• もろコミマガジンTOP
  • 人気急上昇中のカーリース!一方で解決すべき課題も?カーリースのメリットとデメリットを知っておこう

人気急上昇中のカーリース!一方で解決すべき課題も?カーリースのメリットとデメリットを知っておこう

 作成日:2021年12月01日

人気の車の利用法として知られているカーリース。車の利用に関する費用に支払い方に特徴があり、カーシェアやレンタカーなどとは異なったメリットがあります。しかし、人によっては、メリットだけではなくデメリットもあり、これに関してはカーリースの解決すべき課題と言えます。今回は、カーリースのメリット、デメリットを取り上げながら、カーリースの持つ課題についてまとめていきます。

一般的なカーリースの基本的な仕組みとは?

そもそもカーリースという車の利用スタイルについて知らない人もいるかと思います。ここではまず、カーリースの基本的な仕組みを解説しながら、カーリースのメリットを挙げていきましょう。

カーリースとは、車を一定期間、月々の利用料金を支払いながら乗ることができるという仕組みとなっています。車を一定期間利用する点においては、レンタカーと似ていると思われたかもしれません。

カーリースとレンタカーの違いとしては、レンタカーは乗ることができる車種も限定的で、レンタル期間も短期間が中心の乗り方となります。一方、カーリースでは、比較的選べる車種が多く、利用期間も数年単位になっています。レンタカー特有の「わ」ナンバーに関しても、カーリースでは取り付けの必要がありません。

カーリースにおける、利用料金の内訳については、車体価格、保険、税金、メンテナンス費などが含まれています。つまり、カーリースで車を利用すると、月々の料金以外でかかる費用を単純化することができます。

カーリースの基本的な仕組みとしては、このようになっています。次に、この仕組みからわかるカーリースのメリットをまとめていきます。

1.カーリースのメリット 頭金が必要ない

車を購入するときにローンを組むために頭金が必要となりますよね。カーリースでは、基本的に頭金などのまとまったお金は必要ではありません。料金に関しては、月額で一定となっているので、初期費用がかからないというメリットがあります。

2.カーリースのメリット 税金・保険・車検は月額料金に含まれる

カーリースの特徴として、月額の利用料金に税金、保険、車検などが含まれています。また、車の所有者はカーリース会社となっているので、税金の支払いから、車検、保険に関する面倒な手続きに至るまで、カーリース会社に任せることができます。

3.カーリースのメリット メンテナンスも受けられる

カーリースの契約プランにメンテナンスに関する項目を入れると、提携している工場などでメンテナンスを受けることができます。自分であれこれやらなくてもいいので、安心していい状態の車に乗ることができます。

4.カーリースのメリット 月々の出費を一定にできる

カーリースでは基本的に月々の利用料金は一定になっているので、毎月の出費を一定にすることができます。急な出費を避けることができるので、計画的な利用ができます。

5.カーリースのメリット 色んな車に乗れる

カーリースでは、選べる範囲から好きな車を選ぶことができます。好きな車に乗ることができるうえに、契約満了後に別の車で再契約するなど、色々な車に乗ることができるというメリットがあります。

 

便利なカーリース!しかし、一方でこんなデメリットも…

カーリースには、色々なメリットがあることが理解できたと思います。しかし、カーリースにも残価設定の「あり」「なし」といった色々なプランがあります。リース車両を返却する前提の残価設定のある一般的なカーリースプランではメリットだけではなく、デメリットもあります。カーリースの利用を考えている方は、プラン内容によって発生するメリットとデメリットを両面から知ったうえで、判断したほうがいいでしょう。

ここでは、残価設定のある一般的なカーリースについて「リース車両を返却して残価精算する前提」であることから生じるデメリットをまとめていきます。

1.カーリースのデメリット 走行距離が制限される

カーリースでは、契約時に想定される走行距離から、利用料金が設定されます。そして、利用時に、想定した走行距離を超過してしまった場合、追加料金がかかってしまうことがあります。

