カーリースなのに車がそのまま貰えるって本当?

 作成日:2021年10月03日

カーリースはイメージとしては車を借りるという形になるのですが、そのリースした車を貰って、マイカーにすることができるということを皆さんはご存知ですか。 「カーリースなのに車が貰えるってどういうこと?」と思ったかもしれませんが、カーリースではこのような仕組みが存在しています。今回は、カーリースで車がもらえる仕組みや、車を貰うための手続きなどを詳しく紹介していきます。

そもそもカーリースとは?その仕組みを簡単解説!

まずは、カーリースの仕組みを簡単に説明していきます。カーリースは契約期間中、月々の利用料を支払うことで車を利用することができるサービスです。

リース期間や車種を自由に選ぶことができ、月々の支出を利用料にまとめることができるので、新車などを購入するよりも経済的負担が小さいという魅力があります。

同じような形態でレンタカーというサービスがありますが、カーリースとレンタカーの違いとしては、途中解約ができるかどうかです。

レンタカーの場合、契約期間中に返却しても違約金は発生しません。一方で、カーリースは契約期間中の返却は認められず、返却をする場合は、違約金が発生することがあります。

車を利用するためには、「購入する」「カーシェア」「レンタカー」などの選択肢が挙げられますが、その中の1つでもある「カーリース」は、ならではの特徴やメリットがありますので、それらをよく理解したうえで、自分に合ったサービスを選ぶといいでしょう。

カーリースには、サービス特有のメリットが数多くあります。以下に、カーリースのメリットをまとめますので、確認してみてください。

①  自動車税、メンテナンス費、車検の心配が不要

カーリースでは、月々の利用料、税金、車検、メンテナンスにかかる諸費用が含まれています。そのため、支出を一定にすることができるので、急な出費で困ることはありません。また、新車を購入するときに必要な頭金などの初期費用も必要ではないので、まとまったお金を用意しなくても利用することができます。

② 自由に車を選ぶことができる

リース会社は強力な購買ルートを持っているため、カーリースの利用者は自分の好きな車種や色を選ぶことができます。無制限というわけではありせんが、選べる車の種類がとても多いというのは確実です。

③ 契約がスムーズでわかりやすい

新車を購入するとなると、面倒な書類の手続きや、車両の登録、車検、税金など数々の手間がかかります。カーリースの場合、そもそもの車両の所有者はカーリース会社側となっており、利用者はレンタルという形をとるため、そういった面倒な手続きはすべてカーリース会社に任せることができます。

カーリースには、このようなメリットがあります。車の利用方法によっては、カーリースがベストな選択肢といえるでしょう。

 

車を借りるカーリースなのに、貰えるってどういうこと?

先ほども触れましたが、カーリースは形態として、車をレンタルするということになります。それにもかかわらず、車を貰うことができるというのは不思議に思えてしまいますよね。

しかし、カーリースでは、利用した車を貰える仕組みがあります。ここでは、カーリースで車が貰える仕組みについてまとめていきます。

カーリースでは、契約期間中にリース車を利用することができます。契約期間が満了したら、基本的には車を返却することになるのですが、その際に、利用してきた車両を購入することができるプランもあるのです。

契約期間中は、車の利用者はカーリース会社からレンタルするという形をとっていましたが、契約満了後に車両を購入することで、車の所有権を利用者に移譲することができます。

このような仕組みを利用することによって、カーリースで利用してきた車に、マイカーとして乗り続けることができるようになるのです。

カーコンカーリースもろコミでの具体的な契約プランをご紹介いたします。

カーコンカーリースもろコミでご提供する全ての契約プランは、残価設定がないため契約が満了したら、車を貰うことができます。

ここまで読んで、ローンで新車を購入するのとは、どう違うのか気になりますよね。カーリースとローンの違いとしては、まず、車両購入の手続きについて、カーリースではカーリース会社が担当します。ローンの場合は、自分でディーラーと交渉しなければなりません。

その他にも、カーリースであれば頭金が不要であることや、各種税金や、プランによってはメンテナンス費をカーリース会社が納付するという点が異なります。

この仕組みに関しては、まとまったお金を用意しなくても、一定期間料金を支払い続けることによって、マイカーを手に入れることができるというメリットがあります。毎月の収入はあるけれど、車を購入するだけの出費は難しい人にはぴったりの方法ですね。

最終的にマイカーが欲しいという方でも、カーリースがおすすめです。

 

カーリース契約の満了時に車を貰うための手続きと流れとは?

ここまでカーリースで契約満了後に、リースした車両を貰うことができる仕組みについてまとめてきました。では次に、契約満了時に車を貰うために必要な手続きについて解説していきます。

まず、カーリースの利用によって最終的に車を貰うためには、契約期間満了後に車を貰うことができるプランに契約する必要があります。

「カーコンカーリースもろコミ」では、全てのプランの契約満了後、車を貰うことができます。リース期間は、7年、9年となっています。

具体的な手続きとしては、契約期間満了前に、カーリース会社から契約満了の通知が届き、満了後にどうするかを選択します。このときに、返却、乗換え、延長などの選択肢があるのですが、その中から購入orもらうという選択をして、カーリース会社に回答します。

契約満了後、カーリース会社が持っていた車の所有権を、利用者に譲渡する手続きを行います。その際には、事務手数料などが必要となります。

カーリース満了時に車を貰うための手続きに関しては、そこまで複雑なものはなく、基本的にスムーズに進めることができます。

車を貰ってからは、車検や税金、メンテナンス費なども含めた月額の利用料を支払うのではなく、必要なときに自分で負担することになります。しかし、頭金や面倒な手続きも必要なく、最終的にマイカーを手に入れることができるのは、大きなメリットです。

皆さんもカーリースを利用して、車をお得に貰ってみてはいかがでしょうか。

お申込み前にご確認ください

お手元に免許証をご用意のうえ、
必ず申込になるご本人様がお申し込みください。 (受付時間:10:00〜18:00(年末年始除く))

  • ご入力内容をもとに所定の審査をさせていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込いただいた車両が自動車メーカーの在庫状況やモデルチェンジ等によりお引受けできない場合、審査前に当社または当社提携先のリース会社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • お申込者の年齢条件は、申込時原則20歳以上、75歳以下の方となります。
  • 審査可決後、オプション変更等でリース料が変更になった際は、再度審査させていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もあります。
弊社提携リース会社「個⼈情報の取り扱いに関する同意事項」に同意する
電話をかける

こちらのQRコードを読み取り、お申し込みをお願いします。