お客様応援キャンペーン 現金10万円が当たる!! お客様応援キャンペーン 現金10万円が当たる!!

車のリースとは?その仕組みやメリット・デメリットを徹底解説!

2020年08月19日

今話題の車のリースとは一体どんなサービスなのでしょうか?今回は、その仕組みやメリット・デメリットまで詳しく解説します。また、おすすめの車のリースサービスもご紹介します。

顧客満足度97%!定額で無理なく新車購入

頭金なし、維持費がリース料にコミコミで新車が手に入る!残価設定なし、契約満了後は車がもらえるので安心です。お得に車を購入するなら今すぐもろコミへ。

仕組みを理解しておこう!車のリースとは?

車のリースとは、契約者が選んだ新車をカーリース会社がディーラーから購入して、定められた期間貸し出してくれるサービスです。契約者は車を借りる代わりに月々決められたリース料をカーリース会社に支払います。車の名義はカーリース会社が「所有者」、契約者は「使用者」という形になります。

車のリースの一般的な契約期間

契約期間は2年~9年などの長期にわたるのが一般的で、まるでマイカーのような感覚で車を利用できるのが魅力となっています。ナンバーも自家用車と同じ通常の形になります。

契約満了時の選択肢

カーリースは車を借りるための契約ですので、契約満了時には車を返却するのが基本となります。ただし、プランによっては、契約時に設定した残価で車を買い取ったり、契約を延長して同じ車を再リースしたりすることもできます。

なお、後述の通り、カーコンカーリースもろコミでは契約満了で車をそのまま差し上げております。

レンタカーやカーシェアリングとの違いは?

車のリースとたまに混同されるサービスに、レンタカーやカーシェアリングがありますが、これらは車のリースとは異なる形態のサービスです。

レンタカーとリースの違い

レンタカーは、車のリースとは違って、数時間から数日間の短い期間の利用を前提とするサービスです。店舗にある中古車から車を選んで利用しますので、いつでも好きな車を選べるわけではありません。車を独占して利用できるカーリースとは違って、同じ車を不特定多数の人が使用します。車のナンバーは「わ」ナンバーとなります。

カーシェアリングとリースの違い

カーシェアリングは、会員になることで全国各地にある専用ステーションにある車を借りて使えるサービスです。基本料金の他に車を借りるごとに利用時間や走行距離に応じて料金が発生する仕組みで、車のリースとは違って月々定額料金とはなりません。同じ車を複数のユーザーが利用することになります。車のナンバーは、レンタカーと同様に「わ」ナンバーとなります。

 

法人向けと個人向けの車のリースとは?

車のリースには、法人向けのサービスと個人向けのサービスがあります。両方とも基本的なサービスの仕組みは同じですが、契約形態が多少異なります。

法人向けの車のリースには、大きく分けると「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つの契約形態があります。

ファイナンスリースとは、車を調達することを主な目的として利用される形態で、車両代と車の購入時にかかる税金や初期費用などのみが毎月のリース料金に含まれます。つまり、契約期間中に発生する税金や保険料、車検代、メンテナンス代などは契約者である法人がその都度自分で用意して支払っていくということです。

一方、メンテナンスリースとは、車の購入にかかる費用だけではなく、契約期間中に生じる税金や保険料、車検代、メンテナンス代などがすべて月々の料金に含まれるサービスです。単に車を調達するためだけではなく、車の維持管理の手間を省くためにも利用されます。

現在は、利便性の高いメンテナンスリースが法人向けサービスの主流となっています。

個人向けの車のリースは、上記のファイナンスリースとメンテナンスリースの中間くらいのサービス内容になっていることが多いです。オプションやパックという形でサービスを追加して、メンテナンスリースにかなり近い形態を楽しめるようになっている場合もあります。

 