そのため、カーリースを利用するなら、走行距離が想定できる人でないと、向いていないでしょう。毎日通勤で車を利用する人であれば、おおよその走行距離はわかりますが、使用頻度が不規則かつ長距離な場合には、カーリースはおすすめできないこともあります。

2.カーリースのデメリット 自分の車のようには扱えない

カーリースでは、契約期間中に車をカーリース会社から借りている状態になります。そのため、契約期間中は、マイカーのようにカスタマイズをしたり、ドレスアップしたりすることもできません。

契約満了時に車を買い取った場合に関しては、後にマイカーとして利用することができますが、契約期間中に関しては、自分の車ではないので、窮屈に感じる可能性があります。

3.カーリースのデメリット 契約満了時に追加請求の可能性あり

カーリースでは、契約時に「残価設定」を行います。この「残価」とは、残存価値のことで、カーリース利用後に、残っている車体の価値を示しています。カーリースの契約時には、契約期間や走行距離などから、想定される残価を設定し、車体価格から差し引いた分が月額料金となります。この残価については、契約満了時に清算を行います。

つまり、契約時に想定した残価と、契約満了時の実際の査定額を比較し、差額を清算します。この時に、査定額が残価を下回っていた場合、追加料金が請求されます。逆に、差額が戻ってくる場合もありますが、カーリースでは、残価設定による追加料金の支払いの可能性があることを知っておいてください。

 

デメリットから見えてくる一般的なカーリースの課題、解決するには?

残価設定のある一般的なカーリースプランに関する3つのデメリットを挙げましたが、これらの課題を解決するにはどうすればいいでしょうか。

まず、1つ目の走行距離の制限に関する課題については、走行距離を柔軟に設定できる契約プランやカーリース会社を選ぶことで解決できます。

例えば、契約時に想定する走行距離は1,000㎞/月に設定しながらも、2000㎞/月までの超過までならOKといったプランが考えられます。走行距離に関して不安のある方は、このように柔軟に対応してくれるカーリースプランを選びましょう。

2つ目に関しては、契約満了時に車を買い取るプランを選ぶと、契約終了後、使っていた車をマイカーにすることができます。マイカーにすれば、ドレスアップもカスタマイズも思い通りになります。ただし、買い取りには一度にまとまった費用が必要となり、カーリースの「まとまった支出が必要ない」という大きなメリットがなくなってしまいます。

3つ目に関しては、できるだけ車を丁寧に利用したり、契約プランにメンテナンスに関する項目を盛り込んだりして、定期的なメンテナンスを受けることで、車を良好な状態に保つようにすると解決できます。

 

課題を解決する「残価設定なし」のカーリースプランをご紹介!

カーコンカーリースもろコミは新しい車の持ち方として、一般的な「残価設定あり」のカーリースプランの課題を解消した「残価設定なし」のカーリースプランをご提供しています。

残価設定がないため、契約満了で車がもらえます。一般的なカーリースのように契約満了で車を返却して残価精算をするという課題が解消されます。

契約満了で車が自分の所有物となりますので、走行距離やカスタマイズなどを気にせず、リース期間中も自分の車のように気兼ねなく使用することができます。

新車の購入や乗り換えをご検討の方には、是非カーコンカーリースもろコミの残価設定なしのカーリースプランをチェックしてみてください。

カーコンカーリースもろコミの詳細はこちら

お申込み前にご確認ください

お手元に免許証をご用意のうえ、
必ず申込になるご本人様がお申し込みください。 (受付時間:10:00〜18:00(年末年始除く))

  • ご入力内容をもとに所定の審査をさせていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込いただいた車両が自動車メーカーの在庫状況やモデルチェンジ等によりお引受けできない場合、審査前に当社または当社提携先のリース会社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • お申込者の年齢条件は、申込時原則20歳以上、75歳以下の方となります。
  • 審査可決後、オプション変更等でリース料が変更になった際は、再度審査させていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もあります。
弊社提携リース会社「個⼈情報の取り扱いに関する同意事項」に同意する
電話をかける

こちらのQRコードを読み取り、お申し込みをお願いします。