カーリースって何?カーリースの疑問を徹底解説!

2018年02月08日

「最近カーリースという言葉を見聞きするけれど、カーリースとはいったいどんなサービスなの?」「どんな人に向いているの?」「メリットやデメリットは何?」など、カーリースの疑問に対する答えや基礎知識を解説しながら、魅力をお伝えしていきます。

カーリースって何?新車購入やレンタカーとどう違うの?

新車購入でもレンタルでもない「新しいクルマの乗り方」として今大きな注目を浴びているのがカーリースです。

これまで、カーリースといえば法人向けが中心でしたが、近年需要の拡大に伴って個人向けカーリースがどんどん増えてきています。

カーリースとは、簡単に言えば「あなたが乗りたいと思った新車を、あなたに代わってリース会社が購入し、長期契約によって貸し出すことで一定期間、まるで自分のクルマのように乗ることができる」というものです。

カーリースには、さまざまなメリットやデメリット、注意点なども存在します。まずは「カーリースとは何か?」を、新車購入やレンタカーとの違いから見てみましょう。

新車購入との違いとは何?

新車購入時にはまとまった頭金が必要になりますが、カーリースは基本的に頭金が不要です。そのため、少ない初期費用で手軽に新車に乗り始めることができます。

また新車購入のケースでは月々のローンのほか、毎年の自動車税、車検ごとの車検基本料や自賠責保険料、自動車重量税などが必要になり、その都度まとまった費用を用意しなければなりません。

一方、カーリースはリース期間中のそれらの費用をすべてまとめて月々のリース料金を算出しています。

そのため毎月の支払いを一定額にすることができ、家計が安定するという大きなメリットがあります。

それに加えて、リース期間中のクルマの所有者はリース会社になりますので、各種税金や自賠責保険料の支払いや車検など、わずらわしい手続きをすべて任せることができるのです。

レンタカーとの違いとは何?

レンタカーは、レンタカー会社が保有している在庫の中から、予約時点で空いているクルマを短期間貸し出すサービスで、希望の車種ではない(車種を選べない)場合がほとんどです。

同じクルマを不特定多数に貸し出しますので、汚れや傷、車内のニオイなどが気になることもあります。

一方のカーリースとは、あなたが乗りたいと希望した車種・グレード・色のクルマに長期間乗ることができ、不特定多数に貸し出すことはありません。

まるで自分のクルマのように乗ることができるうえ、週末や連休などの際に「予約が取れなかった」というレンタカー特有のリスクもありません。

また、レンタカーはナンバーが「わ」「れ」などになりますので、パッと見てそのクルマがレンタカーであると一目で分かってしまいますが、カーリースは一般の自家用車と同じナンバーが付与されます。

そのため外見ではリース車であることは一切分かりません。

このように、カーリースとは、新車購入やレンタカーと比べてメリットが多く、利用者が急増しているサービスなのです。

 

カーリースのメリット・デメリットって何?

続いて、カーリースのメリットやデメリットの観点からの違いを見ていきましょう。

カーリースのメリットは何?

まずメリットとして考えられることは次のような点です。

・頭金が不要なため、少ない初期費用で憧れの新車に乗り始めることができる
・購入後の税金や車検、保険料などわずらわしい手続きから解放される
・メンテナンスもリース会社に任せることができるため、安心して乗れる
・事故や故障の際の対応をリース会社に一任することができる
・月々の支払いが安定するため、家計に優しく予算を立てやすい
・残価設定によってさらに安く新車に乗ることができる
・ネットでクルマ探しから申込みまで完結できるため、時間やコストを抑えられる

残価設定とは、リース期間満了後に残っていると予想されるそのクルマの価値(下取り価格)を、あらかじめ車両本体価格から差し引いてリース料金に反映するというものです。

たとえば、200万円のクルマを5年リースするとして、5年後の下取り価格が50万円と設定すると、残りの150万円でリース金額を算出するという訳です。

初期費用が少なくて済むだけでなく、残価設定があることで“さらに安く”乗ることができてしまうという訳です。

カーリースのデメリットは何?

