カーリースとカーローンはどっちがお得か徹底比較

2020年07月14日

カーリースとカーローンは実際問題としてどちらがお得なのでしょうか?今回は、カーリースとカーローンの仕組みや長所・短所を徹底比較します。

カーコンカーリースもろコミは残価設定なし!

カーコンカーリースもろコミは「月々税込8,000円~」「残価設定なし・契約満了でクルマもらえる」など無理なく利用できるサービスをご提供。頭金0円など初期費用を抑えて乗ることができるうえ、オプションも充実で安心のトータルサポート!

カーリースとカーローンの仕組み

カーリースとカーローンを比較する前に、それぞれの基本的な仕組みについて見てみましょう。

カーリースの仕組み

カーリースは、欲しい車を自分で購入するのではなく、カーリース会社が代わりに購入した車を長期間貸してもらうというものです。契約者は、毎月定額のリース料を支払います。レンタカーのようにその都度借りるのではなく、同じ車に長期間乗り続けることができるので、マイカーのような感覚で車を楽しめます。

カーローンの仕組み

カーローンとは、金融機関やディーラーのローン制度を利用して車を購入することです。期間を定めて毎月決められた額を返済していきます。支払額には金利も上乗せされます。

銀行系ローンの場合、車の「所有者」の名義は最初から契約者本人になるのが一般的ですが、ディーラーや信販会社のカーローンの場合は、完済するまでディーラーや信販会社の名義になる「所有権留保」の形を取ることが多いです。

 

カーリースとカーローンを比較

カーリースとカーローンの比較をしてみましょう。

カーリースとカーローンの類似点を比較

カーリースとカーローンを比較すると、両者には類似点もあることがわかります。

例えば、どちらも毎月決められた額の支払いをしていくことで車に乗ることができる、という点で共通しています。また、カーリースもカーローンと同じように自由に車種やグレードを選べますし、ナンバーも一般の自家用車と変わりがありません。エコカー減税などの措置も受けられます。

さらに、カーリースを利用した場合、車の「所有者」の名義はカーリース会社や信販会社となり契約者は「使用者」という扱いになりますが、カーローンでも「所有権留保」の措置が取られる場合にはローン完済まで類似の状態になります。

カーリースとカーローンの違いを比較

カーリースとカーローンはどんな点が違うのでしょうか?

根本的な違いは、「車を借りるのか」、「お金を借りるのか」という点にあります。カーリースは「カーリース会社から希望する車を借りること」であるのに対し、カーローンは「車を購入するために金融機関やディーラーからお金を借りること」なのです。

また、カーリースでは毎月のリース料に車両代金だけではなく各種税金、自賠責保険料、車検代などが含まれるのが一般的ですが、カーローンでは毎月の返済のほかにそうした費用をすべて自分で用意する必要があります。これも両者を比較した場合の大きな違いと言えるでしょう。

さらに、カーリースでは基本的に頭金が不要ですが、カーローンでは頭金を用意しなければならない場合が比較的多いです。

 

カーローンとの比較から見えてくるカーリースの長所と短所

カーリースにはカーローンと比較した場合にどんな長所と短所があるのでしょうか?

カーローンとの比較した場合のカーリースの長所

まず、カーリースは頭金が不要ですので、まとまった費用をかけずに新車に乗り始めることができます。購入時にかかる登録諸費用や各種税金、リサイクル料金などもリース料に組み込まれています。

また、カーリースなら毎月の車に関係する支払いが安定します。前述の通り、リース料に各種税金、自賠責保険料、車検基本料などがすべて含まれているからです。プランによっては、消耗部品交換などのメンテナンス費用も含まれます。

さらに、カーリース会社は契約者に対して何らかのお得な特典を用意していることもあります。カーローンではあまりそのようなことはありませんので、カーリースを利用すると比較的にお得感を味わうことができるかもしれません。

カーローンとの比較した場合のカーリースの短所

一般的なカーリースには、カーローンとは違って車が自分のものにならないという短所があります。あくまでも車を借りるためのサービスですので、契約満了まで利用を続けても車は自分のものにならず、基本的にはカーリース会社に車を返却しなければなりません。
※最後に車を買い取ったり契約期間を延長できたりするカーリースプランも存在します。

また、カーリースは走行距離制限が設定されたり、改造が禁止されたりと、車の使用に関して一定の制約があります。さらに、車の返却時には車両の損耗状況のチェックがあり、場合によっては精算金を請求されます。

このように、カーリースには比較的短所もあるわけですが、そうした短所を解消したカーリースサービスもあり、それが「カーコンカーリースもろコミ」です。

つまり、カーコンカーリースもろコミなら最後に車をそのままもらえるので、「車が自分のものにならない」、「車の使用に制約がある」、「車の返却時に精算金を請求されるかもしれない」というカーリースの短所について心配する必要がないのです。

 

お得にクルマに乗るならカーコンカーリースもろコミ

ここで、カーコンカーリースもろコミの特徴をご紹介します。

・頭金0円、月額料金にもろもろコミコミ

頭金0円でご利用いただけますし、月々の料金に車両価格だけではなく、登録時諸費用、契約期間分の自動車税、自賠責保険料、自動車重量税、車検基本料などがすべてコミコミとなっております。

・車もプランも自由設計

国産乗用車全車種に対応しておりますので、お好きな車種を自由にお選びいただけます。また、毎月のお支払い額も柔軟に設定できます。

※PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両除く

・契約満了で車がもらえる

先にも触れた通り、契約満了でお車をそのまま差し上げておりますので、カーローンと比較した場合のカーリースの短所を解消しています。

・オプションが豊富

「メンテナンスパック」や「カーアクセサリーセット」などのオプションもご用意しております。

オプションについての詳細はこちらから。

 

カーコンカーリースもろコミのすべてのプランを公開!

最後に、カーコンカーリースもろコミのプランの詳細をご紹介します。

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。
※返却の場合には、走行距離制限を超えていたり、おクルマの損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ただし、ご契約満了の場合はクルマがもらえるので、どのような状態でも清算金は発生しません。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミをご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミご成約特典

・期間:2020年7月1日(水)~9月30日(水)
・条件:2020年7月1日(水)~9月30日(水)の間にWEBからカーコンカーリースもろコミをお申し込みいただき、ご契約をされた方
・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック 除菌抗菌スプレーをプレゼント。

カーコンカーリースもろコミご成約特典の詳細はこちら

なお、カーコンカーリースもろコミでは、ご契約後、最短14日でお客様の元へ車両をお届けできる「即納車」もご用意しております!

「納車されるまで何ヶ月も待てない」「急ぎで車が欲しい」などお急ぎの方はぜひご検討ください。

即納できるおクルマについてはこちらからご確認いただけます。

※即納車は地域によってご対応できない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。
※即納車は台数に限りがございます。ご商談・ご契約のタイミングによっては在庫状況が変動する場合がございますので、予めご了承願います。

今回は、カーリースとカーローンの仕組みや長所・短所を比較しました。カーリースにはカーローンと比較した場合に短所もありますが、カーコンカーリースもろコミはそのデメリットを解消しています。ぜひ、この機会にカーコンカーリースもろコミをご利用ください。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2020年7月時点の情報です。
※本コラムに掲載の内容は、2020年7月14日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。