カーリースなら税金が不要?リース料に含まれる費用や仕組みを徹底解説

更新日:2021年11月13日 作成日:2018年05月28日

クルマの購入時や購入後には消費税をはじめとするさまざまな税金が課されます。今回はカーリースを利用した場合の税金について、その種類や納税のタイミングなどを解説するとともに、カーコンカーリースもろコミのリース料金例などをご紹介します。消費税の増税に関連する内容も掲載していますので、カーリースの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

税金や諸費用がコミコミ!毎月定額で車購入

カーコンカーリースもろコミなら月々のリース料に税金や諸費用がもろもろコミコミ!月々の支払いをおさえたい、車をラクに維持したい人は今すぐカーコンカーリースもろコミへ。

諸費用コミコミのカーリースとは?

諸費用コミコミで車が楽に維持できると言われているカーリースですが、毎月のリース料には何が含まれているのでしょうか。

月々のリース料金に含まれる費用を詳しく見ていく前に、まずカーリースはどのようなサービスなのかをご紹介しましょう。

カーリースとレンタカーやカーシェアの違いも併せて説明します。

カーリースとはどんなサービス?

カーリースとは、契約者が一定のリース料金をカーリース会社に毎月支払うことで、好きな新車をマイカーのように利用できるサービスです。リースに使用する車は契約者が選び、カーリース会社が代理で購入します。

月々支払うリース料金には法定費用など、カーライフに不可欠な維持費が含まれています。また、購入のように頭金や初期費用を別に支払う必要がなく、月々の定額料金のみで新車に乗ることができるため、新しい車の乗り方として近年注目を集めています。

カーリース会社によっては契約期間中の車検基本料も含まれますが、タイヤやバッテリーなど消耗部品の交換は基本的に契約者が行います。しかし、オプションでメンテナンスプランを提供しているカーリースも多く、オプションを追加すればメンテナンスの費用もコミコミにできるため、毎月の車に関する支払いをできるだけフラットにすることも可能です。

レンタカーやカーシェアとの違いは?

カーリースはレンタカーやカーシェアと違って、一台の車をマイカーのように占有することができるのが特徴です。

車の名義としてはカーリース会社が所有者になりますが、使用者は契約者となり、自宅又は自分で契約した駐車場に保管します。リース車を利用するために予約をしたり、他の人とシェアしたりすることはなく、24時間365日いつでも好きなときに車に乗ることができるのです。

また、レンタカーやカーシェアで利用する車は、それぞれの会社が用意したものの中から選ぶことになりますが、カーリースでは契約者が好きな車種を選択することができるのもレンタカーやカーシェアとの大きな違いといえるでしょう。

車のナンバーも自分で購入した場合と同じ通常のもので、レンタカーのように「わ」ナンバーにはなりません。第三者からカーリースであることが分からないという点でもレンタカーやカーシェアと異なります。

なお、カーリースでは希望ナンバーを申し込むこともできます。

 

カーリースする際にかかる税金は?消費税以外にもある

税金といえば消費税を浮かべる人が多いと思いますが、カーリース、ローン購入などクルマの所有方法を問わず、クルマには一般的に次のような税金がかかってきます。

1 自動車税(種別割)

毎年、4月1日0時のタイミングでクルマの所有者になっている人にかかってくる税金です。環境性能割と同じように、都道府県(軽自動車の場合は市区町村)に納める税金です。税額は、軽自動車が10,800円、普通自動車が1,000cc以下の29,500円から6,000cc超の111,000円まで、排気量によって細かく分類されています。なお、軽自動車は正しくは「軽自動車税(種別割)」と呼称します。

2 自動車重量税

クルマの重量によって分類されている税金で、車検時に支払うものです。乗用車の例で言うと、新車購入時から3年と、それ以降は2年ごとに支払っていきます。税額は、軽自動車は一律ですが、普通自動車は0.5トンごとに8,200円から75,600円まで課税額が変わります。なお、新車登録から13年と18年が経過すると税率が上がる仕組みになっています。

