トヨタ車の中でも人気の高いアクア!新車で乗るならカーリースがお得?

 作成日:2021年11月15日

アクアは、性能の高さや低燃費が魅力の人気ハイブリッドカーです。しかし、その価格は決して安くはありません。「アクアに乗りたいけれど、値段が高い」とお悩みの方もいらっしゃることでしょう。実は、アクアの新車にリーズナブルに乗る方法として「カーリース」があります。この記事では、カーリースとは一体何なのか、その仕組みやメリットについて詳しく解説します。

カーリースってどういう仕組み?アクアのような人気車種も選べる?

カーリースとは、一言でいえば「カーリース会社から長期間に渡って車を借りる仕組み」のことです。カーは英語で車、リースは賃貸を意味します。カーリース会社にリース料金を払うことで、自分の好きな車に乗ることができます。アクアはもちろんこと、ほとんどのメーカーやグレードの国産車で利用できます。

車を借りると聞くと「レンタカー」を思い浮かべる方もいますが、カーリースはレンタカーとは仕組みが大きく異なります。

レンタカーは、不特定多数の利用者に車を貸し出すサービスです。レンタル期間は数日〜数週間と短いことが多く、月単位で借りれば、かなり割高になってしまいます。自分以外の人々も利用するため、汚れやタバコのにおいが気になる場合もあるでしょう。また、例えばアクアに乗りたいと思っても、必ずレンタカーのアクアに乗れるとは限りません。

一方で、カーリースは特定の契約者のみが車を使えるサービスです。貸出期間は7年や9年など、長期間に渡ります。そのため、もしアクアを契約すれば、まるで自分がアクアを所有しているかのように使うことができるのです。

 

アクアに乗るならカーリースがオススメ!メリットとデメリットは?

カーリースのメリットとデメリットには、どのようなものがあるのか見ていきましょう。まず、カーリースのメリットとしては、以下の点が挙げられます。

残価設定なしプランなら契約満了で車がもらえる

カーリースには、契約タイプとして「残価設定あり」「残価設定なし」の2つの契約タイプがあります。

残価設定とは、リース期間終了時にその車の残存価格(残価)を予測して、契約時に残価分を車両本体価格から差し引いてリース料金を設定することです。一般的なカーリースのほとんどはこの契約タイプのカーリースサービスとなっています。

「残価設定なし」の契約プランであれば、残価を設定しないので契約満了で車の所有権が契約ユーザーとなります。カーローンのように最終的に車が自分の所有物となるので、車を返却することを気にしないで自分の車のように気兼ねなく車を使用することができます。「残価設定なし」とするため月々のリース料は高くなりますが、契約期間を長めに設定することで月々のリース料金を抑えることができます。

頭金を支払わなくてよい

ローンで車を購入しようとすると、始めにまとまった頭金が必要ですが、カーリースの場合は頭金は必須ではなく、頭金0円で利用することができます。そのため、初期費用を抑えて車を乗り始めることができます。

月々の家計管理がしやすい

月々の支払い額が一定のため、会計を管理しやすいのもメリットです。ボーナス併用払いをすると一時的に変動する場合もありますが、基本的には、払うリース料金は、リース期間中のいついくら払うのかが決まっています。リース料金には自動車税や車検基本料なども含まれているため、特定の時期にいきなり多額の出費が必要になる、ということがありません。

メリットが多い一方で、カーリースを利用する上では注意点もあります。主なものは、以下のとおりです。

残価設定ありのプランでは契約満了後に車を買い取る場合、始めから自分で買うより割高になる

残価設定ありのプランでもリース契約によっては、契約満了後に車を買い取ることができます。しかし、始めから現金一括払いやローンで車を買うよりも、結果的に支払い総額が高くなってしまうことが多いです。なぜなら、カーリースでは、リース料金に含まれている税金やメンテナンス費用にも金利が上乗せされているからです。カーリースを検討する際は、この点も考慮するとよいでしょう。