次に、デメリットとして考えられることは次のような点です。

・原則としてカスタマイズができない(または返却時に戻さなければならない)
・月間(年間)走行可能距離をオーバーすると精算金が発生することがある
・大きな事故を起こしてしまうと強制解約となり残金を一括で支払う必要がある
・何らかの理由でリース期間中に返却する場合、解約金などを支払う必要がある
・リース期間満了時の査定で当初設定した残価に満たないと判定された場合、差額を支払わなければならない

ここから考えると、長距離を乗る機会が多い、ドレスアップや改造をしたい、リース期間中に解約するかもしれない、といった方はカーリースを利用する際には慎重に検討する必要があると言えるでしょう。

逆に、改造などせずに普通に乗るだけ、長距離はたまに乗る程度、気に入った車に長く乗りたいという方はカーリースに向いていると言えます。

メンテナンスやわずらわしい手続きなどを任せたい、支払いを安定させたい、ワンランク上の新車に乗りたいという方にも便利でしょう。

 

個人向けカーリースが広まった背景とは?どんな魅力があるのか

個人向けカーリースが普及し始めたのはごく最近のことなので、新しいサービスと思っている人も多いかもしれません。しかし、カーリースは法人向けサービスとして古くから提供されていました。

ところが近年、法人ではなく個人向けカーリースの需要が急速に拡大し、2016年時点で保有台数20万台を超えた(前年比24.5%の伸び率)という調査結果も報告されているほどです。

さらにこの数字は伸び続け、2024年には保有台数が500万台に迫るのではないかという予測も発表されています。

個人向けカーリースが、ここ数年でここまで急増している理由とは、何なのでしょうか?

ひとつは、「今の時代に合っている車の持ち方」であるという点です。

例えば、極端な例ですがスマホやネットのプランなどは、今や「月々定額」が基本と言っても過言ではありませんよね。

これまで、個人が車を所有するには、ローンか、現金で購入するしか方法がなかったわけですが、個人向けのカーリースが広まったことによって「定額制」という画期的なシステムが認知されるようになりました。

近年、日本では車の販売台数は伸び悩んでいるものの、所有者が激減してしまったわけではありません。

これこそが、まさにカーリースの仕組みの功績によるものなのです。

「車両本体価格」はもちろん、「車検基本料」「自賠責保険料」「自動車重量税」「自動車税」など、維持に必要な最低限の費用を「毎月少しずつ」支払っていくので、車検や納税といったタイミングでまとまった費用を用意する必要がなくなります。

それに、リース期間中は車の維持に関して「毎月いくらの出費がある」というのが明確になります。それにより、将来的な予算が組みやすくなるというのも、安心につながる大きなメリットです。

中にはリース期間中に乗り換えや返却が選べるカーリース会社のプランもあり、スマホで言えば違約金なしでMNPや機種変更が容易におこなえることと同じです。このように、カーリースとは今の時代に合った車の持ち方なのです。

初期費用を抑えられる、メンテナンスを任せられる、といったメリットはもちろんですが、カーリースを利用する人が増えているのは、「月々一定額で済む」点が広く受け入れられているからと言えるでしょう。

そしてもうひとつが、「手間と時間・費用を大幅に削減できる」という点です。

ローンなどで購入した場合、定期点検や車検、消耗品の交換といったメンテナンス、車検の手続き、税金の支払いなど、維持に必要なあらゆる作業はすべて、自分で、その都度おこなわなければなりません。

しかし、前述したようにカーリースした車は「カーリース会社が所有者」ですので、維持費や車検などの支払い・手続き・管理などを任せることができます。

さらに、カーリース会社が提供しているメンテナンスパックに加入しておけば、車に詳しくない人でも「預けるだけ」でメンテナンスが行き届いた車に乗り続けることができます。

こうした手間や時間、その都度用意しなければならない費用などを踏まえると、カーリースは非常にコストパフォーマンスに優れたサービスと言えるでしょう。

 

カーリースを利用する上での注意点「残価設定」とは?