3 環境性能割

自動車取得税が廃止され2019年10月以降から適用されるようになった税金です。

環境性能割は燃費性能に応じて登録車は0~3%、軽自動車は0~2%課税されます。

例えば電気自動車や2020年度燃費基準+40%達成車は非課税で、燃費性能が悪くなるにつれ税率が上がっていく仕組みになっています。

4 消費税

車両本体価格やオプションなどの装備品に対してかかってくる税金です。ローンやカーリースを利用している場合、毎月の支払いに対して消費税がかかってきます。

5 印紙代

カーリースでは原則として契約時に車庫証明が必要です。車庫証明の費用や車検の費用は印紙で納めます。こうした印紙代も必要な法定費用の一種です。

カーリースには、主にこのような税金などがかかってきます。細かいところで言えば、ほかに給油時のガソリン税(軽油引取税)、駐車場にかかる消費税なども必要です。

 

カーリースの月額料金に税金は含まれる?

カーリースは、冒頭でも簡単に説明したように定額料金の支払いのみで新車が利用できるサービスです。一般的にカーリースの料金には、先に挙げた車の維持に欠かせない各種税金や自賠責保険料、印紙代などが含まれています。

そのため、購入時に必要になる新車登録時の諸費用が不要であることはもちろん、リース契約期間中はリース料金と別に自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料を用意する必要はありません。

税金を別途用意する必要がないから家計が楽!

しかし、「カーリースなら車関連の税金がいらない」というわけではありません。誤解されやすい部分なのですが、自動車税(種別割)などの各種税金はリースの料金に含まれている、ということは、実際は契約者が税金を払っている(負担している)ことになるのです。

購入では税金が必要で、リースであれば税金が不要、というわけではありません。

ただ、カーリースでは月々定額の支払いに税金も含まれているので毎年5月の自動車税(種別割)の納税時期や、自動車重量税と自賠責保険を納めなければならない車検時にまとまった金額を用意する必要がないため、納税月や車検月に負担を感じることがないのが大きな魅力といえるでしょう。家計が安定するため、家計管理も楽になります。

カーリースの料金には税金以外にも含まれている費用がある!

カーリースの料金には各種税金以外にも自賠責保険料、印紙代が含まれているほか、カーリース会社によっては車検基本料が含まれているケースもあります。

さらに多くのカーリース会社がオプションプランを用意しており、オプションプランの追加によってETCやナビなどのカーライフに必要なアイテムやメンテナンスの費用もリース料金にまとめられるため、ほとんどの車の維持費をコミコミにすることも可能です。

なお、カーコンカーリースもろコミでは、ドライブレコーダーやカーナビ、ETCなど安心して快適なカーライフを送るための必須アイテムを用意した「カーアクセサリーキット」のほか、メンテナンスの充実度に応じて選択できる2種類のメンテナンスパックを用意しています。

※メンテナンスパックは軽自動車のみ適用となります(ただし、特選車を除く)

 

カーリース中の税金の納め方

カーリース中、これらの税金はいつ、だれが、どのタイミングで納めることになるのでしょうか?

ポイントになってくるのは「所有者」です。カーリースでは、車検証の「使用者」は契約者本人ですが、カーリース期間中の「所有者」はカーリース会社になります。

そのため、自動車税、自動車重量税、消費税などはカーリース会社が納めることになります。

納税のタイミングと納める義務がある人は次の通りです。

自動車税               毎年5月ごろにカーリース会社が納める

自動車重量税  新車登録時および車検ごとにカーリース会社が納める

環境性能割 新車登録時にカーリース会社が納める

消費税                 使用者(契約者)本人が、その都度支払う

※各種納税証明書などはカーリース会社から送られてくるはずです。車検や確定申告といったタイミングで必要になりますので、失くさないように保管しておきましょう。

カーリースなら納税忘れや車検切れの心配がない!