中途解約をすると、解約金など多額のお金が必要になる

リース契約を中途解約すると、多額のお金が必要になります。解約手数料のほか、未払いのリース料金や車の残価、交通事故に合った場合はその修理料金などをまとめて払わなければならないからです。そのため、基本的には、中途解約はしないものと考えることをおすすめします。事故を起こして強制的に中途解約、などということにならないよう、日頃から気をつけて運転しましょう。また、任意保険(車両保険)に入るのも忘れないようにしましょう。

自由に改造できない

残価設定なしのカーリースプランでは心配ありませんが、残価設定ありの一般的なカーリースでは、車を返却して残価精算する前提のため、車の改造やカスタマイズが認められていない場合がほとんどです。車の所有者はあくまでカーリース会社であるため、もし勝手に改造した場合は、返却時に元の状態に戻す必要があります。場合によっては違約金を払う可能性もありますので、あくまで「借り物」であるということを忘れないようにしましょう。

制限距離があることが多い

リース契約によっては、走行距離に制限がかけられている場合があります。これは、契約期間満了後まで車の価値を残すためです。もし制限距離を超過したときは追加料金の支払いが発生する場合もありますので、日頃から走行メーターをチェックしておくとよいでしょう。

また、もしカーリースのチラシなどを見たとき、リース料金が極端に安い場合は制限距離が非常に短く設定されている可能性がありますので、注意しましょう。

ただし、契約満了で車がもらえる残価設定なしのカーリースであれば、走行距離の制限は実質なしとなります。

 

残価設定なしのカーリースでアクアに乗るにはいくら必要?

カーコンカーリースもろコミは「残価設定なし、だから契約満了で車がもらえる」カーリースサービスをご提供しています。

頭金0円で諸々の費用コミコミで、月々定額のリース料には車両本体価格や登録時諸費用のほか、リース期間中の車検基本料や毎年の税金、自賠責保険料が含まれています。

契約プランには、9年契約の「もろコミ9」、7年契約の「もろコミ7」「もろコミ特選車」があります。いづれのプランもカーローンのように契約満了で車は利用者の所有物となるので、残価精算のリスクや、リース期間中も車の使用方法の制限を気にしないで、自分の車のように気兼ねなく車を使用することができます。

カーコンカーリースもろコミで、アクアのおすすめグレードである「X 5人
2WD CVT」ををリースする場合の概算リース料金は以下のとおりです。

もろコミ7(7年契約)
・均等払い 月額38,610円
・ボーナス併用払い 月額20,240円/ボーナス月加算額110,000円(年2回)

もろコミ9(9年契約)
・均等払い 月額33,000円
・ボーナス併用払い 月額16,500円/ボーナス月加算額99,000円(年2回)

もろコミ特選車(7年契約)アクセサリー・メンテナンスパック付き
・均等払い 月額44,770円
・ボーナス併用払い 月額22,770円/ボーナス月加算額132,000円(年2回)

ここでご紹介した他にも、アクアの全グレードからカスタマイズして、月々のリース料をシミュレーションいただけますので、アクアの購入をご検討中のかたは是非チェックしてみてください。

アクアの概算見積もりシミュレーションはこちら

カーリースを上手に利用すれば、憧れの車にお得に乗ることが可能です。ぜひ、新車のアクアに乗って、快適なドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか。

お申込み前にご確認ください

お手元に免許証をご用意のうえ、
必ず申込になるご本人様がお申し込みください。 (受付時間:10:00〜18:00(年末年始除く))

  • ご入力内容をもとに所定の審査をさせていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込いただいた車両が自動車メーカーの在庫状況やモデルチェンジ等によりお引受けできない場合、審査前に当社または当社提携先のリース会社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • お申込者の年齢条件は、申込時原則20歳以上、75歳以下の方となります。
  • 審査可決後、オプション変更等でリース料が変更になった際は、再度審査させていただきます。審査の結果によってはリース契約をお受けできない場合もあります。
弊社提携リース会社「個⼈情報の取り扱いに関する同意事項」に同意する
電話をかける

こちらのQRコードを読み取り、お申し込みをお願いします。