必ず知っておきたい車のリースのメリット・デメリット

ここで、車のリースのメリット・デメリットをご紹介します。

車のリースのメリット

車のリースの大きなメリットは、毎月定額のリース料に車両代だけではなく各種税金や自賠責保険料、車検基本料などが含まれているため、家計の管理が楽であるということです。つまり、車に関係する出費が安定します。

別のメリットとして、頭金が基本的に不要で、新車登録時にかかる諸費用もリース料に組み込まれているため、まとまった初期費用をかけずに新車に乗り始められるということがあります。

また、プランによって消耗部品の交換などのメンテナンスもカーリース会社にお任せできるので、車にあまり詳しくない方でも安心して利用できます。

車のリースのデメリット

車のリースのデメリットは、車の使用に一定の制限があるということです。車の所有者はあくまでもカーリース会社だからです。

例えば、走行距離に制限が設定され、それを超過した場合には契約満了時に追加料金が発生してしまいます。また、車の自由なカスタマイズや改造はできません。さらに、車の損耗状態によっては契約満了時に精算金が発生してしまいます。

ですが、カーコンカーリースもろコミの場合は、最後に車がもらえるサービスとなっていますので、このような使用の制限について心配する必要はありません。

別のデメリットは、原則として中途解約ができないことです。やむを得ない事情で解約する場合には、高額な違約金がかかるのが一般的となっています。

この点においても、カーコンカーリースもろコミでは、契約開始から一定の年数経過後に自由に車の返却や乗り換えができるようになるシステムにしており、このデメリットのリスクも軽減しています。

 

デメリットを解消!カーンカーリースもろコミのカーリースとは

カーコンカーリースもろコミのカーリースとは、頭金0円、月々わずか8,000円(税込)~の料金で新車に乗れる今人気上昇中のお得なサービスです。

車のリースとはいえ、契約満了までのご利用で車をそのまま差し上げております。このため、走行距離制限について気にする必要はございませんし、車の返却時の面倒な精算手続きも不要です。

精算手続きというのは、返却車両の査定額が契約時に設定した車両の残価に届かなかった場合に、その差額を精算する(請求する)ということです。カーコンカーリースもろコミではそもそも車を返却していただく必要がございませんので、そのような請求が発生することはありません。

このため、長い距離を走り続けて車を酷使したとしても、ペットを乗せてにおいが残ってしまったとしても、タバコのにおいやヤニが車内についてしまったとしても、追加費用が発生することを心配する必要がないのです。安心して車をご利用ください。

車もお支払いプランも自由にお選びいただけます。国産乗用車全車種に対応しておりますし、お支払い期間は9年(もろコミ9)と7年(もろコミ7)から選択できます。もろコミ9は契約開始から7年経過後、もろコミ7は5年経過後から原則解約金なしで自由に車の返却や乗り換えができるようになります。

※PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両除く

 

カーコンカーリースもろコミは「専用保険」があるので全損事故時も安心!

リースした車で全損事故を起こすと、契約の継続が不可能になるため、自動的に解約となってしまいます。その際には、高額な違約金が発生します。しかも、原則として一括で支払うことが求められます。

このため、万一に備えて車両保険付きの任意保険に加入しておくことが重要となりますが、一般的な保険ですと違約金全額をカバーできないケースがあり、万全とは言えません。

でも、カーコンカーリースもろコミでは、全損事故時の中途解約費用の全額が補償される「リースカー専用 自動車保険」をご用意しておりますので、ご安心ください。

もちろん、現在ご加入中の自動車保険の等級(ノンフリート等級)による保険料割引も、引き継ぎ可能となっております。ぜひ、ご利用ください。

「リースカー専用 自動車保険」について詳しく見る

 

一般的な車のリースとは一味違う!カーコンカーリースもろコミはオプションも豊富に合意!