このように、カーリースでは基本的には消費税を除き、カーリース会社に各種税金の支払い・管理などを任せることができます。納税などの手間が省けるのはうれしいポイントでしょう。

その上、納税を忘れる心配もありません。自動車税(種別割)の納税をうっかりと忘れてしまうと車検が受けられなくなるほか、延滞金が発生したり、最悪の場合には給与口座を差し押さえられたりすることもあります。

また、車検切れも防ぐことができるでしょう。車検の時期を忘れたり、間違って認識していたりして車検が切れてしまった場合、公道を走行することができなくなります。車検切れ・自賠責保険切れの状態で公道を走行した場合、懲役もしくは罰金が科されることに加え、即時に免許停止となります。

しかしながら、カーリースの中には、各種税金も契約者が納めなければならないケースがあります。契約内容や、毎月のリース料金に何が含まれているか、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

税金コミコミのカーリースなら新車購入時も楽?

車を購入するとなると、現金一括やローンなど支払方法にかかわらず、車両本体価格のほかに登録時の諸費用が必要になります。ローンを利用するのであれば、さらに頭金を用意しなければならないケースもあるかもしれません。

一般的には、オプションを含めた車両本体価格に消費税を加算した価格の10~20%が諸費用の目安であるといわれています。選ぶ車にもよりますが、かなりのまとまった費用が必要になるでしょう。

ここで、新車購入時にかかる諸費用を、ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」G・2WD・CVTを例に見てみましょう。

項目 価格(円)
諸費用 車両本体価格(消費税込み) 2,279,200
自動車税種別割(9月登録の場合) 15,200
環境性能割 37,200
自動車重量税 36,900
自賠責保険料 27,770
手続代行費用(参考価格 消費税込み) 47,300
預かり法定費用 6,000
リサイクル法関連費用 12,030
諸費用合計 182,400
支払総額 2,46,1,600

※ホンダ セルフ見積りにて算出(2021年8月28日時点)
※諸費用は購入時期などによって変わります。

ヴェゼルを新車で購入すると、現金一括であれば諸費用込みで2,461,600円です。ローンを組み、頭金を入れないとしても購入時に諸費用として182,400円という金額が必要になります。

その点、カーリースでは諸費用がリース料金に含まれているため、カーコンカーリースもろコミの9年リースのプラン「もろコミ9」であれば、完全均等払いで月々36,740円の支払いでヴェゼルに乗れてしまうのです。まとまった資金がなくても新車に乗ることができるので、購入では手が届かないとあきらめていたワンランク上のモデルにも乗れる可能性も出てくるかもしれません。

 

カーリースとカーローンでは税金の扱いは異なる?

カーリースとカーローンの違いとは

カーリースでは、契約者は一定の金額を支払ってカーリース会社が購入した車を借りる仕組みで、車の所有権はカーリース会社にあります。契約者が借りているのは車であり、お金をリース会社に借りているわけではありません。

対してローンは、ディーラーもしくは金融機関などに車を購入するための代金を借り、分割して返却するというもの。所有権はどこでローンを組むかによって変わり、ディーラーローンの場合は、返済中はディーラーが所有者で、ローンの完済後は購入者に所有権が移ります。銀行でマイカーローンを組んだ場合は、初めから購入者が所有者になります。

カーローンの料金に含まれているもの

カーローンで月々返済する金額に含まれているものは、車両本体価格とオプションを追加した場合はその料金と消費税、金利手数料のみです。金利や手数料がどの程度必要かはディーラーや金融機関によって異なります。

カーローンには車の税金は含まれていない

カーリースでは車に関する税金や自賠責保険料、新車登録時に必要な諸費用が月額料金に含まれていましたが、ローンでは税金をはじめ、自賠責保険料などのカーライフに必要な維持費や新車登録時の諸費用は返済金に含まれていません。つまり、購入時には諸費用としてある程度大きな金額を用意しなければならず、さらに月々のローンの金額に加えて納税月や車検月にはその都度別途支払わなければならないのです。

カーリースでは毎月定額の支払いのみで車に乗れることに対し、ローンは毎月の返済額に加えて別途維持費が必要になる、これがカーリースとカーローンの大きな違いであるといえるでしょう。

 

カーリース利用中に消費税が増税したらどうなる?

