまな諸経費がかかります。

これらをまとめた「新車に乗るために実際にかかる初期費用」の総額を表したものが、新車乗り出し価格という訳です。

新車乗り出し価格に含まれる費用

「車両価格」「オプション」は分かりやすいのですが「諸経費」とは何を指すのか、いまいちピンと来ない方も多いのではないでしょうか?諸経費には以下のようなものが含まれます。

■法定費用

「自動車税(軽自動車税)」「自動車重量税」「自賠責保険料」「リサイクル料」「消費税」などは法定費用に分類されます。必ずかかる費用のため、省いたり抑えたりすることはできません。

■代行費用

「登録代行費用」「車庫証明取得代行費用」「納車費用」などが代行費用です。こちらは販売店によって設定が異なる場合があります。

■その他

「販売店の利益」も諸経費に含まれることがあります。

以上をトータルした総額が、新車乗り出し価格となります。

 

新車乗り出し価格を抑える方法

新車に乗り始めるには、車両価格だけでなくいろいろな費用を支払わなければなりません。新車乗り出し価格を少しでも抑えるためのコツをご紹介します。

新車乗り出し価格を抑えるコツ

法定費用は抑えることができません。また、各種代行手数料についても大幅に抑えることは難しいでしょう。車庫証明の取得は自分でもできますが、微々たるものですし手間や時間を考えると任せてしまったほうが楽です。では、どこで新車乗り出し価格を抑えるのでしょうか?それは「車両価格」です。

■値引き交渉は必須

多くのディーラーや販売店は、ある程度の値引き交渉に応じてくれるはずです。そのため、値引き交渉はするべきだと思っておきましょう。ただし値引きにも限界はあります。一般的には車両価格の10%前後が目安になるので覚えておきましょう。

■購入時期を考える

セール期間中、あるいは3月や9月といった決算月などは、値引きにスムーズに応じてくれる確率が高いと言われています。お伝えしたように限界はありますが、こうしたタイミングで購入するのも、新車乗り出し価格を抑えるコツです。

■オプションの割引やオマケという方法も

車両価格の値引きが思ったほどでなければ、オプションを割引してもらう、あるいはオマケを付けてもらうといった方法で、実質的な値引きを勝ち取る方法もあります。結果的に、正規の新車乗り出し価格よりも抑えることにつながります。

 

諸経費コミコミのカーリースなら新車乗り出し価格に慌てる必要なし!

 

お伝えしたように、車両価格と新車乗り出し価格との間にはどうしても「開き」が出でしまいます。そのため、車両価格に魅力を感じて購入を決めたところ、新車乗り出し価格が思いのほか高く慌ててしまったという方も少なくありません。

そこでおすすめしたいのが、カーリースです。実は、一般的なカーリースは「頭金0円」というのをご存知でしょうか?新車乗り出し価格を抑える最適な方法が、カーリースだったのです。

カーリースの新車乗り出し価格は驚くほど安い!

・ローン購入…諸経費に加え、車両価格の2〜3割の頭金が必要

・現金購入…車両価格や諸経費を含めた新車乗り出し価格を一括支払い

ローンや現金で購入した場合、新車乗り出し価格はこのようになります。そのうえ、車検のタイミングでは車検費用が、毎年5月頃には税金がといったように、事あるごとにまとまった費用を準備しなければなりません。一方、カーリースを利用した場合はというと

・カーリース…「頭金0円」、新車乗り出し価格は初月のリース料金程度

カーリース会社によって多少異なるかもしれませんが、「頭金0円」ですから、ローンのように頭金を用意する必要がありません。

また、最初にお伝えした法定費用やその他の諸費用なども、リース期間中に毎月一定額ずつ支払っていくのが基本です。そのため、新車乗り出し価格は「初月のリース料金」あるいはそれに加えて登録時の諸費用程度で済むケースがほとんどです。

維持費が毎月のリース料金に含まれていることで、ローンや現金のように「車検だから」「納税だから」とまとまった費用を用意する必要がないのです。

カーリースはメリットだらけ

カーリースは、新車乗り出し価格をもっとも抑えられる乗り方であると同時に、リース期間中の維持費や諸経費も毎月均等に負担するだけなので出費が安定し、予算が組みやすくなるというメリットだらけのサービスです。

「新しい車の乗り方」として近年利用者が急増しているのは、新車乗り出し価格だけでなく、リース期間中の支払いの安定といった魅力も大きな要因のひとつと言えるでしょう。

 

おすすめのカーリースサービスをご紹介!

カーコンカーリースもろコミは、業界トップクラスのトータルサービスが自慢のカーリースです。

新車乗り出し価格を大きく抑える「頭金0円」はもちろん、「登録時諸費用」や乗っている間の「車検基本料」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」がすべてコミコミで毎月のお支払いに含まれています。

お支払い方法も業界最安クラスの「月々税込8,000円〜」や、お客様がご予算やライフプランによってお選びいただける「自由設計」まで、幅広くご用意いたしております。

おかげさまでお客様満足度95%(自社調べ)とたいへん多くのお客様にご満足いただいております。そんなカーコンカーリースもろコミのプランを、最後にご紹介します。

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。

※返却の場合には、走行距離制限を超えていたり、おクルマの損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ただし、ご契約満了の場合はクルマがもらえるので、どのような状態でも清算金は発生しません。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミをご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミご成約特典

・期間:2020年4月1日(水)~6月30日(火)

・条件:2020年4月1日(水)~6月30日(火)の間にWEBからカーコンカーリースもろコミをお申し込みいただき、ご契約をされた方

・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック 除菌抗菌スプレーをプレゼント。

カーコンカーリースもろコミご成約特典の詳細はこちら

なお、カーコンカーリースもろコミでは、ご契約後、最短14日でお客様の元へ車両をお届けできる「即納車」もご用意しております!

「納車されるまで何ヶ月も待てない」「急ぎで車が欲しい」などお急ぎの方はぜひご検討ください。

即納できるおクルマについてはこちらからご確認いただけます。

※即納車は地域によってご対応できない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

※即納車は台数に限りがございます。ご商談・ご契約のタイミングによっては在庫状況が変動する場合がございますので、予めご了承願います。

いかがでしょうか?新車乗り出し価格が抑えられるだけでなく、素敵なご成約特典がもらえたり、最終的には車がもらえたりなど、リース期間中も安心してご利用いただけるカーリース、それがカーコンカーリースもろコミなのです。

カーリースをお探しの方、新車乗り出し価格をできるだけ抑えたい方はぜひ、カーコンカーリースもろコミをご利用ください!

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

※2020年5月(公開月)時点の情報です。

※本コラムに掲載の内容は、2020年5月29日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。