• TOP
  • お役立ちコラム
  • 軽自動車の安全性ってどうなの?みんなが安心して乗れる車種をご紹介!

軽自動車の安全性ってどうなの?みんなが安心して乗れる車種をご紹介!

2020年06月03日

軽自動車の安全性は実際のところどうなのでしょうか?今回は、現在の軽自動車の安全性のレベルや安全性の高い軽自動車の車種をご紹介します。

軽自動車の安全性は日々向上!

以前は、軽自動車というと「安全性の面で心許ない」というイメージを持っている人が多かったかもしれませんが、今はその安全性はかなり向上してきています。

ボディに頑丈な素材が使用されるようになってきており、事故などによる衝突に耐えられる設計がなされ、衝突安全性能は平均を超える水準に到達しています。また、事故を未然に防ぐための安全装備も飛躍的に進歩しています。自動ブレーキや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能など、様々な安全装備が軽自動車にも搭載されるようになっています。

また、軽自動車はコンパクトで小回りが利く上に、運転席からの視界を広く確保している車種も増えていますので、初心者でも運転がしやすいという意味でも、安全性が高いと言えます。

 

軽自動車における衝突安全性能

前の項目でご説明した通り、軽自動車の衝突安全性能はかなり向上しています。

事実、2018年度にスズキのジムニー、ダイハツのミラトコット、ホンダのN-VANの軽自動車3車種が、「自動車事故対策機構」が実施している試験を受けましたが、いずれも衝突安全性能の総合評価が5点満点の4点という良好な結果に終わりました。2017年度には、ホンダのN-BOXが総合評価で満点の5点を獲得しています。

ただし、後面衝突時の後部座席の安全性に関しては、やや不安があります。自動車事故対策機構では後面衝突試験も実施していますが、基本的に運転席が対象になっています(車種によっては助手席も対象にしている)。つまり、後部座席の安全性については試していません。このため、衝突安全性能の評価が高いからといって、後部座席の安全性も高いとは一概には言えないのです。

そして、現在の軽自動車では車内空間の広さで競争が繰り広げられていますので、後部座席のスライド位置を後ろ側に寄せると、乗員の後頭部とリアウインドウがかなり接近する場合があります。このため、背の高いトラックなどが後面から衝突すると、乗員が致命傷を負うリスクが高いと言えます。ですから、安全性確保のために、後部座席を不必要に後方までスライドさせない方がよいかもしれません。

 

大切なお子様やパートナーを乗せても安心!安全性の高い軽自動車5選

ここで、安全装備が充実している軽自動車から5車種ご紹介します。

ホンダ N-BOX

出展:ホンダ

ホンダの先進予防安全装備である「ホンダセンシング」を全車標準装備化しました。一部グレードを除き、サイドエアバッグ・カーテンエアバッグも装備していますので、安全性が高いです。軽自動車中で安全装備のレベルを一段と引き上げ、他のメーカーの軽自動車の安全装備にも影響を与えた車種と言えます。

ダイハツ タント

出展:ダイハツ

2019年7月にフルモデルチェンジして、安全性能を強化しました。先代のタントでは「スマートアシストIII」と呼ばれる安全装備が採用されていましたが、それと比較してさらに進化を遂げた先進技術が使われています。「次世代スマートアシスト」のほか、運転支援機能「スマートアシストプラス」が加わり、15個の安全機能が搭載されています。

日産 デイズ/三菱 eKワゴン

出展:日産

この2台は、デザインに多少の違いがあるだけで、基本的には同じ軽自動車です。2019年3月にフルモデルチェンジして安全性能を高めました。歩行者検知式自動ブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報、車線逸脱防止支援、オートハイビームを全車に標準装備しています。

スズキ スペーシア

出展:スズキ

安全装備「スズキセーフティサポート」を標準装備化しています。また、軽自動車初となる超音波センサーを使った後退時ブレーキサポートを全車に装備しています。

ダイハツ ムーヴキャンバス

出展:ダイハツ

車線逸脱警報、誤発進抑制制御(前方・後方)、オートハイビームなどがセットになっている予防安全装備「スマートアシストⅢ」をすべてのグレードに標準装備しています。

 

安全性の高い軽自動車をお探しならカーコンカーリースもろコミにご相談を!

