• TOP
  • お役立ちコラム
  • 車のリースとレンタルにはどんな違いがある?それぞれに向いている人をご紹介

車のリースとレンタルにはどんな違いがある?それぞれに向いている人をご紹介

2020年08月10日

車を借りるサービスには「リース」と「レンタル」がありますが、違いを正しく理解していますか?リースとレンタルの違いを解説するとともに、それぞれに向いているのはどういう人かを説明します。失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

車のリースとレンタルの違いとは

リースもレンタルも車を借りるサービスである点は同じですが、本質が大きく異なります。まずは車のリースとレンタルの違いをはっきりさせておきましょう。

利用期間

カーリース会社やプランにもよりますが、車のリースは5年や7年、9年など「長期間の契約」が一般的です。一方レンタルは数時間、1日、1週間など「短期間の契約」が一般的です。

車検証上の使用者

リースした場合、車の所有者は「カーリース会社」、使用者は「契約者」となります。一方レンタルは、所有者・使用者ともに「レンタル会社」となります。

利用者

車のリースは、「特定の人」に長期間貸し出すサービスです。したがって、基本的に利用者は契約者のみとなります。一方レンタルは、「不特定多数の人」が利用します。

ナンバー

リースした車には、一般的な「自家用車と同じナンバー」が付与されます。外見上、リースした車であることは分かりません。一方レンタルは「わ」になりますので(一部北海道では「れ」も)、外見上レンタルした車であることが分かります。

料金設定と内訳

リースは「1カ月ごと」にリース料金を支払います。リース料金には車両本体価格や各種税金、自賠責保険料なども含まれます。また、ガソリン代など車の維持に必要な費用はすべて契約者が負担します。

一方レンタルは「1時間」など時間単位で料金が発生します。レンタル料金に含まれるのはレンタル代(保険加入を選択した場合は保険代も)のみが基本です。ただし返却の際ガソリン満タンにするといったルールもあります。メンテナンスなど車の維持にかかる費用はレンタル会社が負担します。

メーカー・車種

一部取り扱いのないメーカーや車種もありますが、基本的にリースは国産メーカーであれば全車種対応なので、好きな車を選ぶことができます。一方レンタルは、予約時点または実際に借りる時点でレンタル会社の在庫に残っている車種が割り当てられるため選べません。

利用するタイミング

車をリースした場合、契約期間中は専有できいますので、24時間365日いつでも乗ることができます。一方レンタルは、使いたい日時に空車がなければ利用できません。人気の週末や連休中などは、どこもいっぱいで借りられないこともあります。

 

車のリースとレンタルはそれぞれどんな人に向いている?

車のリースとレンタル、それぞれどういった人に向いているのかをまとめました。自分がどちらに該当するか、迷ったときの目安にしてください。

車のリースに向いている人

車のリースに向いているのは「自分だけの車がほしい人」です。その中でも特に「頭金など初期費用を抑えて新車に乗りたい」「月々の支払いを均等にして家計を安定させたい」といった人は、まさにリースが最適です。

ほかにも「好きなメーカーや車種、グレードの新車に乗りたい」「長期間、自分の車のように乗りたい」「学生の間だけなど、数年間だけ車がほしい」「メンテナンスや車検、税金の支払いといった管理が苦手」こうした人にも車のリースがおすすめです。

車のレンタルに向いている人

車のレンタルに向いているのは「一時的に車が必要な人」です。ちょっとした買い物、連休中の旅行、引っ越しなどで「数時間、数日だけ車を使いたい」という人はレンタルを選びましょう。

「車種にこだわりはない」「不特定多数の人が使っていても気にならない」「ガソリン代や駐車場以外の維持費は払いたくない」「車には滅多に乗らない」といった人もレンタルがおすすめです。

 

車を持つならカーコンカーリースもろコミがおすすめ!

同じ車を借りるサービスでも、リースとレンタルには大きな違いがあることがお分かりいただけたのではないでしょうか?カーコンビニ倶楽部株式会社のカーコンカーリースもろコミは「新しい車の乗り方」として注目を浴びている個人向けカーリースサービスです。

業界トップクラスのトータルサービス!

カーコンカーリースもろコミは「頭金0円」はもちろん「登録時諸費用」や乗っている間の「車検基本料」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」すべてがコミコミでお支払いに含まれています。これらを毎月均等にお支払いいただくだけなので、車検や納税でまとまった費用を工面しなければ…といった不安や負担もありません。

お支払いプランもイロイロ!

業界最安クラスの「月々税込8,000円〜」や、お客様のご予算、ライフプランによって選べる「自由設計」まで幅広くご用意しています。文字通り「無理なく」ご利用いただけるカーリースです。

なんと車が「もらえる」カーリース!

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」といった各種プランでは、契約満了までのご利用で車を差し上げています。リースした車なのに、最終的は正真正銘お客様ご自身の車となるのです。最初から購入したときと同じように、愛着を持って乗り続けていただけるはずです。

リース期間中の返却・乗り換えもOK!

一般的なカーリースでは、リース期間中に返却・乗り換えをしようとすると多額の解約金が発生することがあります。ところがカーコンカーリースもろコミは「もろコミ9」「もろコミ7」それぞれ契約満了2年前から、返却や次の新車への乗り換えができるのです。急なライフスタイルの変化などにも柔軟に対応できるカーリースとご好評いただいています。

 

自由設計もできる!カーコンカーリースもろコミのプラン

最後に、カーコンカーリースもろコミの各種プランについて詳しく紹介します。

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。
※返却の場合には、走行距離制限を超えていたり、おクルマの損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ただし、ご契約満了の場合はクルマがもらえるので、どのような状態でも清算金は発生しません。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミをご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミご成約特典

・期間:2020年7月1日(水)~9月30日(水)
・条件:2020年7月1日(水)~9月30日(水)の間にWEBからカーコンカーリースもろコミをお申し込みいただき、ご契約をされた方
・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック 除菌抗菌スプレーをプレゼント。

カーコンカーリースもろコミご成約特典の詳細はこちら

なお、カーコンカーリースもろコミでは、ご契約後、最短14日でお客様の元へ車両をお届けできる「即納車」もご用意しております!

「納車されるまで何ヶ月も待てない」「急ぎで車が欲しい」などお急ぎの方はぜひご検討ください。

即納できるおクルマについてはこちらからご確認いただけます。

※即納車は地域によってご対応できない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。
※即納車は台数に限りがございます。ご商談・ご契約のタイミングによっては在庫状況が変動する場合がございますので、予めご了承願います。

カーコンカーリースもろコミは「車がもらえる」「成約特典が付いてくる」「リース期間中の返却・乗り換えがOK」「支払いプランを自由に設計できる」など、あらゆるニーズを持つすべてのお客様にとって「利用しやすい」カーリースです。車のリースを検討中の方は、ぜひカーコンカーリースもろコミをご利用ください!

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2020年8月時点の情報です。
※本コラムに掲載の内容は、2020年8月10日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。