ところで、リース期間中に消費税が増税された場合、それ以降の支払い金額も増えてしまうのでしょうか?

カーリースのプラン設計により異なりますが、カーコンカーリース「もろコミ」では、2019年10月1日から消費税が8%から10%への増税された際、2019年9月末日までにリース開始となった場合は、カーリースのご契約が満了となるまで、8%のままとさせていただきました。

2019年10月1日以降は、ご契約満了まで10%となりますが、10月1日以降廃止された自動車取得税や、新たに追加された環境性能割のおかげで、さほど大きな差にはならないのではないでしょうか。

 

カーコンカーリースもろコミは税金もコミコミ!

カーコンカーリースもろコミは、業界トップクラスのトータルサービスでお客様の快適で安全なカーライフをサポートするカーリースです。

おクルマの維持に必要な税金はすべて、毎月のお支払いプランに含まれていますのでご安心ください。

※カーコンカーリースもろコミに含まれている税金

1 自動車税

2 自動車重量税

3 環境性能割

4 消費税

リース期間中に必要なこれらの維持費を毎月均等にお支払いいただくことで、納税による一時的な多額の出費を回避できます。

また、税金のほかにも、乗っている間の「車検基本料」や「自賠責保険料」が含まれています。ローン購入した場合は「その都度」支払う必要があるこれらの諸経費を、毎月一定額ずつ支払っていくだけなので家計が安定し、将来を見据えた予算が組みやすくなります。

 

「税金もコミコミ」のカーコンカーリースもろコミはメリット満載のカーリース!

カーコンカーリースもろコミは各種税金もコミコミなので、うっかり忘れてしまう心配がなく安心です。しかしそれ以外にもたくさんのメリットがあり、これから車の購入を考えている方にぜひとも検討していただきたいおすすめのサービスです。

残価設定0円!

一般的なカーリースでは、契約満了時のリース車の見なし査定価格である残価を設定し、予め車両代金から残価を引いてリース金額を算出します。この場合契約満了時には残価が残っている状態になるため、リース車は原状回復して返却しなければなりません。返却時の車の状態や中古車市場の相場によっては、査定額が残価を下回るケースがあり、そうなると契約者は精算金の支払いを求められることになります。

対して、カーコンカーリースもろコミは、残価0円。残価設定がないので、残価精算のトラブルとは無縁です。

カーリースなのに車がもらえる

カーコンカーリースもろコミでは残価設定がないため、契約満了時にはすべての車両代金のお支払いが済んでいる状態です。したがって、車は返却する必要はありません。そのまま差し上げているので、カーリースであっても最終的には車が自分のものにできるのです。

そのため、走行距離制限を気にすることなく遠出していただいたり、車内の汚れやにおいなどを気にすることなく愛犬などのペットとのドライブを満喫していただいたりすることも可能。より自由度の高いカーライフを存分に楽しんでください。

一定期間を経過すると乗り換えや返却ができる

カーコンカーリースもろコミでは、「もろコミ7」「もろコミ9」のいずれのプランでも契約満了の2年前から解約金なしで乗り換えや返却ができます。

カーリースでは原則として、契約途中での契約期間の変更や中途解約はできないため、転勤などで引っ越す可能性がある、ライフステージの変化に対応できるか不安、という方でも安心してご利用していただけるのではないでしょうか。

国産乗用車全車種から好きなクルマが選べる

カーコンカーリースもろコミでは、国産乗用車全車種からお好きなクルマをお選びいただけます。月々定額で頭金などの初期費用が不要なため、リース料の支払いが可能であればワンランク上のクルマに乗ることも可能です。

最近では燃費性能が飛躍的な上がっているハイブリッド車も増えていますが、車両価格が割高なのがネックになっています。しかしカーコンカーリースもろコミなら月々の無理のないお支払いで手に入れることが可能です。

自分で支払うことになる税金はガソリンの消費税ですが、燃費性能のよいクルマを選ぶことで負担を減らすことにもなります。

※PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両除く

豊富なオプションプランで快適カーライフ

カーライフを快適にする豊富なオプションもカーコンカーリースもろコミならではの魅力です。後付けにするとまとまったお金を用意する必要のあるカーナビやバックアイカメラ、ETCなど含まれたアクセサリーセットは月々税込2,200円~でリース料に組み込むことができます。