カーコンカーリースもろコミでは、オプションも豊富にご用意しております。具体的には、「メンテナンスパック」、「メンテナンスパックライト」、「カーアクセサリーセット」をご利用いただけます。以下で、その具体的な内容をご紹介いたします。

メンテナンスパック(月々税込2,750円~)

内容 もろコミ9 もろコミ7
タイヤ4本セット 1回 1回
バッテリー交換 2回 1回
エンジンオイル交換 8回 6回
オイルエレメント交換 8回 6回
オートマチックオイル交換 2回 1回
ブレーキオイル交換 3回 2回
ブレーキパッド交換 1回 1回
Vベルト交換 1回 1回
LLC交換 3回 2回
点火プラグ交換 1回 1回
ワイパーゴム交換 3回 2回

※メンテナンスパックは軽自動車(軽商用車を除く)のみ、適用可能です。

※もろコミ9ともろコミ7ではメンテナンス回数が異なります。

メンテナンスパックライト(月々税込1,320円~)

内容 もろコミ9 もろコミ7
エンジンオイル交換 17回 13回
オイルエレメント交換 8回 6回

※メンテナンスパックライトは軽乗用車・軽商用車に適用可能です。

※もろコミ9ともろコミ7ではメンテナンス回数が異なります。

カーアクセサリーセット(月々税込2,200円~)

・カーナビ(もろコミ9、もろコミ7)

・バックアイカメラ(もろコミ9、もろコミ7)

・ETC(もろコミ9、もろコミ7)

・フロアマット(もろコミ9、もろコミ7)

・ドアバイザー(もろコミ9、もろコミ7)

※カーアクセサリーセットは一部ご利用いただけない車種があります。

カーコンカーリースもろコミのオプションについて詳しく見る

 

カーコンカーリースもろコミの全プランをご紹介!

カーコンカーリースもろコミの全プランの詳細は下記の通りです。

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。
※返却の場合には、走行距離制限を超えていたり、おクルマの損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ただし、ご契約満了の場合はクルマがもらえるので、どのような状態でも清算金は発生しません。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミをご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミご成約特典

新車をご成約いただいた方の快適で安心なカーライフをサポートするグッズやサービスのご成約特典が「もろもろコミコミ」でついてくる!

この機会をお見逃し無く!

カーコンカーリースもろコミご成約特典の詳細はこちら

■即納車

カーコンカーリースもろコミでは、ご契約後、最短14日でお客様の元へ車両をお届けできる「即納車」もご用意しております!

「納車されるまで何ヶ月も待てない」「急ぎで車が欲しい」などお急ぎの方はぜひご検討ください。

即納できるおクルマについてはこちらからご確認いただけます。

※即納車は地域によってご対応できない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。
※即納車は台数に限りがございます。ご商談・ご契約のタイミングによっては在庫状況が変動する場合がございますので、予めご了承願います。

■もろコミ中古車リース

「もろコミ中古車リース」では、もろコミ厳選の輸入中古車に、安心の車両保証を付けてリースいたします。頭金不要、登録諸費用も諸々がコミコミで、乗り出し費用0円でお車にお乗りいただけます。

カーリースプランは、標準でご契約期間7年(84回)、お支払い方法も、お客様のご希望に応じて自由に設計していただけます。さらに、「残価設定0円」としておりますので、ご契約満了でお車をそのまま差し上げます!

※中古車リースについては、新車のリースプランと異なり、継続車検・メンテナンスやカーアクセサリーの各種オプションプラン、契約満了2年前の返却をお選びいただけません。
​※お車の在庫状況によっては、お申し込みをお引き受けできない場合がございます。​

もろコミ中古車リースの詳細についてはこちらから

今回は、車のリースとはどんなサービスなのか、今話題のおすすめのカーコンカーリースもろコミのカーリースとは何なのかなどについて見てきました。車のリースとは、一言でいうと「新しい形の手軽な車との付き合い方」です。ぜひ、あなたも利用を検討してみてください。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

※2021年4月時点の情報です。

※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。

※本コラムに掲載の内容は、2021年4月1日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。