• もろコミマガジンTOP
  • 個人向けカーリースのメリット・デメリットとは?カーリースについて徹底解説

個人向けカーリースのメリット・デメリットとは?カーリースについて徹底解説

 作成日:2021年11月20日

カーリースと言えば、法人向けのサービスであるという印象が強かったですが、最近では個人向けカーリースを利用して車を所有する人が増えています。個人向けカーリースにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?ここでは、個人向けカーリースについて徹底解説します。カーリースの利用を考えている個人の方はぜひ参考にしてください。

個人向けカーリースの仕組みとは

カーリースは利用者が乗りたい車をカーリース会社が購入し、契約期間を決めて貸出するサービスです。車の所有者はカーリース会社、車の使用者は個人で契約するあなたになります。基本的に頭金はなく、月々の決められた料金を支払うだけで手軽に新車に乗ることができるということで、注目を集めています。

車の所有者はカーリース会社ですが、利用者は自分の好きな車を選ぶことができ、契約期間中はマイカーとして使用することができます。月々の支払いには車両本体価格や登録時諸費用に加えて、車検基本料、自賠責保険料、毎年の税金などが含まれています。

カーリースの契約期間は年単位が一般的です。契約プランには、大きく分けて残価設定のあり・なしの2種類があります。残価設定とは、契約満了時の車の価値を予想して、契約満了時に残価精算する契約プランで、この残価を車両価格から引いて毎月の支払いをするので、ローンを組むよりも安くなります。

一般的なカーリースの多くはこの残価設定ありの契約プランで、契約満了時には、返却、乗り換え、契約延長(再リース)などの選択肢があります。ただし、基本的には車を返却して残価精算することが前提となります。

残価設定なしの契約プランは、残価設定しないので契約満了でカーローンのように車が無償譲渡されるプラン内容となっています。

何の契約プランでも、カーリースはレンタカーのように「わ」ナンバーにはならず、普通に車を購入した時と同じナンバーを付けることができます。車検証にも利用者の名前が載るので、カーリースしている車だということがわかりません。

 

個人向けカーリースのメリットとは

個人向けカーリースのメリットについて、さらに詳しく説明します。

まとまったお金を用意せずに手軽に新車に乗れる

現金一括、またはローンを組むにしても、初期費用としてまとまったお金を用意する必要があります。カーリースの場合、基本的に頭金が0円で、車購入時にかかる諸費用がすべて月々の支払いに含まれることになるので、まとまったお金を用意せずに手軽に新車に乗ることができます。

月々の支払額が決まっているので家計管理が安定

車を購入すると、その後、様々な費用が掛かります。自動車税、メンテナンス費用、車検費用、自賠責保険など、忘れたころに支払う時期がくるので、家計の負担となることがあります。

カーリースの場合は自動車税、メンテナンス費用、車検費用、自賠責保険など、車の維持費すべてが月々の支払額に含めることができるので、突発的な出費を抑えることができます。契約期間中はずっと定額なので、家計管理が安定するというメリットがあります。

メンテナンスなど車の維持も楽

カーリース会社の契約プランにもよりますが、メンテナンスを含んだプランや、オプションで付けておけば、点検やメンテナンスの時期に連絡が来るので安心です。うっかりして忘れてしまったり、先延ばしにしてしまったりすることがありません。定期的に点検やメンテナンスをすることによって、車を安全な状態に維持することができます。

 

個人向けカーリースのデメリットとは

メリットの多い個人向けカーリースですが、契約プランによってはデメリットもあります。デメリットについてあらかじめ知っておくと、上手に対処することができ、自分にカーリースが向いているかどうかを知ることもできるでしょう。

契約満了時の車の所有者はカーリース会社

カーリース会社から車を借りている状態なので、契約満了時の車の所有者はカーリース会社ということになります。特に残価設定ありの一般的なカーリースでは月々の支払いを長期間にわたって行ったにもかかわらず、車が自分のものにならないのは残価設定ありのカーリースのデメリットです。最終的には、返却、再リース、新しい車に乗り換えるかどうかを選ばなければなりません。

ただし、残価設定なしの契約プランであれば、契約満了で、車が貰えるので、契約満了時のことを考えて、どのような選択肢があるのかしっかりと確認しておけば安心です。

基本的に中途解約ができない

カーリース契約は長期になりますが、中途解約ができないのがデメリットになります。ライフスタイルが変化したり、事故で全損したりした場合には中途解約に至ることがありますが、その際に多額の違約金が発生することになります。

カーリース会社によっては、契約満了の数年前に返却や乗り換えを違約金なしで行えるようにしているところがあります。また、全損事故に備えて中途解約費用を全額カバーするカーリース専用保険を案内しているところもあります。

車の返却を考えて慎重に運転する必要がある

契約満了で車を返却する前提の残価設定ありの一般的なカーリースでは、残価精算のために車を返却することを考えて車を大切に扱う必要があります。契約満了時には故障個所や凹みなどを修理して返却しなければなりません。走行距離が決められている場合はメーターを気にしながら運転することになるでしょう。

また、返却時には原状回復が原則なので、ドレスアップやカスタマイズなど改造したいと思っている場合は注意が必要です。

 

残価設定のデメリットを解消したおすすめ個人向けカーリースをご紹介!

ここでは、一般的な個人向けカーリースサービスのデメリットを解消したカーリースプランカーコンカーリースもろコミをご紹介します。

カーコンカーリースもろコミは、残価設定なし、頭金0円、初期費用はなしで「月々税込8,000円~」というリーズナブルな価格で新車に乗り始めることができます。

残価設定がないので、契約満了でリース車両はそのまま契約者個人の所有物となります。カーローンのように最終的に個人に無償譲渡されるので、契約満了時の残価精算のリスクや、契約期間中の車の使用方法の制限も解消されています。

車の損耗となるペットの同乗や、趣味の釣り、走行距離制限なども気にしないでカーライフを満喫できます。

7年リースの「もろコミ7」と9年リースの「もろコミ9」から選べます。契約満了の2年前から車の乗り換えか返却も可能で、契約満了時には車を貰うこともできます。

このほか、メンテナンスなどがコミコミになっている「もろコミ特選車」や、契約期間が短い「もろコミ中古車リース」もありますので、お車の購入を検討されている方は是非チェックしてみてください。

さらに、カーコンカーリースもろコミでは、契約中の万が一の事態に備えて「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」も案内しているので、カーリースのデメリットを最小限に抑えて、安心して利用することができるサービスです。

お申込み前にご確認ください

お手元に免許証をご用意のうえ、
必ず申込になるご本人様がお申し込みください。 (受付時間:10:00〜18:00(年末年始除く))

  • ご入力内容をもとに所定の審査をさせていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込いただいた車両が自動車メーカーの在庫状況やモデルチェンジ等によりお引受けできない場合、審査前に当社または当社提携先のリース会社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • お申込者の年齢条件は、申込時原則20歳以上、75歳以下の方となります。
  • 審査可決後、オプション変更等でリース料が変更になった際は、再度審査させていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もあります。
弊社提携リース会社「個⼈情報の取り扱いに関する同意事項」に同意する
電話をかける

こちらのQRコードを読み取り、お申し込みをお願いします。