さらにクルマのプロにメンテナンスをお願いできる「メンテナンスパック」や、オイル交換など基本的なことだけお願いしたい方のための「メンテナンスパックライト」もご用意していますのでニーズに合わせてお選びください。

豊富なオプションの詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

万が一の事故でも安心!リースカー専用自動車保険

クルマの運転に付き物の万が一の事故。全損事故でカーリース契約が強制解約になると大変です。万が一に備えてリースカー専用自動車保険もご用意し、リース期間中の安心、安全をしっかりとサポートします。

リースカー専用自動車保険の補償内容はこちらをご覧ください。

 

カーコンカーリースもろコミは月々税込8,000円~!さらにお得なキャンペーンも実施中!

今回は、カーリースを利用した場合の税金について、その種類や納税のタイミング、消費増税についての捉え方などと併せて、カーコンカーリースもろコミに含まれる税金をご紹介してきました。

おクルマの維持に必要な各種税金が含まれているにも関わらず、カーコンカーリースもろコミではこんなにお得にカーリースをご利用いただくことができます。

人気の車種とそのお支払い例をご紹介します。

スズキ ワゴンR F 2WD 5MT

スズキ「ワゴンR」は軽ハイトワゴンのパイオニアといえる存在で、広く使い勝手の良い室内空間、こまごまとしたかゆいところに手が届くようなポケッテリアなど、ユーティリティーの高さが自慢のモデルです。

もろコミ9

ボーナス併用払い 月々9,350円(税込)、ボーナス払い55,000円(税込、年2回)

均等払い 月々税込18,480円(税込)

もろコミ7

ボーナス併用払い 月々12,540円(税込)、ボーナス払い55,000円(税込、年2回)

均等払い 月々税込21,670円(税込)

ダイハツ タントL 2WD CVT

助手席側のセンターピラーをスライドドアに内蔵し、ピラーレスとすることで大開口を実現した「ミラクルオープンドア」を標準装備するダイハツ「タント」。乗降性の高さ、荷物の積み込みやすさに定評があります。

もろコミ9

ボーナス併用払い 月々11,900円(税込)、ボーナス払い55,000円(年2回)

均等払い 月々税込11,900円(税込)

もろコミ7

ボーナス併用払い 月々13,970円(税込)、ボーナス払い66,000円(税込)

均等払い 月々24,970円(税込)

ダイハツ ムーヴ キャンバス X SA III 2WD CVT

ワーゲンバスのようなキュートなエクステリアが女性に大人気。インテリアもスタイリッシュさが際立ち、おしゃれな軽自動車が欲しい方におすすめの一台です。

もろコミ9

ボーナス併用払い 月々11,220円(税込)、ボーナス払い66,000円(税込)

均等払い 月々22,000円(税込)

もろコミ7

ボーナス併用払い 月々13,530円(税込)、ボーナス払い77,000円(税込)

均等払い 月々26,290円(税込)

スズキ スペーシア HYBRID G 2WD CVT

窮屈さを感じさせない広々とした室内空間と、クラストップレベルの低燃費を実現していることに加え、スーツケースをモチーフにしたユニークなデザインが人気の軽スーパーハイトワゴンです。

もろコミ9

ボーナス併用払い 月々12,430円(税込)、ボーナス払い55,000円(税込)

均等払い 月々21,670円(税込)

もろコミ7

ボーナス併用払い 月々14,520円(税込)、ボーナス払い66,000円(税込)

均等払い 月々25,520円(税込)

いかがでしょうか?各種税金込みで、毎月1万円台で、ワゴンRなら1万円未満で新車にお乗りいただくことができます。

なお上記は概算です。車両本体価格の変更やオプションの有無で変動するほか、お客様がご予算に応じてお選びいただける「自由設計」もご用意していますので、お気軽にご相談ください。

 

カーコンカーリースもろコミの全プランはこちら!

