• もろコミマガジンTOP
  • 個人事業主は車を購入するよりリースした方がお得?リースのメリットを解説

個人事業主は車を購入するよりリースした方がお得?リースのメリットを解説

更新日:2021年07月30日 作成日:2019年08月24日

個人事業主は、車を購入するよりもリースした方がお得な価格で利用できるものなのでしょうか?今回は、個人事業主が車をリースするメリットや注意点について解説します。

諸費用込ですべて経費計上可!月々定額で車購入

頭金なし、イニシャルコストを抑えて社用車の調達可能!月々のリース料に諸費用もろもろコミコミなので管理の負担軽減、節税効果も期待大!かしこい車の購入は「もろコミビジネスカーリース」へ。

車のリースの仕組み

車のリースは、毎月リース料を支払うことでカーリース会社から車を定められた期間貸し出してもらえるサービスです。数年にわたる長期の契約が可能で、事業用に継続して車を必要とする個人事業主にも多く利用されています。

リース車は店舗の在庫の中から選ぶわけではなく、契約成立後にカーリース会社がディーラーに車を発注するという流れになります。このため、契約者は購入の場合と同じように様々なメーカーや車種から自由に車を選ぶことができますし、オプションも付けられます。

リース車の所有者はあくまでもカーリース会社ですから、契約満了時に車をカーリース会社に返却するのが基本となります。

法人や個人事業主向けの車のリースには、以下の「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2種類があります。

ファイナンスリース

リース料に車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(契約期間分)、自動車重量税(最初の車検までの分)、自賠責保険料(最初の車検までの分)のみが含まれるリースです。車検や車のメンテナンスに関わる費用は含まれません。

メンテナンスリース

リース料に車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(契約期間分)、自動車重量税(契約期間分)、自賠責保険料(契約期間分)、車検基本料、整備点検代、オイル交換代、消耗部品交換代などがすべて含まれます。ファイナンスリースにメンテナンスサービスという価値が付加されたリース形態となっています。

今ではメンテナンスリースが、法人や個人事業主向けの車のリースの主流となっています。

 

個人事業主が車のリースを利用するメリットとは

下記で、個人事業主が車のリースを利用することのメリットをご紹介します。

初期費用がかからない

車を現金一括購入する場合は大きな資金が一度に出ていくことになりますので、車をローンで購入する個人事業主は少なくありません。ただ、ローンを利用する場合は頭金が必要になることが多いので、それなりの初期費用がかかってしまいます。一方、車のリースでは基本的に頭金が不要です。そのため、初期費用をかけずに新車を調達できます。

経費計上がシンプル

車を購入した場合、固定資産として計上し、購入費用を6年間(軽自動車の場合は4年間)にわたって減価償却しなければなりません。一方、個人事業主が車のリースを利用する場合は、毎月のリース料をそのまま経費として計上するだけで済みます。

節税につながる

車のリースの月々の料金には、車両価格だけではなく各種税金や保険料なども含まれています。それをそのまま経費として計上できるわけですから、節税効果を期待できるお得なサービスだと言えます。

車の管理の手間を省ける

メンテナンスリースであれば、税金の支払いや車検、消耗部品の交換などをすべてカーリース会社にお任せできます。そのため、車の管理に時間や手間を取られたくない個人事業主におすすめです。

手軽に車の乗り換えができる

車のリースでは、契約期間が満了するごとに手軽に新車に乗り換えることができます。そのため、数年おきに車を乗り換えたい個人事業主にとってはメリットがあると言えます。

 

個人事業主が車をリースする際の注意点

次に、個人事業主が車のリースを利用する際の注意点をご紹介します。

原則として中途解約ができない

車のリースは基本的に中途解約ができません。万が一、全損事故や盗難などのやむを得ない理由で解約する場合には、残期間のリース料全額(未経過費用は差し引かれる)を一括で支払わなければならないのが一般的なルールです。残期間の長さによっては相当な出費になりますので、注意しましょう。

対策として、中途解約になった場合の費用を負担してもらえるような任意保険のプランに加入しておくこともできます。

走行距離に制限がある

車のリースでは、契約時に予定走行距離を設定するのが一般的です。契約満了時の走行距離がそれを超過していた場合は、超過距離に応じて追加請求が発生します。ですから、個人事業主の方は、自分の車の用途に合った走行距離のリースプランを選ぶのが大切です。

 

個人事業主が車のリースをするなら「もろコミビジネスカーリース」がおすすめ!

個人事業主で車のリースをお探しの方には、「もろコミビジネスカーリース」がおすすめです。

「もろコミビジネスカーリース」は、頭金(イニシャルコスト)が0円で、登録時諸費用、各種税金、自賠責保険料、車検基本料がすべてコミコミの毎月定額のお支払いでご利用いただけます。お車は、国産全メーカーの商用車・乗用車からご自由にお選びいただくことが可能です。

※プラグインハイブリッド自動車、プラグインハイブリッドエレクトリックビークル、電気自動車ほか一部車種を除きます。

「走行距離が多い」、「整備に万全を期したい」、「車両管理コストをまとめたい」、「手間を省きたい」といったご要望にお応えするメンテナンスパックやお支払方法をご用意しております。個人事業主の方はぜひ、お得な価格で利用できる便利な「もろコミビジネスカーリース」をご検討ください。

「もろコミビジネスカーリース」の詳細はこちら

※2019年8月時点の情報です。
※本コラムに掲載の内容は、2019年8月24日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。

お申込み前にご確認ください

お手元に免許証をご用意のうえ、
必ず申込になるご本人様がお申し込みください。 (受付時間:10:00〜18:00(年末年始除く))

  • ご入力内容をもとに所定の審査をさせていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込いただいた車両が自動車メーカーの在庫状況やモデルチェンジ等によりお引受けできない場合、審査前に当社または当社提携先のリース会社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • お申込者の年齢条件は、申込時原則20歳以上、75歳以下の方となります。
  • 審査可決後、オプション変更等でリース料が変更になった際は、再度審査させていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もあります。
弊社提携リース会社「個⼈情報の取り扱いに関する同意事項」に同意する
電話をかける

こちらのQRコードを読み取り、お申し込みをお願いします。