メリット・デメリットの項目でお伝えした「残価設定」ですが、実はデメリットも潜んでいるためもう少し詳しく知っておいてください。

確かに200万円の車の残価を50万円に設定した場合、150万円がリース料金の対象となります。その分、月々のリース料金は安くできるため、200万円で購入したりリースしたりするよりも「お得」に感じるでしょう。

しかし、リース期間中に故障や事故などを起こしたり、改造してしまったり、走行距離をオーバーしてしまったり、あるいは車内を著しく汚損・破損してしまったりした場合、契約満了時に50万円の価値がないと判定されてしまうかもしれません。

そうなると、差額分を支払わなければならず、大きな出費となってしまいます。改造をした場合の原状回復費用や、走行距離を大きく超過した場合、部品の大幅な交換が必要になった場合などの費用が加われば、残価以上の精算が必要になることも考えられます。

このように、カーリースを利用するうえで「残価設定とは何か」をしっかり理解しておくことは大切です。

 

話題のカーリース「もろコミ」って何?

今回は、「カーリースとは何か」をさまざまな角度から解説してきました。カーリースの魅力はもちろん、注意点などの基礎的な部分をご理解いただけたのではないでしょうか?

最後にご紹介するカーコンビニ倶楽部のカーコンカーリース「もろコミ」は、業界トップクラスのトータルサービスを提供する個人向けカーリースです。

「もろコミ」って何?

「頭金0円」はもちろん、「新車登録時の諸費用」、リース期間中の「車検基本料」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」がすべてコミコミでお支払いプランに含まれているのが「もろコミ」です。

お支払いプランは「月々税込8,000円から」「お客様が選ぶ自由設計」など豊富にご用意しており、ライフプランに応じて柔軟に対応することができる点も高く評価いただいています。

「もろコミ」には現在、9年リースの「もろコミ9」と、7年リースの「もろコミ7」があり、「もろコミ9」は7年経過後に、「もろコミ7」は5年経過後にそれぞれ新車へのお乗り換えや返却(解約)を選択できます。
(一般的なカーリースは中途解約時に解約金が必要になるのですが、「もろコミ」ではこのように、途中でライフプランが変わってしまったという場合にも安心できるサービスになっています。)

さらに、カーコンカーリースもろコミは一般的なカーリースとは異なり、「残価設定」がありません。つまり、リース期間満了時のおクルマの損耗・損傷、走行距離設定の超過などによる精算が発生しないのです。

面倒な手続きや、一般的なカーリースでトラブルが生じやすいとされている残価精算といった必要がないだけでなく、リース期間中にそのおクルマの車両本体価格のお支払いも完了しますので、リース期間満了後にはそのおクルマを差し上げることが可能となります。

そのため、お客様はリース期間中から走行距離を気にせずにカーライフを楽しめるなど、文字通り「自分のクルマ」のようにお乗りいただくことができます。

憧れの新車に安く乗り始めることができ、月々の支払いも一定額に抑えることができるだけでなく、リース期間満了後はそのおクルマがもらえてしまう、カーコンカーリースもろコミは、このようにたくさんの魅力が詰まったサービスです。

カーリースを検討されている方はぜひ、「新しいクルマの乗り方」を提案する「もろコミ」をご利用ください。

■カーコンカーリースもろコミのご成約特典

・期間:2019年9月1日~12月31日

・条件:期間中にWEBからもろコミ「特選車」のお申し込みいただき、ご契約をされた方

・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック「除菌抗菌スプレー」をプレゼント。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

※2019年11月(公開月)時点の情報です。

カーコンカーリースもろコミのご成約特典の詳細はこちら

※本コラムに掲載の内容は、11月9日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。