最後にカーコンカーリースもろコミの全プランをご紹介します!

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。
※返却の場合には、走行距離制限を超えていたり、おクルマの損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ただし、ご契約満了の場合はクルマがもらえるので、どのような状態でも清算金は発生しません。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。」

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミをご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミご成約特典

新車をご成約いただいた方の快適で安心なカーライフをサポートする グッズやサービスのご成約特典が「もろもろコミコミ」 でついてくる!

この機会をお見逃し無く!

カーコンカーリースもろコミご成約特典の詳細はこちら

■即納車

カーコンカーリースもろコミでは、ご契約後、最短14日でお客様の元へ車両をお届けできる「即納車」もご用意しております!

「納車されるまで何ヶ月も待てない」「急ぎで車が欲しい」などお急ぎの方はぜひご検討ください。

即納できるおクルマについてはこちらからご確認いただけます。

※即納車は地域によってご対応できない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。
※即納車は台数に限りがございます。ご商談・ご契約のタイミングによっては在庫状況が変動する場合がございますので、予めご了承願います。

■もろコミ中古車リース

「国産」中古車リース

国産中古車リースは、もろコミ厳選の国産中古車が頭金不要・登録諸費用も諸々コミコミ。さらに安心の車両保険を付けてリースいたします。修復歴なし、納車前に細かく点検を行いますので、安心してお車にお乗りいただけます。

また、「残価設定0円」となっておりますため、ご契約満了でお車をそのまま差し上げます。そのためリース期間中のカスタマイズや汚れや臭い、さらには走行距離などを気にすることなくお好きなようにお楽しみいただけます。

ご来店不要で、最短3週間程度での納車となっておりますので、お急ぎの方も安心してご利用ください!

カーリースプランは、標準でご契約期間6年(72回)となっております。

もろコミ中古車リース「国産中古車リース」の詳細についてはこちらから

※中古車リースについては、新車のリースプランと異なり、継続車検・メンテナンスやカーアクセサリーの各種オプションプラン、契約満了2年前の返却をお選びいただけません。
​※お車の在庫状況によっては、お申し込みをお引き受けできない場合がございます。​

「輸入」中古車リース

輸入中古車リースでは、もろコミ厳選の輸入中古車に、安心の車両保証を付けてリースいたします。頭金不要、登録諸費用も諸々がコミコミで、乗り出し費用0円でお車にお乗りいただけます。

カーリースプランは、標準でご契約期間7年(84回)、お支払い方法も、お客様のご希望に応じて自由に設計していただけます。さらに、「残価設定0円」としておりますので、ご契約満了でお車をそのまま差し上げます!

※中古車リースについては、新車のリースプランと異なり、継続車検・メンテナンスやカーアクセサリーの各種オプションプラン、契約満了2年前の返却をお選びいただけません。
​※お車の在庫状況によっては、お申し込みをお引き受けできない場合がございます。​

もろコミ中古車リースの詳細についてはこちらから

クルマの維持にかかる税金や諸費用が月々のリース料にコミコミのカーリースは、家計管理がラクになる賢いクルマの持ち方!お客様満足度97%のカーコンカーリースもろコミをご利用ください!

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2021年11月時点の情報です。
※本コラムに掲載の内容は、2021年11月1日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。

お申込み前にご確認ください

お手元に免許証をご用意のうえ、
必ず申込になるご本人様がお申し込みください。 (受付時間:10:00〜18:00(年末年始除く))

  • ご入力内容をもとに所定の審査をさせていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込いただいた車両が自動車メーカーの在庫状況やモデルチェンジ等によりお引受けできない場合、審査前に当社または当社提携先のリース会社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • お申込者の年齢条件は、申込時原則20歳以上、75歳以下の方となります。
  • 審査可決後、オプション変更等でリース料が変更になった際は、再度審査させていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もあります。
弊社提携リース会社「個⼈情報の取り扱いに関する同意事項」に同意する
電話をかける

こちらのQRコードを読み取り、お申し込みをお願いします。