安全性の高い軽自動車をお探しの場合、カーコンカーリースもろコミをご利用になることをおすすめします。

カーコンカーリースもろコミは、頭金0円で、諸費用(登録諸費用、各種税金、自賠責保険料、車検基本料など)コミコミの月々定額の料金で新車にお乗りいただけるカーリースサービスです。しかも、契約満了までご利用いただいた場合には、お車をそのまま差し上げております。

国産乗用車全車種に対応しておりますので、安全性の高い軽自動車もリースしていただけます。

※PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両除く

また、カーコンカーリースもろコミのもろコミ9・もろコミ7をWEBからお申込みいただいた方にはご成約特典として、キズへこみ保証クーポンをプレゼントしております。たとえ、安全性の高い軽自動車とはいえ、必ずしも衝突安全が万全とは言えません。万一キズがついても「キズへこみ保証クーポン」で安心して修理にだすことができます。

その他にもご成約頂いたお客様にはさまざまなご成約特典を準備しております!

最後に、カーコンカーリースもろコミのプランとご成約特典の詳細をご紹介します。

■もろコミ9・もろコミ7(※特選車を除く)

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」からお客様のライフスタイルに合わせてプランをお選び頂くことができます。

リース期間中でも返却や乗り換えがOK、「クルマがもらえる」もろコミ9・もろコミ7は、リース期間中にライフスタイルに変化があったお客様はもちろん、将来的に乗り換えが必要になるかもしれないお客様であっても、解約金の心配をせず安心してご利用いただけます。

※「もろコミ9」では7年経過後から、「もろコミ7」では5年経過後から、それぞれリース期間中であっても、原則解約金なしで返却や乗り換えが可能になります。

※返却の場合には、走行距離制限を超えていたり、おクルマの損耗状況により、精算金が発生する可能性があります。ただし、ご契約満了の場合はクルマがもらえるので、どのような状態でも清算金は発生しません。

カーコンカーリースもろコミの2つのプランの詳細はこちら

■もろコミ特選車

WEB申込限定で「もろコミ特選車」をお選びいただくことが可能です。

人気の軽自動車から普通車、商用車まで幅広いラインナップを揃えた「もろコミ特選車」は、メンテナンスパック、カーアクセサリーセットが毎月のリース料金に含まれている大変お得なプランです。

車検(基本料・税金・自賠責保険)2回、12ヶ月法令点検4回に加えて、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回が含まれています。

もろコミ特選車の詳細はこちら

さらに、カーコンカーリースもろコミをご成約された方にもお得なご成約特典をご用意しております。

カーコンカーリースもろコミご成約特典

・期間:2020年4月1日(水)~6月30日(火)

・条件:2020年4月1日(水)~6月30日(火)の間にWEBからカーコンカーリースもろコミをお申し込みいただき、ご契約をされた方

・内容:キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)、カーコンルームクリニック 除菌抗菌スプレーをプレゼント。

カーコンカーリースもろコミご成約特典の詳細はこちら

なお、カーコンカーリースもろコミでは、ご契約後、最短14日でお客様の元へ車両をお届けできる「即納車」もご用意しております!

「納車されるまで何ヶ月も待てない」「急ぎで車が欲しい」などお急ぎの方はぜひご検討ください。

即納できるおクルマについてはこちらからご確認いただけます。

※即納車は地域によってご対応できない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

※即納車は台数に限りがございます。ご商談・ご契約のタイミングによっては在庫状況が変動する場合がございますので、予めご了承願います。

この機会にぜひ、カーコンカーリースもろコミをご利用ください!

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

※2020年6月(公開月)時点の情報です。

※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。

※本コラムに掲載の内容は、2020年6月3日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。